家族"みんなで"楽しむ FAMILY CAMP「ファミキャン」向けギア〜テント&タープ4選〜 | BE-PAL

家族"みんなで"楽しむ FAMILY CAMP「ファミキャン」向けギア〜テント&タープ4選〜

2021.09.21

FAMILY CAMP

家族で楽しむファミリーキャンプ。快適に過ごすためには、それなりの道具が必要だ。せっかくそろえるならばしっかりとしたものを。本誌オススメの最新ギアから、スタイルにあったものを選ぼう!

TENT&TARP

寝床となるテント、風通しのいいリビングとして便利なタープは必需品。家族構成やキャンプスタイルに応じたモデルを探せ!

キャンプ民泊NONIWA
青木達也さん 江梨子さん

都会から埼玉県ときがわ町に移住し、自宅を兼ねた古民家をベースとした「キャンプ民泊」という新しいスタイルの宿泊施設を展開。ふたりとも自然が大好き!

家族でキャンプをはじめる人にとって、もっとも重要な道具選びがテントだろう。どんな天気になるかわからない自然のなかで寝泊まりするわけだから、素材や機能を十分に吟味する必要があるのだ。

まず大切なのは、どんなタイプにするかということ。もっとも一般的なのは、就寝用インナーテントが付属したモデル。最近では、ボトムレス(床シートがない)シェルターが人気だ。その秘密は、日中は全面リビングスペースとして使い、夜はコットで寝る──というスタイルが増えたこと。またグループのベースとして使え、必要に応じて別売りインナーを付ければ家族仕様に──という具合に汎用性がきくからだ。

ただ、今回紹介したインナー付きテントは、すべて吊り下げ式インナーだからフライだけを立ち上げてシェルターとしても使えるモデルばかりだ。

すでにテントはあるけど、リビングスペースの確保に悩んでいる人には、テント+タープのスタイルがお薦めだ。日射しが強くなるこれからの季節はとくに、熱中症を予防するためにも日よけ&くつろぎスペースとしてタープの併用が望ましい。

ここで紹介するテント&タープのほとんどは今年のニューモデルだ。色といい、デザインといい、かなり個性あふれるラインアップだと思いませんか!?

01 居住性バツグンなワンポール界の風雲児!

ゼインアーツ/
ゼクーL ¥98,780
ゼクーL インナーテント ¥21,780

4~10人用
●サイズ:540×470×H285cm
●重量:14kg
問い合わせ先:ゼインアーツ info@zanearts.com

image

大きいのに 設営が簡単!

周囲3辺を逆V字型ポールで立ち上げることによって内部空間をグーンと広げ、開放感満点にデザインされたワンポールシェルター。別売りインナーなしでも、付属のリビングシートを活用してお座敷スタイルで使える。「ゆったりしたこのサイズとクオリティーで10万を切る価格はお買い得ですよね(達也)」。

image

「窓が多く、外にいる子供を見守れるから親御さんは安心ですね(江梨子)」

image

高い天頂部にあるベンチレーターのジッパータブは長い棒付き。身長170cm以上あれば開閉も容易。

image

インナーを装着しても、フライに覆われたエリアが広いので、道具類を置くスペースは十分にある。

image

最大高は285cm。「かがまずに立ち歩けるっていいよね(達也)」。4人用インナーもたっぷりサイズだ。

 

02ワンポール+αでめっちゃ出入りが楽!

ノーボックス/
ベルテント ¥41,800

8人用
●サイズ:411×411×H228.6cm
●重量:9.072kg
問い合わせ先:エイアンドエフ 03(3209)7575

image

レトロなLEDランタンが人気のベアボーンズのサブブランド「ノーボックス」からテントが初登場。インナーのないシンプルなシングルウォールのワンポールで、サブポールで立ち上げる出入り口は高さ約190cm! 出入りがとても楽だ。キャンプデビューファミリーにうれしい、超お手頃価格だ。

image

家族でごろ寝できますねぇ。

サイドに立ち上がりがあり、テントの端に座っても圧迫感がない。「子だくさん家族やグループキャンプにぴったりですね(江梨子)」

03中央にポールがないトンガリテント

ノルディスク/
スリムヘイム 3 ¥86,900

3人用
●サイズ:235×320×H202cm
●重量:約6.9kg
問い合わせ先:ブルースカイング 03(3527)9953

image

2本のポールを逆V字型に組む、ユニークなトンガリテント。1本のセンターポールで支えるより剛性が高く、内部空間もゆったり使えるのが特徴だ。ポール2本でセットする出入り口は、さまざまなパネルアレンジができ、予備ポールがあればタープ状に張り出すことも可能。5人用(¥108,900)もある。

image

フライ後ろ側の裾部は巻き上げてトグル留めが可能。雨の日でも、雨が吹き込むのを防ぎ、効果的な換気調節ができる。

image

ワンポールと思いきや、じつはツーポール。「なるほど…。これならセンターポールにつまずくこともないですね(達也)」

04シルエットが美しい家型シェルター

ogawa/
オーナーロッジ ヒュッテレーベン ¥107,800
ヒュッテレーベン用T/Cインナー ¥26,400

4人用
●サイズ:520×225×H205cm 
●重量:約19.6kg
問い合わせ先:キャンパルジャパン 0800-800-7120

image

ボトムレスのシェルターだが、別売りの2人用インナーを左右に振り分けて取り付けると4人用テントとして使え、中央部に約210×225cmのリビングスペースも確保できる。「インナーはひとつで、夜だけ親は反対側にコットを置いて寝れば、日中はリビングスペースを広く使えるよね(達也)」

image

後面のパネルは付属ポールで大きく張り出せ、サイドウォールが付いているので雨の日の出入りに便利。

image

出入り口はセンター開閉式。「軒があるのって、おうちにいるみたいでなんだか癒やされます。(江梨子)」

image

インナーは吊り下げ式で、左右どちらのサイドにも取り付け可能。ポリコットン素材で通気性が良く夏も快適だ。

※構成/坂本りえ 撮影/中村文隆、永易量行 協力/影山盛太、岡田舞子、木村泰河

(BE-PAL 2021年5月号より)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 テント 』新着ユーザー投稿記事

『 テント 』新着ユーザー投稿写真

『 テント 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。