ロングトレイルの旅は「食」が重要!「インターナショナル・アパラチアン・トレイル」を歩くための食料計画。 | BE-PAL - Part 2

  • ホーム
  • 海外のアウトドア旅
  • ロングトレイルの旅は「食」が重要!「インターナショナル・アパラチアン・トレイル」を歩くための食料計画。

ロングトレイルの旅は「食」が重要!「インターナショナル・アパラチアン・トレイル」を歩くための食料計画。

2017.02.07

新たな試みとなる食事をバックパックに詰め込み、準備万端をしたあと、2階のテラスでゆっくり海を眺めることに。これから始まるインターナショナル・アパラチアン・トレイルはどんな道のりなのだろう。
英語も通じない、看板もフランス語です。2005年に初めて歩いた、アパラチアン・トレイルを思い出していました。
あの頃も、英語が話せなくて言葉が通じなかったな・・・・。

そんな時、ジルに「MASA、ここからドルフィンジャンプが見えるけど、一緒に見ないか?」と言われ、双眼鏡を渡されたのでした。

大きな海原には何も見えなく、困惑していると「MASA、対岸の山から少し下の方でジャンプしているぞ! 見えるか?」僕はその方向に向き、のぞき込むとイルカ無数のイルカのドルフィンジャンプを見つけることができたのでした。

夕焼けと重なり、その美しい光景にトレイルの事を忘れ、日が暮れるまでドルフィンジャンプを探し続けていたことを思い出しました。

今夜は宿泊客が少なく、広い大部屋に1人リラックスして過ごすはずでしたが、夜中に1人の宿泊者を迎えると、大きないびきが響き渡り…。ああ、眠れない・・・・。今回の旅はなんだかんだあるな・・・・。

MasaのIAT日記 7月9日 のコピー

つづく。

 

 プロフィール

 

 

 

Profile 斉藤正史 

山形県在住
LONG TRAIL HIKER
NPO法人山形ロングトレイル理事
トレイルカルチャー普及のため国内外のトレイルを歩き、山形にトレイルを作る活動を行う。

ブログ http://longtrailhikermasa.blog.fc2.com/
山形ロングトレイル https://www.facebook.com/yamagatalongtrail

 

【関連記事】

>全米ナンバーワン自然歩道「アパラチアン・トレイル」に続編があった!【その先のアパラチアン・トレイルへVol.1】

>海外ロングトレイルに挑戦!「歩くルート」「行程の計画」をどう立てるか?【その先のアパラチアン・トレイルへVol.2】

>海外ロングトレイルを歩くための「旅ギア」10選 【その先のアパラチアン・トレイルへVol.3】

>まるで映画「ロングトレイル」! カナダのフランス語圏でトラブル続出…【その先のアパラチアン・トレイルへVol.4】

 

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 海外のアウトドア旅
  • ロングトレイルの旅は「食」が重要!「インターナショナル・アパラチアン・トレイル」を歩くための食料計画。

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。