CGM記事詳細 | BE-PAL

自家製ホットサンドメーカーでモダン焼きに挑戦!

2021.09.30 (閲覧数) 545

とある先輩がデカいホットサンドメーカーでお好み焼きを作っていらっしゃったのを見たので、
わたくしも小さな自家製ホットサンドメーカーで作ることが出来るか挑戦してみました。
結果まぁ出来たのですが、室内で作るよりアウトドアで作ったほうが良いかもですね。
結構、散らかりました。小さいサイズとはいえ結構お腹はたまります。それではチャレンジ!

まずはビーパル5月号の「SHO’S 肉厚グリルパン」2枚を蝶番で重ね合わせた自家製のホットサンドメーカーを用意いたします。とても重厚感がある、ずっしりと重い調理器具で年季も出て来ました。

使う材料は小麦粉、キャベツ、卵、ちゃんぽん麺、昆布粉、鰹節3種類、いか、豚バラ肉、お好み焼きソース、マヨネーズを用意いたしました。できれば、揚げ玉とたくあんもあれば良かったのですが。
タネは小麦粉を水で溶き、昆布粉を少しだけ入れて旨味が出るようにいたします。

熱したグリルパンに油をひいてタネを投入いたします。

キャベツの千切りを乗せます。交互に鉄板を火にかけて、

あと一つのグリルパンも熱して油をひき、ちゃんぽん麺を入れて、卵白を投入いたします。

キャベツの上に卵黄といかをトッピングいたします。

頃合いを見てドッキングいたします。そしてプレスして蒸し焼きにしていきます。

弱火で約20分くらい裏表をひっくり返しながら焼き上げます。

家内の分のモダン焼きの出来上がりです。
『美味しい!お腹いっぱいになったぁ~!』と喜んで貰えました。

わたくしの分は粉鰹も忘れずふりかけました。

豚バラ肉もトッピングです。

ちゃんぽん麺も少し多めに入れました。そして、頃合いを間違ってプレス!

結局、はみ出してしまいました…。蓋も閉まらない感じです。はみ出した麺はお線香のように燃え、炭になっていきます。やはり何事もほどほどにしといたほうが良いようです。

まぁなんとか焼き上がりました。お好み焼きソースをかけて、

マヨネーズもかけて、削り節をふりかけて完成です。
次回はアウトドアで薪を焚きながらやってみたいと思います。

hazamaxさん

アウトドア大好きです。25年前に家族でキャンプに行くようになり、色んなアウトドアグッズを揃えましたが、子どもが成長し巣立っていくと倉庫になおしこんだままになっていました。しかし、熊本地震の時に、昔使っていたテントとタープが大変役に立ちました。近頃ではソロキャンプに行くために準備をしています。車中泊をしながら船釣りも楽しんでいます。

もっと見る

この記事をシェアしよう!

hazamaxさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。