【賄賂なしではたどり着けぬセネガル】 ジャングルの夜は、絶叫、足音、匂い。 | BE-PAL

【賄賂なしではたどり着けぬセネガル】 ジャングルの夜は、絶叫、足音、匂い。

2018.11.29

軽キャンピングカーで、地球半周中です。
稚内からロシアへ渡り、モンゴルで道草してから中央アジアへ。イラン、ヨーロッパを抜けてアフリカに上陸。目指すは南アフリカの喜望峰。ガイドブックにないパワースポットを探し出し、人知れぬ絶景・奇景を「マイ秘境」と呼んで喜んでいます。

アフリカでもっとも評判の悪い国境

アフリカ大陸の4か国目は、セネガル。
モーリタリアとの国境はアフリカでもっとも評判が悪く、賄賂なしでは通れない地獄の門です。
田舎なら少しは悪徳度も薄れるかと、辺境の村を目指しました。

ひと気のない大地。ここでワニに襲われたら、迷宮入りですね。

ゾンビのように群がる各種営業マン

国境は噂に違わぬ悪の巣窟で、次から次へと銭ゲバが現れるRPGです。
木陰からひょっこり顔を出した青年は、
「公園の入場料を払ってください」
ど、どこに公園があるというの!?
国境ゲートでは、
「通行料をいただきます」
ツーコーリョー!?
すみません、お菓子で勘弁してください。
橋を通せんぼされて、
「10ユーロ」
なんとか6ユーロにまで値切り、ディスカウントのお礼にタバコを2本オマケします。
イミグレの前では駐車場代を請求されましたが、これは笑顔で無視。ゾンビのように群がる各種営業マンは、手続き代行、両替屋、保険屋……。目があっただけで右手を差し出す連中で、猫ですら目つきが悪い。

賄賂を値切って、お昼をご馳走になる

イミグレの職員は芝居がかった奴らでして、出国スタンプを振り上げたまま
「押してほしかったら、10ユーロ」
まじっすか?
カスタムでも「5ユーロ」
入国スタンプも「10ユーロ」
賄賂なんか一銭も払わん!という闘志を「ごめんなさい、本当にお金がないのです」というお詫びにかえていたら、昼食をご馳走してくれました。
大きな鍋を6人の職員と囲み、皿も箸も使わず、右手だけでにぎにぎと握りながら食べる呉越同舟飯。見た目はアレだけど、美味いです。
お金にがめついけれど、根は優しいみたい。

汚なくてもパワースポット

セネガル初のキャンピングは、フランス領時代の首都サン=ルイ。そこそこ都会です。
ビーチ沿いのキャンプ場は、一泊およそ1,100円。
目の前は、眺めるだけで破傷風に罹りそうなゴミの浜。ゴミ屋敷系のパワースポットとして一見の価値があります。
近所の商店街は、文字通り黒山の人だかり。遠慮のない無数の視線にさらされて、燃えそうな我が家の軽キャンパーです。
粗相をしたら暴動が起こりそうで、ビビりながらアクセルを踏みます。

子どもたちとサッカー

アフリカ最西端のセネガルは、鼻から脳みそが溢れそうなくらい暑い!
ドライブしては休憩し、ドライブしては休憩。
名もしれぬ村で、子どもたちとサッカーしたりして。

ギニアの穴は訊いてない

タンバクンバのキャンプ場に、フランス人のキャンピングカーが3台。キャンパーに会うなんて、久しぶりです。
こんにちはー、サファリに行きました?
「ウイ!」
ライオンいました?
「ギニアの道路は穴だらけだよ」
いや、ライオンです、ラ、イ、オ、ン……
「穴がデカくてね、見てよ、車が壊れちまった」
英語を話さないフランス人とは、時としてこんな感じ。

蚊はいないってば!

ジャングルにへばりついた小さな小さな村でキャンピング……のつもりでしたが、この暑さで軽キャンパーで寝たら干からびそうです。
ロッジを借りました。
石造りの茅葺き屋根は、一泊1,600円。

あれっ、オーナー、蚊帳がないですよ。
「大丈夫、ここ、蚊はいないから」
だけど、ほかの部屋には蚊帳がぶら下がってるじゃないですか?
「蚊はいないってばっ!」
悪徳国境では値切りまくったボクらですが、キャンプ場のオーナーには逆らえなかったりして……。

肉食系を探して

せっかくのアフリカですから、サファリに出かけます。
ニョコロ=コバは、西アフリカ最大級の国立公園です。
日中、ライオンを探してぐるぐると走り回りましたが、肉食系の気配はゼロ。蜃気楼の彼方にワニの鼻を見ただけ。
カバも遠い。

誰もいない草原。寂しい〜。

ジャングルの足音

ジャングルの夜は、けっこう不気味です。
絶えず鳴り響く正体不明の絶叫、咆哮。
風もないのに揺れる木々。カサカサと足音が近づき、頰をくすぐる匂い……。
21世紀になったのに気づいていない原住民とか、ネアンデルタール人とかいないですよね?
ライオンに襲われる不安と期待を夢見ながら、おやすみなさい。

【セネガル・ドライブ情報】
ビザ:不要
車両保険:BROWN CARDと呼ばれる西アフリカ13カ国共通タイプ(6ヶ月間)7,499円(41,004CFA)。ダカールのAXAで取得
検問:なし
アフリカのキャンプ場情報:iOverlander
次回は、アフリカ5カ国目「マリ」です。もはや暑くないです、熱いです。燃えます。

石澤義裕・祐子
住みやすい国をリサーチしようという話から2005年から世界一周をスタート。アメリカ、カナダなどをスクーターで旅行し、オーストラリアをキャンピングカーで回ったのをきっかけに2015年の夏から軽キャンピングカーで旅を始めた。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。