ポイントや探すコツを伝授!ビーチコーミングのススメ

2020.08.25

これがベストの姿勢! ただ、こうして半日観察し、 救急車を呼ばれたことも(笑)

「相模湾には約2300種の貝がおり、ビーチコーミングで集められるのは600種ほどです」
そう話すのは、この道50年以上のベテラン・池田等さん。貝や魚類、海洋生物の骨や歯、ビーチグラスなど、さまざまな漂着物を拾うことができるが、その魅力は、集めることだけにとどまらないという。

「たとえばとうに絶滅した貝類、はたまたかつての暮らしを知る道具などが打ち上がるんです」
室町時代に作られた漁網の重りが、昨日までなかったはずの浜に、ある朝、突然打ち上がる。
「その一方、ここにはいない遥か南洋の貝類や森の生き物が川を経て漂着する。それらは時空を越えてやってくるんです」

浜が埋め立てられることで消える種があり、黒潮の流れが変わることで新たにやってくる命がある。「地元の海」という定点から歴史を掘り、国境を越えて来歴を探ってゆく――。
「ビーチコーミングには、学問や環境意識へとつながる種が秘められているんです」

ビーチコーミングのポイント

POINT1
岩場に挟まれた、遠浅の浜

POINT2
小潮の干潮時

POINT3
早朝

POINT4
台風など、季節風の直後

波打ち際でじっくり宝探し

所要時間 約30分~3時間

毎日、同じ浜を歩いても発見に満ちているのがビーチコーミングのおもしろさ。お宝を見逃さないよう、浜は往復して歩くことが重要。

小潮の干潮時は漂着物が帯状にまとまり、探しやすい。比重の同じものが1か所に集まる。

外国では通貨だったタカラガイ。湘南では45種が拾え、10種弱は幼生が南洋から黒潮で運ばれ定着。

拾ったお宝に思いを馳せる

所要時間 約60分

この日の収穫物!!

貝や流木、器の破片、食べかけのかぼちゃ、ハングル文字の容器。

石に張り付いているのはカツオノカンムリ(クラゲ)。

海は毎日 表情を カエルよ

ときに、ドキッとするお宝も……

入れ歯

メッセージボトル

馬の歯

ハマフグ

素焼きの漁網用重り

ダイバーズウォッチ

 

こんなものに出合えるかも!?

アサガオ

タカラガイ類

魚介類はもとより、古今の暮らしの縁を伝える漂着物。かつて、鎌倉の由比ヶ浜には牛や馬を手厚く葬る墓地があったという。

貝殻などを工作してみる

所要時間 約30分

地元で拾ったクルマガイを使ったネクタイピン。「ビーチコーミングによる漂着物を使うアーティストも多いですよ」

池田 等さん

まずは近所の浜を歩いてください。

湘南に生まれ育ち、自前のコレクションは10万点を超える、ビーチコーミング界の生き字引。『ビーチコーミング学』(東京書籍)ほか著書多数。

※構成/麻生弘毅 撮影/田渕睦深

(BE-PAL 2020年8月号より)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海・川・カヌー・釣り 』新着ユーザー投稿記事

『 海・川・カヌー・釣り 』新着ユーザー投稿写真

『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

おすすめ記事