非常時にも役立つオイル無しで火がつくファイヤースターター | 自作・DIY 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 非常時にも役立つオイル無しで火がつくファイヤースターター

    2015.11.14 長谷部雅一

    万が一ライフラインが止まったとしても使えるのが「オイル無しのライター」。使うときは本体先端に真鍮の棒を付け、その先にフリントを装着し布やすりで削ってカスを作る。勢いよくこすって大きな火花を散らし、ティッシュに着火。ガスやオイルがなくても着火できる道具です。考案者の長谷部さんが試行錯誤すること7回。改良に改良を重ねてできたファイヤースターターは、本体の中に着火用の素材をすべて収納できるコンパクトなもの。災害に備えて作ってみてはいかがでしょうか?

    【材料】

    キャプチャ

    (右から)棒状の角材(15×15×80㎜以上)。真鍮の棒(直径5×50㎜以上)。オイルライター用のフリント。コルク。細めの革ひも(直径2×150㎜以上)。火種にするためのティッシュ。60番の布やすり。

    【道具】

    キャプチャ

    (上段右から)電動ドリル。10㎜、5㎜、2.4㎜の3種類の刃。目の細かい金やすり。ペンチ。カッター。(下段上から)金のこぎり、のこぎり、定規。

    【作り方】

    1.真鍮の棒を切る

    キャプチャ

    真鍮の棒を30㎜の長さに切る。作業台の上で、金のこぎりを使って切っていく。けが防止のため、棒を支える手にはグローブを着用すること。

    2.棒に穴をあけばり を取る

    DMA-il-1

    キャプチャ

    電動ドリルに2.4㎜の刃をつけ、真鍮の棒の断面中心に穴をあける。穴は図のように約2㎜の深さに。棒の下部はペンチでしっかりはさんで固定する。

    キャプチャ

    穴をあけた真鍮の棒のばりを取る。目の細かい金やすりを使うと作業しやすい。上の工程に引き続き、ペンチでしっかり固定しながら削っていく。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 自作・DIY 』新着編集部記事

    そろそろ冬支度!ベランダ栽培のローズマリーで、うがいやヘアケアに使える「ハーブチンキ」作りを

    2022.11.12

    都心に住むDIY好きの人を応援する体験型のホームセンター「DCM DIY place」に行ってみた

    2022.11.12

    実は元祖だった!ブラック・アンド・デッカーのエコなハンディクリーナーでテントも簡単お掃除

    2022.11.07

    旅の思い出にいかが? 箱根強羅公園の「クラフトハウス」でとんぼ玉作り

    2022.10.23

    焚き火調理に必要なトライポッドを作る!初心者でも簡単にできる方法を紹介

    2022.10.17

    いも掘りシーズン到来!さつまいものつるを活用してリースを手作りしてみよう

    2022.10.08