フィールドが恋しくなる自然木フォトフレーム | BE-PAL

フィールドが恋しくなる自然木フォトフレーム

2015.10.24

フィールドで拾ったちょっと味のある枝を加工したら、じつに個性的なフレームに変身! 何を飾っても絵になるのは、フレーム自体に魅力がある証です。

【材料】

枠用の丸太(丸太は好みの太さ。仕上がりサイ ズが幅32×高さ25㎝の場合、長野さんは直径 6×60㎝を用意)。桟さん用の角材、支柱用の枝、 板材、厚紙、アクリル板。枝タイプは板材と厚 紙の代わりに枝数本、アクリル板は2枚用意。

枠用の丸太(丸太は好みの太さ。仕上がりサイズが幅32×高さ25㎝の場合、長野さんは直径6×60㎝を用意)。桟さん用の角材、支柱用の枝、板材、厚紙、アクリル板。枝タイプは板材と厚紙の代わりに枝数本、アクリル板は2枚用意。

【道具】

右から丸太整形用ののこぎり、鉈 なた 、木 き 槌 づち 。木材 カット用のソーガイド、サンドペーパー(2種)、 ビニールたわし、金槌、小さめののこぎり(ダ※ ボ切断用)、電動ドリル(刃は細太4種類)、木 工用接着剤、木ねじ、ダボ、トンボ(留め具)、釘、 指さし金がね、クルミ油、ぼろ布、カッター。

右から丸太整形用ののこぎり、鉈、木槌。木材カット用のソーガイド、サンドペーパー(2種)、ビニールたわし、金槌、小さめののこぎり(ダボ切断用)、電動ドリル(刃は細太4種類)、木工用接着剤、木ねじ、ダボ、トンボ(留め具)、釘、指さし金がね、クルミ油、ぼろ布、カッター。

1.枠を作る

DMA-_DSC5228

2本の丸太を割る。割ったあと左右対称の形になるよう、鉈を木の芯に据えて慎重に。

DMA-_DSC5263

割った面のささくれを鉈で削ぎ取り、水平に整える。割った4つのパーツを同じ厚みに整形。

DMA-_DSC5380

フレームの内寸を決め、それに合わせて割った木の両端を45度にカットする。

DMA-_DSC5388

4つのパーツを同様に切り出したら、角の合わせる部分を接着剤で仮り留めする。

DMA-_DSC5415
DMA-_DSC5420
まず木ねじ用のガイド穴をあけ、さらに同じ場所に太いドリルでダボ用のガイド穴を空ける。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。