3 種ののみを使った 竹のお玉とトング | BE-PAL - Part 2

3 種ののみを使った 竹のお玉とトング

2015.11.21

【お玉とトング共通の行程】

DMA-_DSC4043

作業しやすいよう、両端の余分に切り出しておいた部分に穴を開けてクギで作業台に竹を固定する。バイス(万力)に挟んでもOK。

DMA-_DSC4050

まずお玉(トング)の掬すくう部分4辺に、ガイド線に沿って斜めにのこぎりで切れ目を入れる。

DMA-_DSC4067

平ノミを当てて、余分な部分を割り取る。

DMA-_DSC4093

竹の内側を表に返して再度固定し、掬う部分を丸のみで彫っていく。縁から底に向けて左右から交互に彫るのがきれいに彫るコツ。

DMA-_DSC4187

カーブがきつくなって丸のみで彫るのが難しくなってきたら、曲丸のみに替えて彫る。この状態になれば、金槌がなくても彫れる。

DMA-_DSC4226

柄を作る。まずはのこぎりで柄の厚みに合わせて斜めに切れ目を入れる。

DMA-_DSC4243

平のみで割り取る(トングは柄の端を約7㎝残しておく)。

DMA-_DSC4247

平のみは裏表使うことができる。彫るのではなく、写真のように材を削ぎ取る場合は、刃を裏に返して使うとまっすぐ削ぎ取れる。

DMA-_DSC4270

掬う部分の裏側(皮目側)の余分な竹を、平のみで削り落とす。途中、光に透かしながら作業すると、厚みが均等か確認できる。

DMA-_DSC4290

彫りが終了。掬う部分の先端は欠けやすいので、彫り込みを浅めにし、奥にいくに従って深く彫るとバランスもよく、長持ちする。

DMA-_DSC4302

クギを抜き固定用に使った余分な部分をのこぎりで落とす。柄の先端は柄に対して垂直に、掬う側は斜めに切り落とすと成形がらく。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。