【一度は行きたい!米国アウトドア最新事情】アメリカ最強キャンプ場:グランドキャニオン国立公園・マーサー・キャンプグラウンド | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海外の旅

    2016.06.17

    【一度は行きたい!米国アウトドア最新事情】アメリカ最強キャンプ場:グランドキャニオン国立公園・マーサー・キャンプグラウンド

    私、アメリカの色々なところでキャンプをしました。砂漠、海、森….。その中で堂々のランキング第1位に輝くのは、なんといっても「グランドキャニオン・マーサーキャンプグラウンド」。この話をすると、「グランドキャニオンって泊まれるんですか!?」という質問を良く頂きます。

    はい!グランドキャニオン国立公園内には高級ホテルもありますし、ロッジも数ヶ所あります。ついでに言うと、スーパーも郵便局も銀行もあります。そんな中でも、夏の期間だけのスペシャルイベントがこのキャンプ!アメリカ大冒険という名にぴったりの最強のイベントに、皆さんもワクワクせずにはいられませんよね!

    1

    キャンプの朝は、グランドキャニオンの朝日を見逃さないで!

    グランドキャニオンでおもいっきりキャンプが楽しめるのは6月〜9月2週目ぐらいまで。この期間であればテントと寝袋で気軽にキャンプが楽しめます。最低気温は15℃といったところです。キャンプ場は、1年中オープンしているので、キャンピングカーや冬用キャンプの装備があれば、いつでもキャンプはできます。

    マーサー・キャンプグラウンドは、グランドキャニオン国立公園内の観光エリアのど真ん中!渓谷を眺めることができるビューポイントまでは車で10分。

    2

    こんなビューポイントまで車ですぐ!

    ここは初心者にも優しいキャンプ施設で、シャワー、トイレ、コインランドリーが完備。Wi-Fiスポットもあります。また、すぐ近くにはスーパーマーケット、カフェテリア、郵便局、銀行、小さな病院などもあり、長期滞在も可能です。

    グランドキャニオン内のスーパーマーケット

    グランドキャニオン内のスーパーマーケット

    キャンプ場は事前の予約が必要です。特にハイシーズンの夏季はすぐにいっぱいになってしまうので、早めの予約を。6ヶ月前から、オンラインで簡単に予約ができ、なんとキャンプ場のどのテントサイトが良いかまで細かく選ぶことができます。例えば、トイレが近くて、でもちょっと孤立していてプライベート感があるスポットなどを、キャンプ場のマップからピンポイントで選べます。

    キャンプ場に到着したら、まずは入り口のチェックインカウンターでチェックインを行います。そこでは、キャンプ場内の地図を受け取り、自分のキャンプサイトを探します。サイトは300以上あり、とても広く地図がないと迷子になってしまいます。

    さて地図を受け取ったら、キャンプサイトへ。各スポットに車2~3台分のパーキングスペースがあります。もちろん大型キャンピングカーも十分に停めることができます。テントスポットは特に隣との仕切りはありませんが、隣とも随分離れているので、なんとなく見渡す限り20m四方ぐらいが自分達の土地です!真ん中にはキャンプファイヤー用のファイヤーピットとピクニックテーブル、ベンチが完備されています。それを囲むようにテントを張ります。

    自分達のスペースはとても広いので、好きな場所を探してテントを設置

    自分達のスペースはとても広いので、好きな場所を探してテントを設置

    パーキングスペースには大型キャンピングカーを停めても、もう1台停められます!

    パーキングスペースには大型キャンピングカーを停めても、もう1台停められます!

    ここで、キャンプ場の細かいルールをご紹介します。トイレと洗面所、水場は24時間オープンです。シャワーとランドリーの施設は、夜、閉まりますが、朝はとても早くからオープンしています(時期により時間は異なる)。施設はとても綺麗です。それから大事なルールですが、アメリカのキャンプ場にはどこでも、クワイエットタイムというものがあります。これは夜間静かにしてねという時間。大体、夜の10時〜朝の6時がこの時間です。といってもアメリカのキャンプサイトでは、焚き火を囲んで大騒ぎをするという場面は少なく、大体夜9時台には、みんなおやすみタイムに入ります。その代わり朝は早い!みんな、日の出前や、日の出直後からごそごそとブレックファストの準備をしたり、どこかに遊びに出かけたりします。アメリカ人はみんな、早寝早起き。

    キャンプサイトには、10人掛けテーブルとファイヤーピットが標準装備

    キャンプサイトには、10人掛けテーブルとファイヤーピットが標準装備

    さてさて、グランドキャニオンのキャンプ場でテントの準備が整ったら、あとは自由時間です。せっかくグランドキャニオンに泊まっているのだから、夕日と朝日そして、夜の星空は絶対に見逃さないように!特にキャンプ場から見る星空は格別です。テントから寝袋を持ちだして、星を浴びながら寝るのもいいですね!

    こんな天の川が見えるキャンプサイトから見えちゃうかも!

    こんな天の川が見えるキャンプサイトから見えちゃうかも!

    朝は、エルクが木の芽を食べに、近くまでやって来る事も!(草食なので、襲われることはないですが、あまり近寄らないように!)

    朝は、エルクが木の芽を食べに、近くまでやって来る事も!(草食なので、襲われることはないですが、あまり近寄らないように!)

    ■Grand Canyon National Park
    住所:オフィシャルサイトに掲載なし
    TEL:1-877-444-6777(キャンプサイト予約番号)
    https://www.nps.gov/grca/index.htm

     

    文:芦刈いづみ/ 写真:Tak S. Itomi

    プロフィール:
    芦刈いづみ / Izumi Ashikari 
    ロサンゼルス在住。アメリカを中心に海外の情報を、日本のメディアに執筆。 情報サイトAll Aboutのアメリカ、ラスベガス、ロサンゼルスのオフィシャルガイド。著書は、「ラスベガス&グランドキャニオンに行きたい!」「時計じかけのハリウッド映画」など。http://7seas-discovery.com http://la-pan.com/

    Tak S. Itomi / 飯富崇生(いいとみたかゆき)
    ロサンゼルス在住の写真家。オリジナルの写真現像技術「ネイチャーアートフィルムフォトグラフィー」で、総合写真展大賞、朝日新聞賞をはじめ数々の賞を受賞。アメリカを初めとする世界の大自然、人間文化の写真を通して、生きることの楽しさをメッセージとして発信し続けている。 http://taksitomi.com

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    井浦 新さん&監督にインタビュー! 映画『東京カウボーイ』で感じる馬と人と自然のリズム

    2024.06.18

    メルボルン中心部を流れるヤラ川沿いを、ワケあって未明に歩いた【オーストラリア・メルボルン旅vol.1】

    2024.06.09

    二度目の高山病を乗り越え、世界で1番天国に近いヒマラヤの湖へ!【38歳女芸人・橋爪ヨウコの爆夢旅その9】

    2024.06.09

    New York Postに世界No.1と報じられた、中央アジアの国・タジキスタンのトイレを巡る旅

    2024.06.07

    ハイジの世界を体験!イタリア北東部・ドロミテにある標高2,000mのファミリーパークをご紹介

    2024.06.06

    開放されるのは年に数日だけ!ロサンゼルス近郊の知る人ぞ知るトレイルをハイキング

    2024.06.01

    砂漠が多いカリフォルニアの希少エリア!ロサンゼルスから2時間で行ける「カリゾ平原」って?

    2024.05.31

    探検家・環境活動家 山田高司さんに聞く「活動の原点」とは【動画公開中】

    2024.05.24