「安い美味い美人のシーフード・キャンピング!」アフリカを軽キャンパーで旅する!モザンビーク編2

2019.11.05

軽キャンピングカーで、地球半周中です。稚内からロシアへ渡り、モンゴルで道草してから中央アジアへ。イラン、ヨーロッパと抜けてアフリカに上陸。西アフリカのプチ地獄をくぐり抜けて、南アフリカの喜望峰にゴールイン。現在は、日本を目指して走っています!

インド洋に沿って、アフリカを北上中です。モザンビークのキャンピングは、意外にイケました!手付かず感のあるビーチに、美味いシーフード。誘拐したくなるほど可愛いお猿さん。素朴なキャンプ場がたくさんあります。

お猿さんのキャンプ場(Xai-Xai/The Honey Pot 一泊2,200円)

キャンプ場の多くは、軽自動車には厳しい悪路です。雨が降れば、巨大な水たまりに近づけず。晴れても、砂に埋まって走行不能。曇りでも深い泥が待ち受けています。運良くたどり着ければ、隠れ家的秘境感に感動もひとしおです。

Xai-Xaiのキャンプ場は、モザンビークでは珍しく木陰に囲まれています。ピクニックテーブルの横に電源がついた、便利なサイトです。涼しい木陰で仕事に勤しんでいると、なにやら熱い視線が……。
猿です。
木々の間から、こちらを伺っています。食べ物を狙っているに違いなく、視線を無視するとそーと近づいてきて、キッと睨むとサっと逃げるお猿さんたち。
そー、キッ、サッ!のリズムで遊べます。

泥棒猿は油断大敵ですが、食堂の赤ちゃん猿は甘え上手でした。あどけないポーズにメロメロです。


Yukoの毛繕いまでしてくれます。

床屋ごっこに飽きると、昼寝。

誘拐したい〜。

グルメ好きのキャンプ場(Fatima’s Nest 一泊1,800円)

屋台村まで徒歩3分という、グルメ派にオススメのキャンプ場です。昼食に食べた蟹のカレーライスは、本格的なインドカレー(……じゃないかと思うのです。インドに行ったことはないけれど……)。夜は、エビから焼き魚までなんでも揃った屋台村へ。端から端までぐるぐると歩き回り、焼きそばで腹ごしらえしてからシーフードに挑みました。
湯気を立てた巨大なロブスターのカリカリ焼き!モザンビークは、アフリカのシーフード天国です。

秘境のビーチ・キャンプに海鮮セットのてんこ盛り(Baobab Beach Backpackers 1,800円)

幹線道路から数十キロ海辺に食い込んだところにあるビーチ・キャンプ場は、途中から完全に砂道でした。もうこれ以上は走れないって諦めかけた先の先のさらに先にあり、涙目でアクセルを踏んだものです。

晩飯は、歩いて1分のローカル食堂。というか、普通の家。激安の海鮮セットは、カニ、イカ、エビ、サカナのてんこ盛りです。
安いだけじゃなくて、美味い。美味いだけじゃなくて、女将のZitaが美人。ただの美人じゃなくて、愛想がいい。モザンビークにお越しの際は、ぜひZitaの手料理をどうぞ。摩訶不思議な味がするエビのスペシャルソースに惚れまして、延泊しました。
翌日の夜は、大枚100MZN(187円)をテーブルに出して。おかみさん、大盛りで!

次号は、マラウイをお送りいたします。モザンビークは海の幸でしたが、マラウイは湖の幸です!これまた安くて美味いのです!

石澤義裕・祐子
住みやすい国をリサーチしようという話から2005年から世界一周をスタート。アメリカ、カナダなどをスクーターで旅行し、オーストラリアをキャンピングカーで回ったのをきっかけに2015年の夏から軽キャンピングカーで旅を始めた。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事