2017.10.15

登って満足!地元もうれしい!山ガール主役のフェスに行こう

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

山トモ、ごちそう、大自然に出あう

「山ガール」に参加者をしぼったアウトドアフェスの取り組みが増えています。文字通り女性限定のものから、男性同行OK・子連れOKのものなど条件はさまざま。
季節に応じたおすすめルートでの登山や、自然好きな女性向けのヨガやクッキング、フォト、ゲストステージなどのプログラムがそろいます。多くは初心者を対象に見据えているので、ぽんっと気軽に出向けば濃密なアウトドア体験ができますよ!

愛知の「きららDe!山遊び」。年に5回ほど原生林トレッキングなどの多彩な講座を開いています。

主催者(多くは地元団体)にとっては、現地のファンになってもらう絶好のチャンス。インスタなどでの女性らしい情報発信にも大いに期待しています。より深く地元の人と交流したり地域からのもてなしを受けたりすることは、参加者側にとっても満足度高いポイント!
地域の自然や食、人、文化がつながって、元気充電、女子力向上、そして自然が愛おしくなる。そのときその場所でしか得られないものに出あえる、幸せな山遊びイベントなのです。

全国の山ガール集まれ! 3つのフェスを紹介

きららDe!山遊び「Photo×Drone(ドローン)オリジナルPVづくり」編

日時:2017年10月21日(土)12:30~22日(日)15:00
会場:愛知県設楽町 野外センターきららの里
参加費:税込10,800円(1泊3食)
内容:ドローンを飛ばして秋の原生林を空撮、オリジナルPVづくりに挑戦します。女性のみ参加可。
ゲスト:鮫島亜希子さん(Photo講師)、木内史典さん(ドローン飛行講師)

名古屋から最短60分、箱庭のような豊かな原生林で、春から秋にかけて女性限定のネイチャーイベントが企画されています。

「愛知県に原生林があるの?」という声が聞こえそうですが、標高900~1000mほどにあるきららの森(段戸裏谷原生林)は、樹齢300年にもなるモミ・ツガ・ブナ・ミズナラなどからなる県内最大規模の貴重な原生林なのです!

「山遊びのはじめの一歩」をテーマにしたサミットを年1回初夏に開催し、ほかの時期には写真やクラフト、エコツアーなど個性的なイベントを開催しています。

苔むした森はフォトジェニック!

2017年6月のサミットにて、地元シェフが腕をふるった山ごはん。写真提供/きららDe!山遊び

問合せ先 したらんトレイル
http://www.shitara-trail.jp/kirara_de_yamaasobi

日本のまんなか いなべ山女子フェスタ
日時:2017年10月28日(土)11:00~ 29日(日)16:00
会場:三重県いなべ市 青川峡キャンピングパーク
参加費:テント泊プラン 税込10,000円(1泊3食)
コテージ泊プラン 税込16,000円(1泊3食)
内容:たけだバーベキュー直伝おしゃれBBQ講座、藤原岳ピークハント、森のゆるハイクなど。20歳以上の女性のみ参加可。
ゲスト講師・ガイド:たけだバーベキューさん(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、荻野なずなさん(好日山荘おとな女子登山部)、田中敦さん(好日山荘白馬店)ほか

鈴鹿山脈と養老山地にはさまれた三重県北端の自然豊かなまち、いなべ市では、女性限定アウトドアフェスを例年10月下旬におこなっています。順調に回を重ね、今年は3回目です。

西日本でトップクラスの人気を誇る青川峡キャンピングパークを会場にするなど、初心者にも安心して参加してもらえる内容構成にこだわっています。中部関西からアクセス良好なうえ、最寄り駅からの送迎も相談できます!

お気に入りのギアでキャンプ♪ 宿泊はコテージも選択できます。

参加者とともにいなべを愛するスタッフも結集! 第2回の開会式にて。

問合せ先 いなべ山女子フェスタ
http://inabe-yamajoshi-fes.com/

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket