キャンプでピーラーを忘れた!そんなときに役立つ「野菜の皮むき方法」2種類を紹介 | キャンプのコツ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンプでピーラーを忘れた!そんなときに役立つ「野菜の皮むき方法」2種類を紹介

    2021.10.19 マリ

    ピーラーを忘れた!そんなときに使えるライフハックを紹介

    キャンプ料理の定番、カレーライス。ところが、ジャガイモとニンジンを切ろうとしたら、ピーラーがどこにも見当たらない!そんな経験はありませんか?

    包丁のような必ず使うもの、飯ごうのようなキャンプ特有のものは比較的忘れにくいですが、ピーラーのようななんでもない道具を忘れてしまうのはよくあること。

    包丁を使って皮をむくのもいいですが、なかなか面倒です。表面をタワシでよく洗って皮ごと使うのもひとつの手ですが、皮特有の食感やえぐみが苦手な方も多いですよね。

    今回はピーラーを使わず、野菜の皮をむく方法を2種類紹介します!

    方法1 膨張めくり

    まずはジャガイモやサトイモ、サツマイモといったイモ類に使える方法、通称「膨張めくり」を紹介します!

    イモ類は中まで火が通ると、中身が膨張する性質があります。皮は膨張しないため、中身と皮の間にズレが生じる現象を利用して皮むきをします。

    浅く火を通してシャキシャキ食感を楽しむような料理には使えませんが、カレーやポテトサラダといった料理には使いやすい方法なので、ぜひ試してみてください。コロッケなど、大量のマッシュポテトが必要になる料理を作るときにもおすすめの方法です。

    ジャガイモの表面に1周切れ込みを入れます。

    ジャガイモの表面にぐるりと1周、包丁やナイフで切れ込みを入れます。

    サトイモの場合はもう1周、十字になるように切れ込みを入れてください。

    サツマイモの場合は、輪切りにしてゆでるといいでしょう。

    ジャガイモをゆでます。

    ジャガイモを火が通るまでゆでます。

    ゆであがったところ。

    ジャガイモに火が通ると、中身が膨張して切れ込みが大きくなってきます。

    ヤケドに注意しながら30秒〜1分程度水にさらし、表面の熱をさまします。

    するりとむけます。

    皮を両手でつまみ、左右に引っ張ると、するりとむけます。

    熱いのでヤケドに気をつけ、素早く行うようにしてください。

    きれいにむけました!

    芽の部分など、多少残ってしまった部分を包丁で除いたら、完成です!

    今回は表面がつるりとしたメークインを使いましたが、表面がデコボコした男爵などの品種でもきれいにむけますよ。

    方法2 ペットボトルのキャップを使う

    次はニンジンやゴボウの皮、アスパラガスの根元の固い部分など、幅広い野菜に使える方法をご紹介します。

    使うのはペットボトルのキャップだけ!刃物を使わずに済むため、ピーラーをまだ使えない年齢のお子さまでもお手伝いしやすい方法です。

    ガリガリこすります。

    方法は簡単、ペットボトルのキャップで野菜の表面をガリガリこするだけです。

    きれいにむけました。

    表面は多少ボコボコになりますが、ピーラーより薄く皮がむけるため、皮と中身の間の栄養分を削らなくて済むのもメリットです。

    金属製のキャップなら、さらにしっかりむけます。

    もしあれば、ビンの蓋についている金属製のキャップを使うと、さらにしっかりむけます。

    まだまだある!ペットボトルのキャップ活用法

    ペットボトルのキャップは野菜の皮むきの他にも、さまざまなキッチングッズの代用になります。

    ・魚のウロコ取りの代わりになる

    ・計量スプーンの代わりになる(キャップ2/3杯≒小さじ1杯、キャップ2杯≒大さじ1杯)

    ・タマゴスタンドになる(タマゴの下に置くと、少々傾斜があってもタマゴが転がらない)

    ちょっとしたことですが、覚えておくと役に立つかもしれませんね! 

    ピーラーを忘れても、キャンプごはんは美味しくできる!

    もしピーラーを忘れてしまっても、野菜の皮は簡単にむけます。

    膨張めくりとペットボトルのキャップを使って、美味しいごはんを作ってみてください。

    私が書きました!
    ライター
    マリ
    自然とランニングを愛するアラサー女性。今年はトレイルランニングに挑戦予定!レザークラフトが好きで、靴やカバンも自作しています。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 キャンプのコツ 』新着編集部記事

    デイキャンプとは?必要な道具や楽しみ方・場所の選び方を解説

    2022.09.17

    アウトドアでもシャワーを使いたい!アイデアとおすすめ商品

    2022.08.28

    テントのクリーニングはプロに任せてピカピカに!メリットと相場を解説

    2022.08.06

    自宅で手軽にキャンプ体験!お庭キャンプの準備方法や注意点は?

    2022.07.26

    シェラカップで炊飯ができる!100円ショップのシェラカップ蓋を使った炊飯方法とコツ

    2022.07.19

    今の時期が最適!?お金をかけずにキャンプを始めるためのコツをご紹介!

    2022.07.18