雪中キャンプ 標茶町[読者投稿記事] | キャンプのコツ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

雪中キャンプ 標茶町[読者投稿記事]

2021.01.19

冬のキャンプで欠かせないのは薪ストーブ。
オガワ ロッジシェルター・ホンマ時計型ストーブです。
降雪量の少ない標茶町では、大雪さえ気を付ければ過ごしやすい環境です。
1月~3月早朝の気温-15℃~-30℃ 日中-10℃~-15℃。
※注意 ロッジシェルターはスチール製のパイプフレームの為強いのですが、大雪が乗っては潰れてしまいます。アルミスコップや柄の長くなる除雪用ブラシなども必要です。テントの下部 スカート部は薪ストーブにより解けているので小まめな除雪作業は必要です。ほっておくと氷に成ってしまいます。
地面に飲料水等のポリタンクやジャグを置くと、凍ります。コーヒーや料理には、雪を溶かして使用した方が速いかも知れませんね。野菜や食材はクーラーボックスで保管します。

国立公園 釧路湿原をちょっと覗けば谷地坊主に出会える冬の散策、チューバッカや砂かけババアに似ているの(笑)。

オオワシを見ることが出来ます。また国の天然記念物 丹頂鶴に、注目を集めるシマエナガやオジロワシ、キタキツネ、エゾシカにも出会えるアメージングな世界です。

※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

仙人さん

オートキャンプは長期滞在型長い時で14日・フライフィッシング歴35年・海釣り・川遊び・アメリカアウトドアクッキング本場BBQ・キャンピングカーで旅・北海道道東標茶町に拠点を構える。現在神奈川県在住

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンプのコツ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。