はじめての富士登山 知っておきたい8つの攻略法 | 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2

はじめての富士登山 知っておきたい8つの攻略法

2015.07.17

3 空気の薄さで生じる高度障害とは?
体質によっては標高2000mでも症状が現われてくるのが、高度障害。酸素が薄いために起こる高山病の初期症状で、息苦しさに加えて、心臓はドキドキ、そして頭が痛くなってきます。この症状は性別や体力のあるなしには関係なく現われるものの、ゆっくりと体を慣らしながら登ると軽減されます。だけど、無理は禁物。最悪のときはあきらめて下山するほうがよいでしょう。缶に密封された携帯酸素を吸うと症状は和らぐので、余裕があれば持参するのも一手です。

03_DMA-ill_oxygen_s

4 山の直射日光は強烈。紫外線と熱中症対策を
標高が高い場所はもともと紫外線が強く、さらに空気も澄んでいるために、過度な日焼けが起こりがちです。日焼け止めはもちろん、サングラスやツバが広い帽子をかぶって、紫外線から体を防御しましょう。また富士山は寒冷だといっても、直射日光を浴び続けながら長時間歩き続けていたり、標高が低い場所に下りてきたりすると、今度は反対に熱中症になる恐れも。帽子には通気性が高い素材のものを選んでおくと頭部が蒸れず、熱中症の予防には効果があります。

06_DMA-ill_uv_sozai_s

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 登山・ハイキング 』新着ユーザー投稿記事

『 登山・ハイキング 』新着ユーザー投稿写真

『 登山・ハイキング 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。