【アウトドア試乗テスト】軽トールワゴン人気No.1!「ホンダ/N-BOX」

2017.12.21

極上のシートと低床フロアはビギナーにも◎

記者・櫻井が、軽トールワゴンで販売台数1位のホンダ/N-BOXを試乗レポート。ホンダ/N-BOX ¥1,283,000~

編集部 軽自動車の注目株は、この秋登場したホンダの新型N-BOX。9月の販売台数では2位に1万1000台以上の差をつけて首位に立っていますね。
櫻井 先代で好評だった、床が低く奥行きもある室内空間は新型でも踏襲されていて、見た目も大きな変更はなし。でも、実は基本骨格とパワートレーンが一新。その効果は、走行中の静粛性にちゃんと現われていたね。
編集部 安全装備も進化してます。
櫻井 先行車自動追従式クルーズコントロールや自動ブレーキを含む「ホンダ センシング」が、全モデルに標準装備されている。人気の秘訣はこれと、シート。
編集部 すごく高級感があって、リアシートもふかふかですね~。
櫻井 だから、車中泊では床に寝るよりも、背もたれを寝かせてベッドにしたほうが断然いい。
編集部 家族でのキャンプは正直ツラいけど、値段も手ごろなので、自分専用のセカンドカーとして現実的な選択肢ですね。
櫻井 燃費はノンターボのほうがいいけど、僕はターボ付きをおすすめしたいな。
編集部 パワーの差ですか?
櫻井 そう。外遊びでは荷物を満載して山道を登ることが多いだろうし、高速道路でも加速が必要なシーンは多いはず。余力としてのパワーは絶対必要だよ!

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 SUV・ミニバン 』新着ユーザー投稿写真

『 SUV・ミニバン 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』