BLUETTI「AC200MAX」は長旅を快適にするマストギア!【PR】 | BE-PAL

BLUETTI「AC200MAX」は長旅を快適にするマストギア!【PR】

2021.09.17PR

拡張バッテリー「B230」(別売り)を接続し、容量を2048Whアップ! ソーラーパネルはBLUETTI SP200でAC200MAXに充電するとき、最大5枚まで直列できる。

BLUETTIのAC200MAXは、キャンピングカーに直接充電OK!

キャンパーやアウトドアYouTuberの間で人気のポータブル電源に、大容量タイプが登場! 長期滞在型の旅を快適にする、新たな相棒です!

学生時代、バックパックを背負い、丸1年かけて世界一周。今でも1年に1回は家族揃ってバックパッキングに出かけるという長谷部雅一さん。職業もアウトドアプロデューサーと、まさに旅のプロフェッショナルだ。

「10日ぐらいなら、家族それぞれ3日分の服を持って、途中で洗濯しながら旅をします。それ以上になると、仕事もあるし、バックパッキングは厳しいから、キャンピングカーがいいなぁ」

愛犬も一緒に旅ができるうえ、進むペースも、泊まる場所も、その日の気分で自由に選べるのが魅力。絶景を楽しみながらも、普段の生活ごと移動できるのがポイントだとも。

「そんなときに欠かせないのが、ブルーティ(BLUETTI )のポータブル電源「AC200MAX」。旅先で仕事するときもパソコンやスマホの充電切れを気にしなくてすむし、子供と一緒にプロジェクターで映画を見たり、自分たちで撮影した動画や写真を見返すのもいい」

「長期の旅だと、毎回キャンプ料理も面倒だから、レンジやホットプレートが使えると便利よね」と、妻の美佐さんも満面の笑み。しかも、拡張バッテリーを接続することができ、大きな電力が必要なエアコンも安心して使えるうえ、キャンピングカーのバッテリーにも充電できる。

「晴れた日はソーラーパネルを広げて充電できるし、リン酸鉄系蓄電システムが搭載されているから、排気ガスや音もなくて、夜使っても問題なし!」

旅はもちろん、災害時にも役立つので、1台は備えておきたい。

「船で中国に渡って、そのままユーラシア大陸の最西端まで。そこからアフリカの最南端まで行って、さらにアメリカと……」

キャンピングカーとポータブル電源があれば、夢は果てしなく広がっていくのである。

キャンピングカーのバッテリーにも充電できる

カーチャージケーブルを使えばキャンピングカーのバッテリーに直接充電できるので、電力切れを気にせずに連泊できちゃう。長旅だってOK!

冷暖房が効いた快適空間でノマドワーク

3072Whの拡張バッテリー「B300」をプラスして、消費電力の高いエアコンを使いながら快適なワークスペースを確保!

消費電力が大きい家電も問題なし

常時2200Wの大容量で、消費電力が大きい電子レンジやドライヤーなども使える。Bluetoothで接続すれば遠隔操作も可能。

天気が良い日はキッチン家電で楽々外ご飯

炊飯器や電子ポットなどの調理家電を野外に持ち出して、手軽に外ご飯を堪能。あっという間にお湯も沸かせ、ストレスフリ〜。

キャンプでスイーツ作りもOK!

AC100V出力やUSBポートなど、16台のデバイスへ同時に給電可能。お父さんがノマドワーク中に母娘でクッキング!

推しポイント!! ポータブル電源「BLUETTI AC200MAX」があれば、災害時も安心!

1:拡張バッテリーで2048〜8192Whまで容量の増量OK

2: 専用アプリで遠隔操作が可能

3:充電回数は3500回以上!

4:日本仕様で100V/110Vの出力可能

5:安全安定のリン酸鉄リチウム電池

BLUETTI/AC200MAX ¥249,880

視認性にすぐれたタッチ式パネルを搭載。長期旅からAC電源が使えないキャンプ場、車中泊まで大活躍! 災害時の心強い味方になる。

提供/パワーオーク https://www.bluetti.jp/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 道具・ギア 』新着ユーザー投稿記事

『 道具・ギア 』新着ユーザー投稿写真

『 道具・ギア 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。