非常時にも役立つオイル無しで火がつくファイヤースターター | 自作・DIY 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2

非常時にも役立つオイル無しで火がつくファイヤースターター

2015.11.14

3.角材を切る

キャプチャ

のこぎりで棒状の角材を80㎜の長さに切る。これがファイヤースターターの本体部分となる。

4.角材の断面に穴をあける

DMA-il-2 DMA-il-3

キャプチャ

2の真鍮の棒を差す穴を作る。電動ドリルに5㎜の刃を付け、角材の片方の断面中心に直径5㎜、深さ10㎜の穴をあける。断面にエンピツなどで対角線を引くと中心がわかりやすい。

DMA-il-4 キャプチャ

フリントなどを収納する穴を作る。電動ドリルに10㎜の刃をつけ、上の工程と反対側の断面に直径10㎜、深さ50㎜の穴をあける。最初に直径3~5㎜の仮の穴をあけておくと作業しやすい。

5.角材の側面に穴を貫通

キャプチャ

電動ドリルに2.4㎜の刃をつけ、4で直径5㎜の穴をあけたほうの、端から約25㎜の部分に、穴を貫通させる。貫通した刃でけがをしないよう注意。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。