2気室構造で安心、快適。夏の水遊びに新型パックラフト | 海・川・カヌー・釣り 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海・川・カヌー・釣り

    2016.08.09

    2気室構造で安心、快適。夏の水遊びに新型パックラフト

    122-13333

    ここ数年でかなりポピュラーになった水の乗り物「パックラフト」。小さくたためて、重さはわずか数㎏だ。わざわざクルマで運ばなくても、バックパックの中に入れたり、上に載せたりして、自分の力で持ち運べる。

    僕もすでに1艇持っていて、水遊びにはいまや欠かせない。だからこそ、新製品が出ると興味をそそられて仕方ないのだ。

    付属ポンプパックを 使えば数分で膨らむが、 最後の空気の追加には 自分で息を吹き込む。

    付属ポンプパックを使えば数分で膨らむが、最後の空気の追加には自分で息を吹き込む。

    そんなわけで、日本に上陸したばかりのココペリ「キャストアウェイ」を持ち、多摩川上流へ。こいつの売りは、内部が2気室に分かれていることで、たとえどこかに穴が空いてパンクしても完全には沈まない。

    NEW ARTICLES

    『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

    渓流ルアーの注目株!スミス「D-コンタクト」の魅力とは?

    2024.06.13

    キビナゴの大産卵を見つけた!海中が真っ白な雲に包まれる…?

    2024.06.12

    釣った魚を美味しく食べるために、鮮度を保って保存・持ち帰る3つの方法

    2024.06.06

    初心者にもわかりやすいルアースナップの種類、選び方を解説。意外なメリットもあり!

    2024.06.02

    タモ網、フィッシュグリップ…釣り初心者必携のランディングツール3選

    2024.05.24

    釣り糸「PEライン」って何? メリット・デメリットと使用上の注意を解説

    2024.05.19

    1万円以下でそろえる!イカ釣りの基本と仕掛けなどのおすすめギア

    2024.05.16

    釣りで大切な「リールに巻くラインの適正量」って? 下巻きを実践してトラブルを減らそう

    2024.05.14