ホーボージュンのSUVフィールド試乗レポート!三菱「アウトランダーPHEV」×マツダ「CX-5」 | BE-PAL

  • ホーム
  • SUV・ミニバン
  • ホーボージュンのSUVフィールド試乗レポート!三菱「アウトランダーPHEV」×マツダ「CX-5」

ホーボージュンのSUVフィールド試乗レポート!三菱「アウトランダーPHEV」×マツダ「CX-5」

2017.08.14

荷物がたくさん積めて存在感があって、座ったときの見晴らしもいいSUVは、街乗り派のユーザーにも大人気。でも、アウトドアではどうなのか? 

乗員空間、ラゲッジともに十分な広さを備えたスタンダードSUVの注目モデルを、ホーボージュンさんに試乗してもらった。

三菱/
アウトランダーPHEV Sエディション

¥4,434,500

【SPECIFICATIONS】
●駆動方式:4WD 
●ボディー寸法:全長4,695×全幅1,800㎜×全高1,710㎜ 
●最低地上高:190㎜ 
●最小回転半径:5.3m 
●ホイールベース:2,670㎜ 
●車両重量:1,900㎏ 
●乗車定員:5名 
●エンジン:1,998cc直列4気筒DOHC+モーター 
●最高出力:118ps/4,500rpm 
●最大トルク:186N・m/4,500rpm 
●モーター最高出力:前82ps/後82ps 
●モーター最大トルク:前137N・m/後195N・m 
●燃料:無鉛レギュラーガソリン 
●ハイブリッド燃費(JC08モード):19.2㎞/ℓ 
●トランスミッション:無段階 
●PHEV車・価格帯:¥3,388,400~4,434,500

http://www.mitsubishi-motors.co.jp/outlander/

BE-PAL編集部(以下、編)ジュンさんはSUVにもたくさん乗ってきたんですよね?
ホーボージュン(以下、ホ)うん。三菱・ジープや日産・テラノ、トヨタのランクル、ハイラックスサーフ…。いまどきのSUVと違って、武骨で道具らしい雰囲気満点だった。
 そういうクルマはめっきり減りましたね。特にデザイン。
 アウトランダーPHEVは顔がイカついね。自然の中で遊ぶうえで、押し出しの強さはいらないし、景色に溶け込まない。

1500Wのコンセントを室内3か所に装備。

後席の背もたれの角度を調節できるので、5人乗車でも荷物を隙間なく積める。

ラゲッジの奥行きは980㎜。今回テストしたクルマで一番長い。

マツダ/
CX-5 XD Lパッケージ(4WD)

¥3,265,000

【SPECIFICATIONS】
●駆動方式:4WD 
●ボディー寸法:全長4,545×全幅1,840㎜×全高1,690㎜ 
●最低地上高:210㎜ 
●最小回転半径:5.5m 
●ホイールベース:2,700㎜ 
●車両重量:1,650~1,680㎏ 
●乗車定員:5名 
●エンジン:2,188cc直列4気筒DOHCターボ 
●最高出力:175ps/4,500rpm 
●最大トルク:420N・m/2,000rpm 
●燃料:軽油 
●燃費(JC08モード):17.2㎞/ℓ 
●トランスミッション:6AT 
●ディーゼル車・価格帯:¥2,570,000~3,265,000

http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

編 CX-5は低く長いノーズがスポーツカー的ですよね?
ホ 乗ってみると、鼻先の長さは思ったほど気にならない。かっこいいし、グレーのボディーカラーも引き締まって見える。木漏れ日に映えるね!

後席の背もたれ角度は調節可能。中央部分を倒せばスキー板なども積めるが、レザーシートの色が薄く、汚れが心配。

奥行きと高さがあるので、頑張ればかなり積める。

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • SUV・ミニバン
  • ホーボージュンのSUVフィールド試乗レポート!三菱「アウトランダーPHEV」×マツダ「CX-5」

関連記事

『 SUV・ミニバン 』新着ユーザー投稿記事

『 SUV・ミニバン 』新着ユーザー投稿写真

『 SUV・ミニバン 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。