ハイジの世界を体験!イタリア北東部・ドロミテにある標高2,000mのファミリーパークをご紹介 | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海外の旅

    2024.06.06

    ハイジの世界を体験!イタリア北東部・ドロミテにある標高2,000mのファミリーパークをご紹介

    イタリア北東部、東アルプスの一部に位置するドロミテは、2009年に世界自然遺産にも登録された世界有数の山岳景色を堪能することができる場所です。前回の記事(https://www.bepal.net/archives/411873)ではこの地方で体験できる少し変わったアクティビティを紹介しました。

    今回はドロミテの山や南チロルの文化が大好きな筆者が実際に行ってみて、子供が大歓喜した公園を2箇所紹介します。

    アウトドア好きファミリーにはたまらない!子供が夢中になる山の上の公園

    こちらの公園も遊具がいっぱい。空気の美味しい場所で思い切り体を動かして遊ぼう。

    南チロル地方はファミリーフレンドリー

    世界有数の観光地でもあるこの地方は、イタリアの中でも特に子連れ旅行者に優しい地域です。子連れに嬉しい特典や大きなキッズスペースのあるファミリー向けホテルが多く、至る所で子供向けのサービスが充実しています。旅行客もスタッフもみんな子供たちに慣れていているので、どんな場所に行っても周囲に気を使って肩身の狭い思いをするなんてことはありません。

    雄大な山々に囲まれ広い芝生を自由に駆け回ることができるのは、都会ではできない体験です。大人も子供もストレスフリーでのびのびと過ごすことができる。それこそが、私が子連れ山旅行を愛する一番の理由かもしれません。

    空に近い場所にあるふれあい動物園

    小学生の子供が大喜びした南チロル地方の公園、1つ目はファミリーパーク・シュパイクボーデンです。アールンタール渓谷を走る公共バスの停車場を降りて、すぐの場所にゴンドラ乗り場があり、お手軽に上へと向かうことができます。

    ゴンドラに乗って、いざ山の上のファミリーパークへ!

    標高2,000m地点に到着すると、そこには息を呑むようなパノラマが。景色に見惚れながら少しだけ歩いて行くと、飾り気のない木の柵で囲われたふれあい動物園に到着です。

    派手さはないが、景色と動物たちに癒される。

    羊やヤギ、牛、豚、猫、にわとりなど、どの動物たちも人懐こくのんびりとしていて、ベンチに腰掛けているだけで隣に寄ってきてくれたりします。羊に触った娘は、羊毛の柔らかさと温かさにびっくり!トコトコとお母さんの後ろをついて行く子ヤギは、「アルプスの少女ハイジ」に出てくるユキちゃんのようです。

    どの動物たちも好奇心旺盛なのか、自分から寄ってきてくれる。

    中でも子供たちを魅了していたのが、小さくフワフワのうさぎたち。一度抱っこするとその可愛さに誰もがメロメロになってしまい、離れることができなくなってしまうほどです。「もう行くよ」と親が声を掛けても、「もうちょっとだけお願い!」とねだる子供が続出していました。

    写真に撮ることはできませんでしたが、敷地内に巣穴があるので、運が良ければ野生のアルプスマーモットを見ることもできますよ。

    娘はこの動物園が気に入りすぎてしまい、ドロミテ滞在中になんと3回も行くことに。

    シュパイクボーデンには、動物園の他にもこの地方ならではの遊具があります。干し草を敷き詰めた木の小屋の中で思い切りジャンプしたり寝転がったりできる「干し草ジャンプ」、そして金槌やカンナで大工気分を味わえる木工細工体験コーナーなどです。

    カンナ掛けコーナーで削った木屑は、売店で売られている袋に詰めて持ち帰ることもできます。

    自分で削った木屑をお土産に。爽やかなヨーロッパハイマツの香りには、安眠効果があるのだそう。

    動物たちも、干し草や木工細工道具も、どれもこの地方ではありふれたものです。でもだからこそ「これぞ南チロル!」と感じることができるし、他では味わえない魅力を感じられるのかもしれません。

    作り込んだ派手なものじゃなくても、豊かな自然の中にいるだけで子供たちは十分に夢中になれる。そう感じさせてくれる手作り感たっぷりな公園でした。

    渓谷ターザンなどのアクティビティが満載な公園

    子供が大喜びしたドロミテの公園、2つ目はクラウスバーグです。

    こちらもバスの停車場からすぐの場所にあるゴンドラに乗って、1,600mほど登った先に複数の子供向け施設が点在しています。

    1日かけても遊び尽くせないほど広く、様々な設備があるので遊び方は無限大。

    クラウスバーグの魅力はなんといってもその設備の多さ。無料で遊べる遊具のほかにも、渓谷をターザンのようにロープにぶら下がって滑走できる「ジップライン」、スピードを自分で調節できる二人乗りジェットコースターの「アルペンコースター」など、有料施設も充実しています。

    私たちが行った日は残念ながらお天気がコロコロと変わり、時折小雨も降っていました。水遊びができるアクアパークなどもあるので、もっと暑い日だったらさらに楽しめたかもしれません。

    恐竜たちがお出迎え。

    ディノランドの敷地内を自由に牛たちが歩いていて、まるで展示の一部のよう。

    クラウスバーグには、雄大な山を背景に大迫力の恐竜たちが並ぶディノランドもあります。近づくと恐竜の鳴き声や音声解説が流れてきました。

    ほかにも子供向けの簡単なボルタリング設備などもあり、飽きることがありません。

    最高の景色を見ながらだと、料理もさらに美味しく感じられる。

    思い切り体を動かして遊んだあとは、美味しい南チロル料理に舌鼓。

    シュパイクボーデンにもクラウスバーグにも、見晴らしの良い場所に山小屋レストランがあって郷土料理を味わうことができます。

    イタリア国内ではありますが文化的にはドイツ圏なので、ドイツ料理のジャガイモ団子クネーデルがとっても美味しい!ぜひドイツビールと一緒に味わってみてくださいね。

    Speikboden
    住所 Costa di Tures, 7
I-39032 Campo Tures – Alto Adige

    Klausberg
    住所 Enz Schachen 11
I-39030 Valle Aurina – Alto Adige

    公式サイト https://www.skiworldahrntal.it/it

    私が書きました!
    イタリア在住ライター
    佐藤モカ

    2009年よりイタリア在住。料理と旅行とモノづくりが趣味のシングルマザー。イタリア在住ライターとして多数の媒体に執筆する他、企業向けマーケティング・リサーチや料理研究など幅広く活動。海外書き人クラブ会員

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    ガラガラヘビに遭遇したときの適切な行動とは?【カリフォルニア動物ドッキリクイズ全4問】

    2024.06.21

    井浦 新さん&監督にインタビュー! 映画『東京カウボーイ』で感じる馬と人と自然のリズム

    2024.06.18

    メルボルン中心部を流れるヤラ川沿いを、ワケあって未明に歩いた【オーストラリア・メルボルン旅vol.1】

    2024.06.09

    二度目の高山病を乗り越え、世界で1番天国に近いヒマラヤの湖へ!【38歳女芸人・橋爪ヨウコの爆夢旅その9】

    2024.06.09

    New York Postに世界No.1と報じられた、中央アジアの国・タジキスタンのトイレを巡る旅

    2024.06.07

    開放されるのは年に数日だけ!ロサンゼルス近郊の知る人ぞ知るトレイルをハイキング

    2024.06.01

    砂漠が多いカリフォルニアの希少エリア!ロサンゼルスから2時間で行ける「カリゾ平原」って?

    2024.05.31

    探検家・環境活動家 山田高司さんに聞く「活動の原点」とは【動画公開中】

    2024.05.24