相棒はビールと焚き火と村上春樹!「ソロキャンプ」って世のお父さんが辿り着く楽園かも? | キャンプのコツ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンプのコツ

    2023.08.08

    相棒はビールと焚き火と村上春樹!「ソロキャンプ」って世のお父さんが辿り着く楽園かも?

    テントはあえて2人用をチョイス。モンベルのステラリッジテント2を使用している。車で移動することも多く、重さに対してはさほどシビアではない。快適さや楽しみを重視。

    もともと家族キャンプ愛好家でした

    3人の子供たちといっしょにあちこちに出かけ、父娘キャンプを楽しんでいたという佐藤貴幸さん。しかし、部活や習い事、受験勉強と、子供たちの生活が忙しくなり、数年前から、ソロキャンプの割合が増えてきた。

    「世の中のお父さんが通る道ですよね」。そう言いながら、ソロキャンプならではの魅力を教えてくれた。

    「時間ができたらすぐに出かけられるし、現地に着いたら、食べたいときに食べ、飲みたいときに飲める。それに、離島や山のテン場とか、家族では行きづらい場所にも行ける。目的地の選択範囲が広がり、時間の使い方も自由になりました」

    3人娘を連れてファミキャン三昧だったが、ここ数年でソロキャンに開眼。年に数回、同じ境遇のみなさんとキャンプをすることもある。

    そんな佐藤さんのソロキャンでの過ごし方は、読書と焚き火とお酒。山のテン場に行くとき、荷物は極力減らすが、お酒は必ず持っていくそう(笑)。

    「最近は村上春樹を読み直しています。好きな音楽を聴きながら本を読んだり、ビールを飲んだり。僕にとっては最高にリラックスできる時間なんです」

    佐藤さん愛用のソロキャンプ道具

    コンパクトで座り心地抜群!

    ヘリノックスのコンフォートチェアでリラックス。読書やお酒を楽しむ時間が長いので、座り心地は重要なのだ

    調理器具は入れ子式で収納

    モンベルのアルパインクッカーを愛用。バーナーやカトラリーは内部に収納する。調味料一式はミニバッグにセット。

    ひとり時間を豊かにするアイテム

    スピーカー、ソーラー充電器、充電式LEDライトは必須アイテム。テーブルは軽量な布製天板のロールテーブルがお気に入り。

    ひと工夫でソロキャンプ料理を簡単に!

    一人のキャンプだから時短、手抜きは大いにするべき。ソロキャンプ達人・佐藤さんの時短テクをご紹介!

    鉄鍋で作る豚バラチャーシュー。重たい荷物を気にせず運べる車でのソロキャンでは、鉄鍋で豪華な食事をすることも。

    鶏肉やジャガイモ、タマネギなどが入ったタッカンマリ(鶏の水炊き)のおかゆは朝ごはんの定番。朝から元気全開。

    ポリ袋に米と水を入れ、隙間をあけて口をしばり、約30分煮れば炊飯完了。鍋を洗う手間も省け、災害時も役に立つ。

    地元の市場で見つけた塩鯖を使った炊き込みご飯。地元食材を調達するのも、キャンプご飯の楽しみのひとつだ。

    ステーキ&ペペロンチーノはキャンプご飯にオススメ。見た目は豪華だが、材料はシンプル。調理も短時間ですむ。

    100均で見つけたミニバッグを活用。調味料を収納し、調理台の横にひっかけておけば、使い勝手抜群!

    ソロキャン仲間が集結!大型テントでソトアソビ

    佐藤さんは年に数回、集合型のソロキャンプも楽しんでいるという。

    「キャンプで知り合った仲間と、北アルプスの涸沢のテン場を目指したのが、集合スタイルのはじまりです。それぞれが自分の道具を背負うのがお約束。食事だけはいっしょにしますが、あとは自由です」

    その仲間にSUPをはじめた人がいて、一気に伝染。海キャンプもするようになった。
    「食事担当、ドリンク担当など、役割をざっくりと決めますが、あとはかなりテキトー。SUPをしたいときにして、ビールを飲みたいときに飲む。見た目はグルキャンですが、中身はソロキャンプですね」

    場所選びも移動手段も自由自在という喜びを知ったら、もう突き進むのみ。佐藤さんは、ファミキャンとは異なる、新たなキャンプの泥沼にハマってしまったようだ(笑)。

    集合型ソロキャンこだわりアイディア

    テント内をひとり占め!

    ファミキャンで使用する大型テントにコットをレイアウトし、ゆったりと就寝。ギターを奏でることもある。

    椅子に座ってクッキング!

    薪ストーブとバーナー2台を組み合わせたキッチン。道具一式は棚として使っているリンゴの木箱に収納。

    同じモデルを全員が持参

    ひとり1台持っているのが、ユニフレームの焚き火テーブル。くっつければダイニングテーブルに早変わり!

    ボーターブルシャワーが活躍!

    フットポンプで圧力をかけて水を出す、ニーモのヘリオLXプレッシャーシャワー。海キャンプの秘密兵器だ。

    ※構成/松村由美子 撮影/富貴塚悠太 撮影協力/sotosotodays CAMPGROUNDS

    NEW ARTICLES

    『 キャンプのコツ 』新着編集部記事

    自在金具の使い方を種類別に解説!キャンプでの必需品を使いこなすには?

    2024.04.06

    キャンプのレイアウトを考えよう!参考になるものを状況やグッズなどとあわせて紹介

    2024.03.27

    雪中キャンプ、北欧ではどう楽しんでいる?テントの選び方ほかスウェーデンのアウトドアガールが解説

    2024.02.29

    柱へのロープの結び方8選!キャンプで活躍するスキルを身に付けよう

    2024.02.20

    南京結びって知ってる?トラック荷台の結び方だけどキャンプでも便利だぞ!

    2024.02.06

    冬キャンプで失敗しないために必携の持ち物とは?経験者が明かす三大失敗談も

    2024.01.30

    スノーキャンプの魅力と持ち物を解説。女子キャンプで挑戦した冬遊びや防寒具も!

    2024.01.15

    アウトドアこたつで寒さを吹き飛ばせ! 夜の長い冬キャンは星空観察に絶好だ

    2024.01.05