【燻製入門】家でもできる!本格ベーコンを1週間でつくろう | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 料理・レシピ

    2020.04.28

    【燻製入門】家でもできる!本格ベーコンを1週間でつくろう

    私が書きました!
    ラテンアメリカ愛好家
    志田岳弥
    1991年生まれ。琉球大学農学部を卒業後、ペルーで2年間を過ごす。帰国後、日本流通産業新聞社に記者として入社。2年後に会社を辞めて再び南米へ渡航し、チリのサーモン養殖を取材。「月刊養殖ビジネス(緑書房)」などに寄稿。岐阜県飛騨市在住。個性あふれる地域住民との交流がマイブーム。趣味はシーカヤックと渓流釣り。

    キャンプ料理でよく使われるベーコンですが、みなさんは自分でベーコンを作ったことがありますか?ベーコンは燻製された豚肉なわけですが、実は家庭でも簡単に作ることができます。しかも本格的で、市販のベーコンよりもずっと美味しいものを。この記事では、家でもできる本格ベーコンを、1週間で作る方法を紹介します。

    材料

    まずは材料から。以下のものを用意してください。

    1. 豚バラ肉ブロック(500g)
    2. 塩(15~25g)
    3. こしょう(5〜15g)
    4. 三温糖(5〜15g)
    5. ハーブ(ローリエやオレガノなどをお好みで少々)
    6. 酒(日本酒やウイスキーをお好みで少々)

    食材以外では、市販の燻製器、スモークチップまたはスモークウッド、食材を乾燥させる干し網が必要です。

    1週間の工程

    燻製作りは、燻す前の工程が非常に大切です。一つ一つの工程自体は難しくありませんが、ベーコン作りには最低でも1週間が必要。その分、食材を育てるような感覚を楽しめるのが、燻製作りの魅力でもあります。1週間の工程とポイントをまとめたので、実践に移る前に確認していきましょう。

    塩漬け&塩抜き

    それでは各工程を解説していきます。まずは下処理。塩漬けをする前に肉をよく洗い、竹串などで肉に穴を開けましょう。こうすることで、塩分が良く浸透します。グサグサと満遍なくやりましょう。

    塩、こしょう、三温糖を肉全体にまぶしていきます。分量をいちいち計るのが面倒だという不届き者は、調味料が肉全体をまだらに覆うくらい、と覚えておいても構いません。ハーブや酒も、このタイミングで加えます。私はいちいちハーブを選ぶのが面倒だという不届き者なので、さまざまなハーブが入ったクレイジーソルトを使いました。調味料を満遍なく肉にまぶしたら、すり込んでください。それが終わったら、肉をラップに包み、ジップロックなどに入れて冷蔵庫で保管します。均一に調味料が浸透するよう、保管中は肉を揉んだり、ひっくり返したりして、愛情込めて肉を育てましょう。保管期間はだいたい4〜5日間。

    塩漬けを終えた肉塊をボールなどに入れ、2時間ほど流水にさらします。これが塩抜き。終わったら水分を優しく拭き取り、乾燥に移ります。

    乾燥

    塩抜きが終わった肉を、干し網に入れて乾燥させます。直射日光が当たらず、風通しの良い涼しい場所が理想です。時間は8〜12時間程度。目安は肉の触り心地で、表面がさらさらしていればOKです。冷蔵庫で乾燥させる場合は、24時間はみておきましょう。乾燥は、ベーコンの良し悪しを左右します。十分に脱水できてないと、酸味の強いベーコンになります。このあたりは好みにもよるので、ベーコンを研究したいという方は、乾燥時間を変えてみても面白いと思います。

    次に、燻製器を使って肉を乾燥させます。スモークチップやスモークウッドを使わず、熱源だけを使います。燻製器内を50度前後に保ちながら、1時間ほど乾燥させます。

    燻製

    さあ、ここでやっとベーコン作りのフィナーレである、燻製です!いままで穴を開けたり、揉んだり、乾燥させたりして育成してきたお肉を燻すときがきました。今回はカセットコンロとSOTOの燻製器を使用し、ベランダで行いました。家庭のキッチンで使える燻製器であれば、屋内でも大丈夫です(換気扇を最大出力で稼働しましょう)。

    燻製器に肉を吊り下げて、スモークチップを皿に盛り、コンロを点火。燻製機内の温度は、50度〜70度程度であれば問題ありません。燻製時間は、2〜3時間程度です。チップにもいろいろ種類があるので、気になる方は前回の記事(https://www.bepal.net/cooking/87258)をチェックしてみてください。スモークウッドの場合も手順はさほど変わらず、着火したウッドを皿に置いてセットするだけです。

    しっかりと色が付いたお肉。もうベーコンと呼んで差し支えない仕上がりになりました。ただ、ここではまだ実食せず、ぐっと我慢することをおすすめします。一晩おくことで、煙の匂いが落ちつき、味がなじむからです。そのまま燻製器の中に放置してもいいですし、冷蔵庫の中に保管してもかまいません。ただ、ラップなどで密閉はしないようにしましょう。この最後のひと手間が終われば、本格ベーコンの完成です。

    まとめ

    できあがったベーコンは、冷蔵庫の中であれば1ヶ月ほど保存がききます。パスタやソテーなど、さまざまな料理との相性は抜群で、そのまま炙って食べても絶品です。アウトドアで料理をするために仕込んでおいてもいいですね。簡単で、長く楽しめて、さらに美味しい自家製ベーコンにぜひチャレンジしてみてください!

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    食べて夏バテ予防!レモンで作る簡単キャンプ飯レシピ2選

    2024.07.16

    大人気「缶つま」!今すぐ食べたくなるおすすめ缶つま&絶品アレンジレシピを紹介

    2024.07.15

    ソトでも使いやすい!チューブタイプの「ほりにし監修 ぷちぷちレモンマスタード」が出た

    2024.07.14

    キャンプ飯に最適!アイラップを活用した簡単そぼろ丼レシピ

    2024.07.14

    無印良品からキャンプにピッタリの新商品が出た!フリーズドライスープ全6種レビュー

    2024.07.13

    夏キャンプは自作の「クラフトコーラ」でちょっと贅沢な時間を過ごしてみませんか?作り方紹介

    2024.07.12

    簡単おつまみキャンプ飯20選!ビールやワインに合う最強レシピを厳選

    2024.07.10

    ビーフシチューのアレンジ10選!余ったシチューで簡単・美味しいレシピを!

    2024.07.10