夏のアルプスは野生動物にご用心 | BE-PAL

夏のアルプスは野生動物にご用心

2015.07.17

山でいちばん恐ろしい動物は、人間

6年前の9月、乗鞍岳畳たたみ平だいらバスターミナルにツキノワグマが現われ、9名の負傷者を出す事故がありました。そのニュースを聞いたとき、怪我人の多さもさることながら、現場が標高2702mという高山であることにまず驚いたのです。

「クマって、こんな高い山に登るんだ」と。ツキノワグマは、ブナ林などの落葉広葉樹林で暮らしているイメージが強いのですが、改めて図鑑で調べてみると、森林が続いてさえいれば、海岸線から標高3000mの日本アルプスの高山帯まで、じつに広範囲に生息していることがわかります。森林限界を超える稜線での目撃例もあります。

日本アルプスには、天然記念物ニホンカモシカもいます。カモシカの毛皮は、山中で活動する杣人(そまびと)、修験者、狩人たちの間で敷物や尻あて、雪沓(ゆきぐつ)などに利用されてきました。オコジョもまた、毛皮目的で狩猟対象になった動物です。
クマも、カモシカもオコジョも、人への警戒心が非常に強い動物です。狩られる側だったこととの因果関係は証明できないにせよ、彼らの逃げ足の速さを見ると、アルプスでいちばん恐ろしい動物は人間かもしれないと考えたりします。

ところが、ライチョウだけは事情がちがいます。

ライチョウは南・北アルプスとその周辺の高山帯にのみ生息するまさに日本アルプスを象徴する動物です。立山では「神の使い」とされ、人間から大切にされた歴史を持っています。
そのせいか日本のライチョウは人を恐れないのです(日本だけという研究者もいます)。人と動物の関わりの不思議を感じずにはいられません。

ツキノワグマ

ツキノワグマ
登山道付近に現われたツキノワグマの親子。クマは本来臆病な動物だが、子連れの母グマは強気になる。恐怖感を抑え、慎重に、しかし素早くシャッターを切る。シャッター音3回で逃げられたが、向かって来なかっただけ運がいいと言い聞かせ、悔しさを紛らわした。撮影/高橋充 ’09年7月、奥穂高山麓。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自然観察 』新着ユーザー投稿記事

『 自然観察 』新着ユーザー投稿写真

『 自然観察 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。