【History】『b*p』創刊号/フジロックで生まれた「旅とフェスと楽しいジンセイ」のための雑誌。

毎日が旅だったらいいよね。

『b*p』は、旅とフェスと楽しいジンセイのための雑誌です。現在までに10号の雑誌を刊行してきました。ところで、そもそも『b*p』とは何なのか? どのように始まり、現在に至るのか? このコーナーでは、『b*p』の歴史、成り立ちについて、1号ずつご紹介していきたいと思います。

 

最初にこのような雑誌をつくるきっかけになったのは、2002年のフジロックでした。

アウトドア雑誌『BE-PAL』編集部の若手スタッフたちで、フジロックのキャンプサイト前、「よろず相談所」の隣に、焚き火バーを出店したんですよ。

当時はまだ、「キャンプなんて初めて。テントの張り方がわからないよ〜!」という来場者がとても多かったのですが、そんなみんなのテントを張るお手伝いをしたりながら、焚き火バーを開店。プロのバーテンダーさんの指導のもと、タバスコ入りのカクテル「レッチリ」や、栄養ドリンク入りカクテル「ケミカルブラザーズ」などのオリジナルカクテルを展開し、最高にオバカでピースフルな3日間をすごしたわけです。

で、企画会議と怒濤の取材、編集期間をへて、2004年の夏に生まれたのが、こちら。

 

 

『b*p』vol.01 「夏フェス、行かない?」の巻

なぞの鳥の表紙で夏の書店に現れた雑誌の中身は、こんな内容でした。

 

【目次】

■巻頭コラム/b*p流トラベリングライフへの搭乗口31

・朝のリレー

・私の人生を変えた無人島ランキング

・魚を穫れない男に婦女子は穫れないという話

・サンディーのスタジオで天使と出会う

・モテるヤングはハートが「ちょいスナ(フキン)」

・駅前留学するヒマあったらユースホステルに行くべし

・木の上の秘密基地ツリーハウスに住もう

・日本のブラジルか、ブラジルの日本か。それが問題だ

・人生唄って楽しむ3675円。手作り三味線キットが沖縄から届く!

・クライミングを始めると、うつ病になりません

・“生態系”と一緒に暮らしてみませんか?

・居候になるための七か条が制定されました

・3時のおやつはシャボン玉!? おいしいよ〜

・焚き火が心と体にいい本当の理由

・FUROSHIKIで世界を旅する

・キミは知っているか? あの黒いカセットテープを

・げんべいのビーサンをカスタムするっていう手もあるぞ

・レア度100%なペイントブルース

・今年こそ波乗りしたいあなたの必見のムービー

・そうだ、週末は中国へいこう! オモロイ人たちに会いにネ

・ワンルームにあきたらバスに住もう

・みそと暮らす愉しみ

・東京メッセンジャーの人気No.1はハンドメイドだよ〜ん

・アフリカン・パンクはジンバブエの空き缶オイルランプに宿っていた!

・ニッポンにもゲストハウスが急増中なのだ!

・ヨガで腹筋のわれた女はお好きですか?

・ドストエフスキー流「退職願」の書き方

・DO YOU KNOW ニュージーランド式ホームパーティー?

・札幌にアート系図書館誕生。そのつくりかたは?

・おフランス発「レゲエ島ゲーム」上陸

 

■インタビュー/ぼくらはみんな旅をしている。

・枡野浩一

・平山ユージ

・東野翠れん

・ショコラ、片寄明人

・鈴木拓(ドランクドラゴン)

・荒俣宏

・塚本高史

・石川亜沙美

 

■特集/夏フェス。

・それはウッドストックからはじまった

・シノヤマさん、フジロックはいかがでしたか?

・夏フェス会場は「ドラクエ」でした

・東京スカパラダイスオーケストラの夏フェス案内

・全米一の旅バンドに聞いた「日本のフェスの実力」

・b*pトラベルが世界のフェスにご案内しま〜す。

・スタイリスト宮澤敬子さんの「全天候型フェス服」

・IDEEデザインチーム流・フェスのつくりかた

・グルーヴィジョンズの「グッドデザインなテント」探検隊

 

↑ 夏フェス特集<グルーヴィジョンズの「グッドデザインなテント」探検隊> (写真=久家靖秀)

 

・パトリス・ジュリアンさんのフェス弁当

・肉いわく「焼くなら直火にしてちょーだい!?」

・「キング・オブ・屋台めし」を探せ!

・フジロック・朝霧・ライジングサンSNAP/人はなぜ、夏フェスに行きたがるのか?

・今年の夏フェスに何を持っていきますか?/KEISON、国井律子、Minalu、小野恵子、セニョール鈴木、仲村玄徳、須藤伸之、松川奈美子、大森竜太

【綴じ込み付録】2004夏フェスカレンダー

 

■旅/ビート詩人ゲイリー・スナイダーが結婚式を挙げた島へ。

↑ <ビート詩人ゲイリー・スナイダーが結婚式を挙げた島へ。> (紀行文=ホーボージュン 写真=菅野ぱんだ>

 

■HOWL EARTH CATALOG 毎日を旅にする42の道具。

・全世界の旅人が待ち望んだ新iPod

・音楽漬けの旅にはMP3×スピーカー/東芝、ソニー、アイワ

・公園DJデビューにはこの2台/ベスタクス

・日本で買えない日本のラジカセ/ソニー

・肩に乗せて歩きたい中古ラジカセ/三洋電機、シャープ、マランツ

 

↑ <HOWL EARTH CATALOG 毎日を旅にする42の道具。> (写真=山本智)

 

・大地の音が聞こえる民族楽器たち/口琴、ディジュリドゥー、ジャンベ

・虫とり水やり肥料なしの宅配オーガニック野菜

・一日でつくれるアイヌの小屋/二風谷式チセ

・世界を平和にする革命的寝床/ブラジリアンハンモック。マヤンハンモック、バルバドスハンモック、ヘネシーハンモック

・マトリョーシカみたいな入れ子鍋/MSR、ティファール、ラゴスティーナ

・ダサかっこいい1980年代の旅ワゴン/フォルクスワーゲン「カラベルGL」

・バックパックで背負える舟/フェザークラフト「カフナEXP」

・波乗りはメローな気分のロングボード/ワイドピンテイル

・『ホール・アース・カタログ』をよく考えるための本

 

■編集後記/b*p編集スタッフお気に入りの本・音楽・映画……


↑ ラストのこのメッセージだけは、いまなお不滅だと自負しております。

 

いかがだったでしょうか? いまふりかえるとなんだか恥ずかしい気もしますし、そういう時代があったなー懐かしいな―と思う企画もありますが、時代を先取りしていた未来予測的な企画もあったのではないか…と。

この夏も、またいろいろなフェスで会いましょう。それまで、みんな元気でね!

→『b*p』第2号につづきます!