春のいちごたっぷりデザート!スキレットで作る「濃厚クラフティ」 | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

春のいちごたっぷりデザート!スキレットで作る「濃厚クラフティ」

2022.04.06

いちごのクラフティ

旬のいちごをたっぷり味わうキャンプデザート!

甘くて酸っぱい春のフルーツ「いちご」。春は、キャンプに行った際にいちご狩りを楽しんだり、近くの産直市場で地物のいちごを購入したりと、旬のいちごを存分に味わえる季節ですね。

いちごはそのまま食べても美味しいですが、今回はスキレットを使って手軽に作れるキャンプデザートをご紹介します。

スキレットひとつで完成するオーブンいらずの簡単スイーツレシピは、キャンプのおやつタイムにも大活躍しますよ。

材料(19cmスキレット1台分)

クラフティの材料

今回使用した食材です。

  • いちご 8個
  • 卵 2個
  • 砂糖 大さじ2(30g)
  • 米粉 大さじ2(20g)
  • 生クリーム 100ml
  • クリームチーズ 50g

米粉の代用品として、小麦粉を使用しても大丈夫です。米粉を使用すると、ふんわりとした食感が楽しめるのでおすすめですよ。

作り方

卵に砂糖を入れる

砂糖はきび糖を使いましたが、グラニュー糖や上白糖でも大丈夫です。

ボウルに卵を割り入れてホイッパーで混ぜたら、砂糖を入れてしっかりと混ぜ合わせます。

クリームチーズと混ぜる

クリームチーズは常温に戻しておくと使いやすいですよ。

別のボウルを用意し、クリームチーズに少量ずつ生クリームを入れてなじませます。

食材を混ぜる

生クリームは一度に全部入れると、ダマになってしまうので注意しましょう。

何回かに分けて生クリームを入れ、クリームチーズをなじませていきます。

米粉を入れる

米粉は粒子が細かいので振るわずに入れてもOKです。

生クリームを全て入れたら、米粉を入れます。

しっかり混ぜる

米粉の変わりに薄力粉を使う場合は、ダマになりやすいので粉ふるいで振るったものを入れましょう。

ダマになっている部分がないように、ゴムベラでしっかりと混ぜ合わせます。

卵液と混ぜる

このタイミングで入れる際は、生地も柔らかくなってきているので一度に入れてしまっても大丈夫です。

はじめの工程で混ぜた卵液を、ボウルに流し込みます。

ホイッパーで混ぜる

よく混ぜて、生地の状態を均一にしましょう。

ホイッパーを使って、しっかりと混ぜ合わせます。

生地をよく混ぜる

混ぜ残しの部分がないように、気をつけて作業をしましょう。

ダマもなく滑らかな生地が、完成しました。

いちごを並べる

スキレットの中でいちごが転がらないように、底の部分を薄くカットしてもいいです。

いちごは洗ってヘタを取り除き、大きいものは半分に切ります。

スキレットにバター(分量外)を薄く塗り、切ったいちごを均等に並べます。

スキレットに卵液を入れる

生地を流し込むと、いちごの位置が若干動くことがあるので、焼く前に位置を調整しましょう。

いちごを並べ終えたら、作っておいた生地を流し込みます。

生地を焼く

焦げやすいので、火力はごく弱火にしましょう。

ごく弱火で、ゆっくりと加熱を開始します。

スキレットに蓋をする

蓋をすることで、中までしっかり加熱することができますよ。

蓋をかぶせて蒸し焼きにします。火力にもよりますが、15〜20分ほどで焼き上がります。

いちごのクラフティ

蓋を開けると、いちごの甘酸っぱい香りが漂います。

美味しそうに焼き上がりました!

クラフティの焼き上がり

中心部分は火が入りにくいので、気をつけてチェックしましょう。

生地全体が盛り上がり、表面を触ってみても生地がついてこなければ焼き上がりです。

バーナーで焼く

少しずつ炙るように、焦げ目をつけるといいですよ。

オーブンで焼いたような焼き焦げを作るために、トーチバーナーで表面を焦がします。

いちごのクラフティ

焼きたて熱々をスプーンですくって食べるのがおすすめです!

お好みのサイズにカットして、皿に盛り付けたら完成です。ふんわり温かい状態で食べるのがおすすめですが、冷やすとしっかりした食感が楽しめます。

甘酸っぱいいちごと、ふわっとしたクリームの食感が美味しいキャンプデザートです!

今回はいちごを使用しましたが、バナナやキウイ、オレンジ、黄桃缶などを利用しても同じように作れるので、季節のお好みのフルーツを利用してみましょう。

フルーツをアレンジして、自分好みのクラフティを作ろう!

キャンプのちょっとした時間や、サイトでのくつろぎタイムに重宝するスイーツレシピ。

今回ご紹介したメニューは、フルーツを変えることでアレンジも無限です。お気に入りのフルーツや、キャンプで地方を訪れた際に見つけた旬のフルーツを使って、楽しんでみてもいいですね。

さとう あい
私が書きました!
料理家
さとう あい
宮城県仙台市在住の料理家。フードコーディネーターや、学校講師など下積み時代を東京で過ごし、飲食業界に携わること20年以上。現在は国際中医薬膳師の資格を持ち、料理教室の運営や企業へのメニュー提案などをする傍ら、レシピライター としても活動中。2児の母でもあり、子どもと海や川、山などアウトドアへ出かけるのが日課
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。