かっこよく道具を生かすリペア&リメイク術その1 | BE-PAL

かっこよく道具を生かすリペア&リメイク術その1

2015.09.26

キャンプシーズン到来! ……っとその前に、ちょっと道具の手入れをしてみませんか? カタカタ緩んだ鉈の柄や、焚き火で溶けてしまったパーコレーターの持ち手。修理しながら、自分仕様にカスタマイズできる技を伝授します。その1は、パーコレーターのリメイクから。

【下準備】

パーコレーター

購入したてのアルミのパーコレーター。焚き火の上に吊り下げて使いたいので、つるの取り付けと、取っ手を木製にリメイクする。

パーコレーター

取っ手はリベットで固定されているので、内側の山を金やすりで削るあらかた削れたところで取っ手を引っ張るとスポッと外せる。

【道具】

パーコレーター

右から枝切り用鋸、成形用の切り出しナイフ、サンドペーパー、電動ドリル、プラスドライバー、六角レンチ、鬼目ナット&ねじ、ボルトカッター、金切りばさみ、ラジオペンチ、ステンレスワイヤー、アルミ板、金ヤスリ、金槌。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。