想像を超えた薄さ&軽さ!「IKEUCHI ORGANIC」のタオルTシャツが快適すぎた | サスティナブル&ローカル 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • サスティナブル&ローカル

    2024.06.27

    想像を超えた薄さ&軽さ!「IKEUCHI ORGANIC」のタオルTシャツが快適すぎた

    汗をかく季節に大活躍のタオル。いっそこのタオルを着てしまえば、汗を拭く手間が省けるのではないか、なんて考えたことありませんか? 

    いくつかタオル生地の洋服を着たことがありますが、確かに汗は吸ってくれている気がするけど、ちょっとゴワゴワ感というかフィット感に欠けるといった記憶があります。

    まあ、タオルの厚さを考えれば仕方がないことと思い込んでいたら、薄手で着心地のいいタオル生地のTシャツが「IKEUCHI ORGANIC」から登場しました。ファンミーティングでお披露目され、まだ価格や発売日が決まっていない段階で予約するほど一目ぼれしたTシャツをご紹介します。

    IKEUCHI ORGANICとは

    風力発電

    会社内の電力は、風力発電でまかなわれることから「風で織るタオル」と呼ばれています。

    着心地のよさを追求して誕生した「IKEUCHI ORGANIC」の『オーガニック1040 Tシャツ』は、タオル地のTシャツとしては異例ともいえる薄さと軽さを実現したオーガニックコットン100%のTシャツです。

    そんなTシャツを作り上げた「IKEUCHI ORGANIC」は、最大限の安全と最小限の環境負荷でテキスタイルを作るメーカーです。タオルの産地として知られる愛媛県今治市で1953年に創業し、2014年の60周年に、現在の「IKEUCHI ORGANIC」に社名変更し、オーガニックコットンにとことんこだわった製品づくりを行なっています。

    製造工程にもこだわり、2002年には、社内で使用する電力の100%を風力発電でまかなう日本初の企業になり、この取り組みから「風で織るタオル」と呼ばれています。

    また、原材料のオーガニックコットンからタオルができるまでのすべての過程がトレーサブル。タオルを購入したときに、QRコードが書かれたカードが同梱され、タオルになるまでのコットンの旅が確認できます。タオル本体の織り糸がオーガニック100%なのはもちろんのこと、縫製糸もオーガニックコットンというメーカーは、なかなか見つけられません。

    それほどの厳しい条件をクリアして織り上げられるタオルですが、今治タオルのタグが見当たりません。このタグは、今治タオル工業組合の独自の品質基準をクリアした商品のみが今治タオルブランドと名乗ることができ、そのタグをつけることができるというもの。

    今治タオルのタグとIKEUCHI ORGANICのタグ

    白と赤と青のタグが今治タオルの基準をクリアしたときに付けられるタグです。IKEUCHI ORGANICのタオルにはメーカーのタグのみが付けられています。

    「あのタグ自体は、オーガニックコットンではないので付けていないんですよ。」(IKEUCHI ORGANIC代表 池内計司さん)

    今治タオルであることから選ばれるタオルではなく、IKEUCHI ORGANICだから選んでいるファンが多いタオルということがわかります。それほどまでに、オーガニックにこだわる理由をうかがってみると、

    「とにかく気持ち良い安心安全なタオルを作りたい。ただ、それだけです。そのために選んでいるのが、オーガニックコットンで、風力発電です。1枚のタオルに携わる綿農家さん、糸にする人、織る職人たち、伝える私たち、使うみなさん全員が幸せか?を問いながらモノづくりをしたいと考えています。」(IKEUCHI ORGANIC 営業統括兼広報 タオルソムリエの益田晴子さん)

    全方位で幸せになれるタオルですね。

    IKEUCHI ORGANICの工場内

    食品工場レベルのISO-22000を取得したIKEUCHI ORGANICのファクトリー。

    ちなみに、今治タオルの基準をクリアしていることは、今治タオルブランドの商品検索で確認でき、IKEUCHI ORGANICのタオルが登録されていることがわかります。さらに、できあがったタオルは赤ちゃんが口に入れても安全なほどで、繊維製品に有害物質が含まれていないことを証明する世界最高基準のエコテックス・スタンダード100で一番厳しいクラス1認証を受けています。

    そして、創業120周年となる2073年には、「赤ちゃんが食べられるタオルを創る」ことを目標に、日々進化を続けています。食べられるタオルとは、発想もしませんでしたが、2015年には、食品工場の安全基準であるISO-22000をタオル業界で初めて取得していることから、本気なのだと感じました。

    かなりの覚悟が必要なのではないかと勝手に想像していましたが、「常に目標を見上げる。未来に向けてボールを投げて、その先を見ながら少しずつでも前に進む。同じ目標を見ていることで、1人じゃないという思いが乗り越えていけるパワーになっていると思います。」(益田さん)

    店舗に行く度に、スタッフのみなさんがタオル愛に溢れていると感じるのは、同じ高い目標に向かっているからこそなのだと改めて感じました。

    タオルは種類も豊富で好みや目的別に選ぶことができる

    ボリュームや軽さなどタオルの特徴をチャートで教えてくれます。

    タオルは、好みがわかれる日用品です。柔らかいタオルが好きな人、しっかり重量感のあるホテルのようなタオルが好きな人など、購入前はどれにしたらいいのか悩みます。オンラインで購入するならタオルのチャートを参考に、東京と京都の店舗に出向くなら、実際に使って検討することができます。

    手を洗って並べられている多くの種類のタオルから選んで試すことができるのですが、それらは何度も店内の洗濯機で洗ったものなのです。洗濯して、どのように変化するのかも実感できるのもうれしいところ。

    また、タオルを長く、心地良く使えるようにと洗濯のアドバイスももらえますし、タオルメンテナンスというクリーニングサービスも行なっています。貴重なオーガニックコットンで織り上げられるため、長く愛用してもらいたいという思いが込められています。購入時には多少高額と感じるかもしれませんが、筆者は、15年ほど使っているタオルもあります。肌触りや吸水性が長持ちし、まだまだ快適に使えていることを考えると、コストパフォーマンスはとてもいいと感じています。

    肌触りのいいタオルをいつも身に纏える「オーガニック1040 Tシャツ」

    新製品のオーガニック1040 Tシャツ 

    オーガニック1040 Tシャツ サイズ:S/M/L カラー:ホワイト 価格:14,300円/チャコールグレイ 価格:18,150円(すべて消費税込み)

    新製品が誕生するたび、そのこだわりに驚かされていますが、この春、タオル地のTシャツが誕生しました。それが、「オーガニック1040 Tシャツ」です。

    このオーガニック1040というのは、サラサラで爽快な新触感のオーガニックコットン100%の超軽量タオル生地で、デュベ(布団カバー)用に開発されました。通常のタオルの半分の細さの糸を使って極限までパイルの長さを短くして織り上げられたデュベは、通常のタオルと比べ、約60%の軽量化を実現しています。

    パイルが短いことで引っかかりにくく、試してみると、肌あたりもサラサラでした。眠りを快適にと織り上げられたデュベ用生地で、なぜTシャツを作ろうと考えたのでしょうか。

    「家の中だけに限らず、日常生活、旅先やアウトドアといったあらゆるシーンで、居心地や着心地といった快適性を求める人が増えています。いつでもどこでも、オーガニックタオルの気持ちよさを感じていただきたいという思いから、Tシャツを完成させました。」(益田さん)

    とはいえ、タオル生地は、ニットのように編み上げるのではなく、織りのため伸縮性がありません。そのため、従来通りの縫製では、カラダにフィットせず着心地が損なわれます。そこで考え出されたのが、1枚の生地と首回りのニットの2枚のパーツで縫製すること。

    Tシャツの首回り

    首回りは伸縮性のあるニットに。

    かぶるタイプのポンチョをイメージするとわかりやすいかもしれません。前後の身ごろを縫製するという、最小限の縫製で仕上げるパターンを採用したそうです。

    「生地は繊細でデリケート。伸び縮みしないため、縫製にはかなりの技術が必要となります。職人の熟練の技で11枚丁寧に仕上げています。」(益田さん)

    首回りは、ニットということで伸縮性がありますが、全体はタオル生地。タオル生地で身に纏うものといえば、バスローブを思いうかべますが、その場合、浴衣のように自分のカラダにフィットさせます。ですが、Tシャツの場合は、そうはいきません。一体どんな着心地なのか気になりますよね。

    Tシャツの袖口から裾までの縫製

    袖口から裾まで縫製されていることがわかります。このTシャツの縫製糸はオーガニックではありません。

    着てみると、肌離れがよく、サラサラでとても軽い。今までに着たことがない感覚で、伸縮性がないということが全く気になりませんでした。バスローブも水分を吸ってくれている感覚はありますが、あのゴワゴワした感じはゼロ。薄いとはいえタオル生地であるため、汗を吸ってくれ、常に汗を拭いてくれている状態なのか、サラサラ感が続きます。

    エアコンの効いた屋内では、少し暖かいような感じもありました。アウトドアで汗をかいたときに、従来のTシャツの場合、体にまとわりつくこともありますが、そんな不快感も全くなし。何にもたとえられないような着心地です。

    「海やシャワー、サウナのあとなど、肌や五感が敏感になっているときに着ていただけると気持ちよさをなお感じていただけると思います。このTシャツで眠りについていただくこともおすすめです。」(益田さん)

    眠っているときも汗をかくことを考えると、日中だけでなく夜も着用したくなりますね。

    身長160cmでMサイズを着用

    身長160cmでMサイズを着用。ヒップが半分隠れるくらいの丈感です。

    この着心地のよさを体験すると、Tシャツだけでなく他のアイテムも欲しくなります。と思っていたら、

    24時間いつでもどこでもオーガニックタオルの気持ちよさを感じてほしいので、インナーの開発も進めています。」(益田さん)

    これは、うれしい。夏のキャンプなら、1040のシリーズアイテムだけで過ごせる日がくるかもしれませんね。カラーは、ホワイトとチャコールグレイ。汚すことが心配でチャコールグレイを選びましたが、ホワイトも気になります。この夏は、まず「オーガニック1040 Tシャツ」の着心地を体験してみてはいかがですか。

    IKEUCHI ORGANIC
    https://www.ikeuchi.org/onlinestore/

     

    私が書きました!
    ロハスジャーナリスト。フリーアナウンサー。
    林ゆり
    関西を中心にテレビ、ラジオ、舞台などで活動後、東京に拠点を移し、執筆も始める。幼いころからオーガニックに囲まれて育ち、MYLOHASに創刊から携わる。LOHASを実践しながら、食べ物、コスメ、ファッションなど、地球にやさしく、私たちにもやさしいものについてWeb媒体やブログで発信中。

    NEW ARTICLES

    『 サスティナブル&ローカル 』新着編集部記事

    「江戸時代最大の乱」に思いを馳せながら島原半島の海岸線をサイクリング

    2024.07.10

    縄文、ハニワって面白い! 夢枕 獏と考古学者・若松良一が語る「古代史の遊び方」

    2024.07.09

    破けたら直して使おう! 簡単にできて刺繍がかわいい「ダーニング」超入門

    2024.07.09

    水辺で拾った海洋ゴミで楽器作りはいかが?夏休みの自由研究にもおすすめ

    2024.07.07

    不用品をキャンプファニチャーにアレンジするスゴ技教えます!

    2024.07.07

    1本の竹から作る竹工作円ギア6選!難易度別に作り方を解説

    2024.07.06

    気象予報士・菊池真以さん伝授!昼は雲、夜は星を肉眼で楽しむ「空の観察」の楽しみ方

    2024.07.05

    地方の0円物件でアウトドア拠点を手に入れられる!?

    2024.07.02