アウトドアのプロが徹底比較!ソロテントの新作8選

2020.10.23

急増中のソロキャンパーに向けた、ひとりの時間をじっくり味わうための、ソロユースモデルの新作をラインアップ!アウトドアギア通のふたりがテストしました!

『BE-PAL責任編集 はじめてのソロキャン完全ガイド』好評発売中! 小学館刊 定価1200円+税

アウトドア用品プロデューサー
影山盛太さん

国内のみならず、海外ブランドのテントや、ギア、パーツ類のデザインを手がける専門家。豊富な知識と分析力は日本一といっても過言ではない。

アウトドア用品デザイナー
佐藤裕一郎さん

大手テントメーカーで23年のキャリアを積んで独立。現在は準フリーランスとして、テントをはじめとしたギアの開発に携わるツワモノ。

ユーザー目線のアップデートで
快適な居住空間に!

モンベル/ムーンライトテント 1型 ¥27,800

image

ムーンライトに育てられたオジサン世代(笑)としては、キメ細かな進化ぶりに驚きました。(影山)

1979年以来のロングセラーが、大幅に改良されてリデビュー。従来はインナーのウォールが平面で構成されていたが、新作は外側に押し広げられ空間が広くなり、650gも軽量化された。

サイズ(約)=110×265×H105㎝(110×210×H97㎝)
収納サイズ(約)=本体/直径16×30㎝、
ポール/直径9×56㎝ 
総重量(約)=1.65kg
問い合わせ先 モンベル・カスタマー・サービス 06(6536)5740

image

A型フレームを湾曲させ、インナーテントを外側に押し広げることで居住空間を向上させた。

前室プラスαの
荷物スペースを装備

ザ・ノース・フェイス/マウンテンショット1
¥48,000

image

ULを追求しながらも便利機能を盛り込んでる。ストイックな日本の山岳テントとは違う設計思想が面白いですね。(影山)

シンプルなクロスドームの天頂部にサブポールをセットし、前後のウォールを立ち上げることで、居住空間を広げるフレームワークを採用。外気を下部から上部へとスムーズに循環させる工夫も施されている。

サイズ(約)=220×180×H105㎝(90×220㎝)
収納サイズ(約)=47×15㎝ 
総重量(約)=1.35㎏
問い合わせ先 ゴールドウイン カスタマーサービスセンター 03(3481)7266、0120-307-560

image

「出入り口の反対側に横一文字の開口部があり、フライとの隙間に靴や荷物を置けるのは便利」(影山)

フライが張り出せる
開放感がたまりません!

ビッグアグネス/コッパースプール HV UL 1 ¥53,000

image

寝転がってみると、ほかのソロテントとは比べものにならないほどのゆったり感がある。その秘密は、天井の広さだ。しかも、トレッキングポールを利用すればフライを張り出すことができ、雨のときには炊事スペースとして活用可能。

サイズ(約)=224×142×H97㎝(224×97㎝)
収納サイズ(約)=直径15×42㎝ 
総重量(約)=1.13㎏
問い合わせ先 ケンコー社 06(6374)2788
※トレッキングポールは付属しません。

image

Aフレームの天頂部にポールをプラスすることで、ヘッドクリアランスの良い空間を実現。

ひとりで持ち歩くのにも
十分に軽い2人用

ヒルバーグ/アナリス ¥76,000

image

見た目のバランスが良くて通風調整も容易。ペグがしっかり利く所に立てるのが重要です。(佐藤)

トレッキングポール2本で設営するタイプ。2人用サイズなので、インナーに荷物を置いてもゆったりと過ごせる。「設営時は、トレッキングポールの長さを設計上の高さにぴったり合わせると、ピタッと張れますよ」

サイズ(約)=220×290×H105㎝(220×120㎝)
収納サイズ(約)=直径11×43㎝ 
重量(約)=1.4㎏
問い合わせ先 エイ アンド エフ 03(3209)7575
※トレッキングポールは付属しません。

image

フライだけなら640g。ビバークシェルターとしてパックに常備しても苦にならない。

トレッキングポールで立てられる
シングルウォール

鎌倉天幕/ソリスト ¥55,000

image

張りの良さが印象的なモデル。シングルウォールとはいえ前後にヒサシが付き、雨の吹き込みを和らげてくれる。L字形に開くドアは、全開したときも生地が地面に触れることなく泥汚れが付く心配がない。

サイズ(約)=215×110×H118㎝
収納サイズ(約)=直径15×40㎝ 
総重量(約)=1.66㎏
問い合わせ先 ニューテックジャパン 045(312)7895
※ポールは別売り(¥5,800)。

テント地は3レイヤーの防水透湿素材。ジッパーにはレインフラップが施されている。

従来より約3倍長持ちする
特殊コーティングを採用

MSR/フロントレンジ ¥40,000

image

このサイズなら6人寝られますよ。その場合のウェイトパフォーマンスは約150g/人。軽っ!(佐藤)

トレッキングポール2本を繋げるストラップが付き、162㎝の高さにセットできるのが特徴。定員4人サイズだが、総重量は1㎏を下回り、ソロユースとして持ち運ぶのにも十分に軽い。

サイズ(約)=274×274×H162㎝
収納サイズ(約)=直径13×30㎝
総重量(約)=910g
問い合わせ先 モチヅキ 0256(32)0860
※トレッキングポールは付属しません。

耐水圧、透湿性がアップして
軽くなった最強シェルター

ヘリテイジ/
クロスオーバードーム f 〈2G〉 ¥41,500

image

超軽量でコンパクトなシェルター。フロアがあり、クロスポールで自立するので、緊急用としてだけでなく、ミニマリストのテントとしても。シングルウォールだが、特殊な防水透湿加工が施されているので安心。

サイズ(約)=75×200×H95㎝
収納サイズ(約)=本体/直径8.5×16㎝、ポール/38㎝
総重量(約)=540g
問い合わせ先 ヘリテイジ 0263(82)0141

ボトムに近い部分には、メッシュ付き吹き流しを装備。クローズした状態でもスムーズに外気を取り入れられ、内部の換気性能も◎。

 

1本ポールと高強度テープを併用

ファイントラック/カミナモノポール1 ¥45,000

image

ポール1本と、高強力繊維であるイザナス(旧ダイニーマ)テープを併用することで、ズバ抜けた軽量・コンパクト性を実現したモデル。最小重量800gという軽さで、前室まで付いてるのは驚き。

サイズ(約)=205×80×H100㎝
収納サイズ(約)=本体/5×16×24㎝、ポール/39㎝ 
総重量(約)=770g
問い合わせ先 ファイントラック 0120-080-375

テンションのかかる辺に、ポールに代わる役割をする高強力繊維を縫い込んだ特許製法。

(BE-PAL 2020年10月号より)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 テント 』新着ユーザー投稿記事

『 テント 』新着ユーザー投稿写真

『 テント 』新着編集部記事

おすすめ記事