一生に一度は体験したい!オーロラ、サウナ…感動のスノーホテル!

2020.01.05

私が書きました!
ノマドトラベラー
みずき じゅり
2014年から約5年かけて103ヶ国旅した旅女子!現在もフルリモートで旅行業界およびメディアで働かせていただきながら旅を継続しています。趣味はスキー・キャンプ・山登りなどのアウトドアをはじめスポーツ観戦、美術鑑賞など幅広いですが基本的には国内外問わず自然が豊かなところへ足を運ぶことが多いです。「アウトドア」をより多くの方々に楽しんでいただける様ジャンルに偏らない様々な情報を配信しています。

一生に一度は体験したい!感動のスノーホテル泊

Photo by Arctic Snow Hotel

本物のサンタクロースが住む地としても知られる、フィンランド北部の街「ラップランド」。

今回紹介するのは、北極圏であるこの地に毎年冬季限定でオープンする、雪と氷でつくられた人気リゾートホテル「Arctic Snow Hotel(アークティック・スノーホテル)」です。

一体どんなホテルなのでしょうか?それでは皆さん一緒に見て行きましょう!

Photo by Arctic Snow Hotel

 

感動のスノーホテルステイは、皆さんの期待を裏切らない、重厚感漂う真っ白な雪と氷で出来たエントランスからはじまります。

中へ入ると、他の滞在者の方々とも楽々すれ違うことが出来るほど、廊下が広々としているのがわかります。

日中は太陽の明るい日差しが中へ差し込み、日没以降は美しい氷のオブジェが間接照明に早変わり。

滞在客のニーズに合わせた様々なタイプの客室が最大の魅力

Photo by Arctic Snow Hotel

廊下を奥へと進むと、それぞれの部屋番号が書かれたプレートが氷の中に埋め込まれています。

客室は宿泊客の人数やニーズによって様々なタイプから選ぶことが出来、写真はそのうちの一つです。

Photo by Arctic Snow Hotel

細部までこだわって造られた、雪の客室にベッドを含む氷のインテリアの数々・・・なんて素敵なのでしょうか!

「雪のホテルって寒くないの?」、「氷のベッドって固くて寝れなそう・・・」

恐らく、今この記事を読んで下さっている方々の多くはこの様な心配をされているかと思います。

でも安心して下さい!スノーホテル内部の気温は、かまくらの原理と同じく、基本的に摂氏0度〜-5度と一定に保たれています。また、氷のベッドにはふわふわのマットレスが敷かれているため就寝時も快適です。

感動の体験!冬だからこそ楽しめるアクティビティーの数々

アークティック・スノーホテルでは、『フィンランドで過ごす冬の時間』をより充実させる様々なアクティビティーが用意されています。

追加料金となりますが、どれも冬ならではの経験ばかりで、より素敵な思い出をつくるのに役立ちます。

オススメがいくつかありますので、紹介していきます。

1.氷のグラスで飲むお酒は格別の美味しさ!ICE BAR(アイスバー)で乾杯!

Photo by Arctic Snow Hotel

このホテルに滞在している間に、必ず体験してもらいたい場所が、Ice Bar(アイスバー)です。

室内は客室同様、全て雪と氷からつくられていて、とても幻想的な雰囲気を放っています。

夏の暑い日にビールを飲むのはもちろん最高なのですが、寒い環境でのみ実現可能な「氷のグラス」でお酒をいただくという貴重な体験も捨てがたくはありませんか?とても贅沢ですよね!

Photo by Arctic Snow Hotel

飲みたいお酒が決まらない時は、ルーレットで決めるのはいかがですか?

時間を気にせず、こんなユニークな体験が出来るのも、このバーの魅力と言えます。

2.世界的にも希少なアイスレストランで美味しい3コースディナーを満喫

Photo by Arctic Snow Hotel

Ice Bar(アイスバー)と同様に、スノーホテルでは「アイスレストラン」と呼ばれる氷のレストランが営業しています。

実は施設内では他に、温かい場所で食事が摂れるレストランが2ヶ所営業されています。

しかしながら、こんなユニークな経験なかなか無いと思いますので、是非アイスレストランに足を運んでいただきたいです!

Photo by Arctic Snow Hotel

レストランはホテルに滞在していない方でも利用できますが、宿泊者として予約する場合と比べ2倍近く価格が跳ね上がるので、スノーホテルに滞在の上アイスレストランで食事をするのが最も理想でしょう。

ディナーは3コースの提供で、メインディッシュを鶏肉、鹿肉、そしてトナカイ肉から選ぶことが出来ます。

もちろんベジタリアンオプションもありますので、希望される方は出来るだけ早めにリクエストしましょう。

3. 白銀の世界に広がる絶景を贅沢に独り占め!屋外ジャグジー

Photo by Arctic Snow Hotel

一面真っ白に染まった白銀の大自然で、屋外ジャグジーを楽しむのはいかがですか?

ここアークティック・スノーホテルではそんな理想的な体験も叶ってしまうんです!

大切の人とリラックスした時間を過ごすも良し、友達と何人かで借りてワイワイと楽しむも良し!

Photo by Arctic Snow Hotel

日本で真冬の露天風呂に入ったことがある方は、こんな素敵な経験にきっとそそられてしまうことでしょう!

ジャグジーの利用を希望される場合は、フィンランド式サウナと屋外ジャグジーがセットで、一人あたり40ユーロ/60分 で利用可能です。

利用を希望される場合は、なるべく早くホテルに伝える様にしましょう。

4.フィンランドの伝統文化!本場で体験しておきたい「サウナ」

Photo by Arctic Snow Hotel

フィンランドはサウナ発祥の国で、その歴史は遥か昔である約1500年ほど前までさかのぼります。

国民の家庭でのサウナ所有率は、ほぼ各家庭にひとつはサウナ室が設けられている状態です。そんな日常的文化として国民生活に浸透しているサウナですが、もちろんこちらのホテルにもあります。

宿泊料金に予め組み込まれているスタンダードなサウナはもちろん、雪で出来た少し変わったサウナが用意されています。

『大量の汗をかくイメージがあるサウナが雪で出来ている!?』

不思議ですよね?スノーサウナの利用はフィンランド式サウナの利用と合わせて一人あたり45ユーロ/60分です。

5.ラップランドを訪れたら雪遊びはマスト!

Photo by Arctic Snow Hotel

 

このホテルでは、宿泊客が滞在中に少しでも楽しむことが出来るように様々なツアーが開催されています。

追加料金でスノーモービルやスノーシューハイキング、そして凍った湖に穴を空けて楽しむアイスフィッシングなど色々なツアーを予約することが出来ます。

Photo by Arctic Snow Hotel

是非フィンランドの冬を満喫してくださいね!

6. 最高にロマンチックでユニークな結婚式を挙げたいカップルのウエディングはココで決まり!?

Photo by Arctic Snow Hotel

施設内には、雪と氷から造られたチャペルも存在しています!

他とは違ったユニークなウエディングを希望される方は、雪と氷のチャペルで挙式を行うというのも素敵でしょうね。

昼がとても短くなる冬はオーロラ観測の大チャンス!?

Photo by Arctic Snow Hotel

冬のラップランド地方は日本に比べ、日没時刻が非常に早いです。

このホテルが位置しているロヴァニエミの日没時刻は、1月で13時45分頃と非常に早いです。ラップランド地方では一年あたり平均で200晩オーロラが観測されています。日没が早く、夜が長くなればなるほどその観測のチャンスは上がります。

この冬は是非ロヴァニエミで、感動のオーロラ体験をしませんか?

気になる一泊あたりの基本宿泊料金および客室イメージ

スノーホテルでは、気温が一桁でも温かく快適に過ごせるよう、特別な寝袋を無料レンタルしています。

また、客室の基本宿泊料金には以下のサービスが含まれています。また、実体験からお伝えしますが客室で携帯など充電可能でした。 ・室内レストランでのビュッフェ式朝食 ・共同サウナの利用(プライベートでの利用またはスノーサウナの利用は別途料金がかかります) ・スノーホテルのガイド付ツアー ・ホットシャワー・トイレ設備(共同) ・スノーシューやソリの無料レンタル

◼️ スタンダードルーム泊の場合

Photo by Arctic Snow Hotel

・シングルルーム(9平米) 190ユーロから/泊 ・ダブルルーム(9平米)  大人140ユーロから/泊 子ども90ユーロから/泊 ・トリプルルーム(15平米) 大人140ユーロから/泊 子ども90ユーロから/泊 ・ファミリールーム(21平米)大人140ユーロから/泊 子ども90ユーロから/泊 ※ファミリールームは最大5名宿泊可能の部屋と、6名宿泊可能のものがあります。また、子ども料金の適用条件は2歳から12歳までです。

◼️ スイートルーム泊の場合

Photo by Arctic Snow Hotel

・スイートルーム(28平米)1室2名 370ユーロから/泊  ・スイートルーム(28平米)1室3名 510ユーロから/泊

アークティック・スノーホテルを訪れる前に知っておきたいこと

Photo by Arctic Snow Hotel

・ホテルが位置している町「ロヴァニエ」の年間平均最高気温は摂氏1度!

ロヴァニエミの町は、夏の気温を含めても年間平均最高気温が約4度、平均最低気温は約-3度と寒いです。

特に、スノーホテルがオープンしている期間である12〜3月は平均最高気温でも0度を下回ります。

その為、防寒対策はしっかりと行って下さい。

・防寒着一式のレンタルは20ユーロ

アークティック・スノーホテル滞在中に特別な防寒着一式が必要な方は、ホテルから一滞在につき20ユーロでレンタルすることが可能です。

「実際訪れてみたら、予想していた以上に寒かった」など防寒に関する悩みも安価で解消できるのが嬉しいですね!

【レンタル内容】

ジャケット、ズボン、靴、手袋、帽子、その他

・客室への荷物の持ち込みは必要最小限にしましょう

Photo by Arctic Snow Hotel

ホテルの客室は雪と氷で出来ている為、室内の大気が凝結し、大切な荷物を湿らせてしまう可能性があります。

施設には、暖房設備が完備されているロッカールームが用意されていますので貴重品などを含め、そちらで管理しましょう。

・ディナーの予約は当日の17:00まで必ず行いましょう

こちらのホテルには、3種類のレストランがありますが、これらの利用を希望される場合は必ず事前に予約を行うようにしましょう。

アークティック・スノーホテルへの行き方

Photo by Arctic Snow Hotel

◼️ ロヴァニエミ空港からシャトルバスを利用する場合

ホテルーロヴァニエミ空港間は、専用の乗合シャトルバスが運行しています。

料金は利用者の年齢に関係無く、1人あたり片道17ユーロです。また、プライベートの送迎車を手配する場合は最大5人乗りの車を片道100ユーロで手配をすることが可能です。

乗合バスを利用する場合は、詳細な時刻表をホテルに問い合わせた上で、遅くとも到着の24時間前までに予約を完了させる必要があります。(プライベート車を手配する場合も同様)

◼️ ロヴァニエミ空港から車でアクセスする場合

ホテルまで車でアクセスする場合、片道所要時間の目安は約40分です。

空港を出たらLentokentäntie(ルート951)をロヴァニエミ中心部方向へ直進し、ルート75のT字路を右折し町の中心部入り口まで道なりに進みます。

町の中心部入り口に差し掛かったら、ルート79をシネッタ(Sinetta)方面へ進みます。

ルート83への分岐点で左折し、Lehtoahontie通りで再び左折すればレトヤルヴィ湖の湖畔にホテルが見えるでしょう。

Arctic Snow Hotel(アークティック・スノーホテル)基本情報

Photo by Arctic Snow Hotel

名称:Arctic SnowHotel & Glass Igloos(アークティック・スノーホテル・アンド・グラスイグルーズ) 住所:Lehtoahontie 27,FI-97220,Sinetta,Finland 営業期間:2019年12月20日から2020年3月31日迄(気候状況によって毎年変化する恐れがあります) チェックイン時間:15:00から23:00迄、チェックアウト時間:7:00から10:00迄 電話番号:+358-40-845-3774 予約・お問い合わせ先:sales@arcticsnowhotel.fi

いかがでしたか?今回はフィンランドの北極圏の町「ロヴァニエミ」にある冬季限定の雪と氷で出来た素敵なリゾートホテルを紹介しました。

雪と氷のリゾート「Arctic Snow Hotel」でこの冬一番素敵な体験をしませんか?

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事