【長野修平の青空工房 第11回】針葉樹と帆布で作るティピー | BE-PAL

  • ホーム
  • 自作・DIY
  • 【長野修平の青空工房 第11回】針葉樹と帆布で作るティピー

【長野修平の青空工房 第11回】針葉樹と帆布で作るティピー

2016.10.22

ネイティブ・アメリカンの伝統的な住居・ティピーを、キャンバス地を使ってアレンジ。気軽に設営、撤収できて、焚き火もOK。秋の夜長にぴったりのテントです。

製材していない木材の加工に! ドローナイフは丸太を整形する道具で、針葉樹の多い北欧で発達した。右側は両刃を備えた堅い部位用。枝打ちも一緒にできてしまうので、枝節と皮と幹を同時に削ることができる(¥5,000前後)。左は湾曲した 刃が特徴の柔らかい部位用(¥4,000前後)。多少であれば凸カーブ凹カーブ、どちらも削って真っすぐにすることができる。

製材していない木材の加工に!
ドローナイフは丸太を整形する道具で、針葉樹の多い北欧で発達した。右側は両刃を備えた堅い部位用。枝打ちも一緒にできてしまうので、枝節と皮と幹を同時に削ることができる(¥5,000前後)。左は湾曲した
刃が特徴の柔らかい部位用(¥4,000前後)。多少であれば凸カーブ凹カーブ、どちらも削って真っすぐにすることができる。

材料

キャプ5チャ

右から布塗装用はけ、テント用の強力防水塗料、幕体を縫うための糸と針(手縫いでもミシンでもOK)、支柱、ペグ作り用ののこぎり、針葉樹加工用のドローナイフ2種、支柱、ペグ削り用の鉈、細かい仕上げ用のクラフトナイフ、支柱の表面を滑らかに仕上げるためのスポンジタワシ。

準備

キャプチ6ャ

支柱は本設営の前に長さを揃え、整形して乾燥させておく。木を枝打ちし、ドローナイフで皮をむきつつ凸凹を整え、真っすぐに製材する。

キャプ86チャ

幕体は図のように裁断(1枚の布からはとれないので、3枚はぎ)し、縫い合わせて半円状にする。縫い代はそれぞれ3㎝。

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 自作・DIY
  • 【長野修平の青空工房 第11回】針葉樹と帆布で作るティピー

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。