サバティカル「スカイパイロット シンセティック」の魅力を解説!使い勝手もコスパも最高だ | タープ・シェルター 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    タープ・シェルター

    2024.05.07

    サバティカル「スカイパイロット シンセティック」の魅力を解説!使い勝手もコスパも最高だ

    人気アウトドアブランド「サバティカル(SABBATICAL)」が手がける大型シェルター「スカイパイロット シンセティック」は、使い勝手がよく軽量、コスパも抜群とあって大人気。

    No.1アウトドア雑誌による「BE-PALアウトドアアワード大賞」にも輝いたこの「スカイパイロット シンセティック」のスペックや魅力を詳しくチェックしよう。また、そのほかのサバティカルの人気シェルター&テントも厳選して紹介する。

    サバティカルってどんなブランド?

    老舗の実力を魅せつけるテント群

    これまでディストリビューターとして世界の優れた製品を紹介してきた「エイ アンド エフ」が立ち上げたブランド。リリースされるやどれも爆発的人気で、入手困難状態が続いたほど。「SABBATICAL」の意味は使用制限がない長期休暇。名前どおり、テントのラインナップはどれもゆったりして、長期滞在してリフレッシュするのにうってつけだ。

    ▼参考記事
    個性豊かなギアを次々に生み出す!日本が誇る12のアウトドアブランドヒストリー【P~Z編】

    BE-PALアウトドアアワード大賞!「スカイパイロット シンセティック」

    アウトドアの祭典「BE-PAL アウトドアアワード」。1年のアウトドア業界を代表するノミネート候補の中から、サバティカル「スカイパイロット シンセティック」が「BE-PAL アウトドアアワード2023 大賞」に輝いた。


    デッドスペースがない居住性の高さと、既存モデルより8kg以上軽くなったことによる扱いやすさで「万人におすすめできる」「使いたくなるテントだ」「コスパがとても高い」と、審査員から絶賛され、テント部門賞を獲得した「スカイパイロット シンセティック」。見事大賞を受賞!

    審査員も絶賛!「スカイパイロット シンセティック」の魅力

    サバティカルの「スカイパイロット シンセティック」は、既存モデル「スカイパイロット TC」のファブリックを、TCからポリエステルに変更し、大幅に軽量化したニューモデル。省スペースで設営でき、4本のサブポールを使用することでデッドスペースがほとんどなく、居住性が高いのが特徴だ。

    ポールの素材もアルミに変更されており、それも大幅な軽量化につながっている。また、素材をポリエステ ルに変更したメリットは軽さだけにとどまらず、防水性にも貢献するなど、使い勝手を大きくアップデートさせた意欲作。

    真ん中にメインポールを配置するワンポール構造ながら、4本のサブポールで四方を立ち上げることで、大人数を収容できる空間面積を実現。中は高さも十分で広々空間だ。


    寝るときや寒いときはフルクローズにでき、風を通したいときはメッシュ窓にしたり、出入り口を立ち上げて開放感を高めたりと、スタイルや天候に合わせて形を変えられるのも魅力。


    「デッドスペースができてしまうワンポールテントの不利な点を、四方の張り出しで解消しているアイデアがイイ!」(ホーボージュンさん)

    「ポリエステル素材にすることで雨に強くなり、撤収時の手間も半減してくれる!」(高橋庄太郎さん)

    「長年、超ハードコアアウトドア集団のエイ アンド エフチームが自社のブランドで出して、ここまで来たっていうのが、まず面白い!」(長谷部雅一さん)

    「居住空間が広いから、ファミリーテントとしてだけでなく、グループでのキャンプベース的に使うのもおすすめです!」(森風美さん)

    「素材が変わるだけでイメージもだいぶ変わりますよね。この大きさでこの価格というのも◎です!」(BE-PAL編集長・沢木)

    ▼参考記事
    大賞は…スタイリッシュと話題のテントに決定!【第3回 BE-PALアウトドアアワード 2023】

    「スカイパイロット シンセティック」をさらに深堀り!特徴を解説

    SABBATICAL(サバティカル)
    スカイパイロット シンセティック

    サバティカルの「スカイパイロット TC」のファブリックを、TCからポリエステルに変更したニューモデル。省スペースで設営できながら、4本のサブポールを使用することでデッドスペースがほとんどなく、居住性が高いのが特徴。ポールもアルミ製にするなど、軽量化にもこだわっている。

    ●サイズ:W720×D380×H270cm
    ●収納サイズ:W80×D35×H29cm
    ●重量:13.9kg(ポール重量3.3kg、ペグ重量360g)
    ●付属品:本体、センターポール、サブポール×4、ハンガーテープ×2、ペグ×20、3mロープ×8、2mロープ×8、キャリーバッグ、ポールケース、ペグ・ロープケース

     

    空間を最大限利用した省スペース大型シェルター


    フラッグシップモデルの「スカイパイロット TC」のポリエステル版で、防水力、軽量性を実現。4本のサブポールによって、省スペースながらも大人数を収容できる空間を確保している。


    ランタンのハンギングに便利なオリジナル「ハンガーテープ」が付属。


    パネルを大きく跳ね上げられる機能も完備。余計なメッシュパネルやボトムのスカートを美しく巻き上げられる。


    オプションのインナーテントを吊るせば、4人仕様のツールーム空間にも。


    デッドスペースができてしまうワンポールテントの不利な点を、四方の張り出しで解消している。

    軽量、高強度を実現し、設営しやすい

    ポールは、従来のTCモデルと互換性があるので双方利用が可能。

    ポールには、軽量で腐食にも強い「A6061アルミ」を採用。ファブリックには軽量のポリエステル素材を使用し、設営もかなりラクになった。ちなみに従来のTCモデル(スチール製ポール採用)に比べ、総重量は6.6kgの軽量化を実現している。

    防水仕様で突然の雨でも安心

    素材は、150Dポリエステルオックス 遮光PU加工(耐水圧3,000mm)・撥水加工・UV加工。

    ポリエステル素材(150D)の表面は、撥水性を持たせるフッ素加工を採用。裏面はポリウレタン(PU)加工に。縫い目にはシームテープが施され、防水力を高めている。

    防水仕様のポリエステル素材は、撤収時の手間も半減してくれる。

    ▼関連記事
    SABBATICAL (サバティカル) / スカイパイロット シンセティック

    ▼参考記事
    防水性と軽量性がグッとアップ!サバティカルの高機能シェルター「Syntheticモデル」誕生

    スカイパイロット以外にも!サバティカルのおすすめテント&シェルター

    SABBATICAL(サバティカル)
    モーニンググローリー シンセティック

    「スカイパイロット シンセティック」同様にアップデートされたモデル。防水性と軽量性を追求し、雨に強くて設置しやすい仕様。同じく「A6061アルミ」を採用し、総重量は従来のTCモデル(スチール製ポール採用)に比べて4.95kgの軽量化を実現。

    ●収納サイズ:77cm×W36cm×H23cm
    ●総重量:9.4kg(ポール2.1kg、ペグ260g)

    フロントパネルは前面メッシュ。パネルは垂直にデザインされ、開放感のあるデザインに。

    左右2か所、内側にスライスされた下部ベンチレーターは雨の侵入も防ぐ。

    バックパネルの開口は、フルとハーフの状態を選択可能。バックパネルを閉じれば、サイドパネルを開口できる。

    ▼参考記事
    防水性と軽量性がグッとアップ!サバティカルの高機能シェルター「Syntheticモデル」誕生


    SABBATICAL(サバティカル)
    ギリア

    アーチフレームに独自のブリッジフレームをプラスした変形トンネル型。2人用と5人用インナー標準装備でお買い得感満点。2人用インナー使用時のリビングスペースは、(横から見て)幅が約370cmと、テーブルやチェアをセットしてもゆったり過ごせる。

    ●サイズ(約):520×300×H170cm(2人用/280×150cm、5人用/280×250cm)
    ●収納サイズ(約):67×35×H30cm
    ●総重量(約):13.8kg

    ブリッジフレームで3本のアーチポールを固定。アーチポール間にテンションがかかり、テントとしての剛性がアップ。

    インナーをはずせば広いシェルターに。

    ▼参考記事
    最新キャンプギアを試して徹底批評!最新ファミリー用テント4選


    SABBATICAL(サバティカル)
    アルニカ

    設営が簡単でアーチの美しいトンネル型の構造にブリッジフレームで剛性を高めた。タープに、シェルターにとアレンジ可能で、瞬く間に人気モデルに。

     

    ▼参考記事
    「第1回BE-PALアウトドアアワード」大賞発表! ファミリーテント部門に輝いた5つのテントとは…?


    SABBATICAL(サバティカル)
    サバルパインドーム

    張りのある三角形の面(トラス構造)が12か所もある、強度に優れたドーム型シェルター。各面のメッシュ窓はフルクローズ可能で、天候やシーズンを問わず活用できる。天頂部には換気窓付き。

    ●収納サイズ:L82cm×W42cm×H31cm
    ●重量:23.8kg(ポール10.3kg、ペグ820g)

    グランドスタイルで楽しめるリビングシートが付属。

    入口のジッパーは追従する構造となっており、開口時に地面に着きづらく、汚れづらい。

    6パネルは開放が可能。

    ▼関連記事
    SABBATICAL (サバティカル) / サバルパインドーム

    あわせて読みたい

    SABBATICAL (サバティカル) / サバルパインドーム

    SABBATICAL (サバティカル) / スカイパイロット シンセティック

    SABBATICAL(サバティカル)/モーニンググローリー Synthetic

    【2024年】ドームテントおすすめ17選!大型からソロ向けまで人気モデルを紹介

    オートキャンプは場所選びが大切。初心者が用意すべき道具も解説

    モンベルとサバティカル、キャンプに山におすすめな寝袋はどっちだ?

    欲しい!サバティカルの最新シェルター&人気テントの推しポイントをメーカー担当者が力説

    NEW ARTICLES

    『 タープ・シェルター 』新着編集部記事

    タープ泊って何が魅力なの?おすすめの張り方から設営方法まで解説!

    2024.05.30

    ロゴスのタープおすすめ8選|設営カンタン・遮光率100%・テント連結…人気モデルを一挙紹介

    2024.05.07

    VASTLAND「TCポップアップシールド」にクールなカラーが追加!

    2024.05.07

    ニーモ「ヘキサライト」が人気の秘密は?アウトドアNo.1雑誌が解説!

    2024.05.05

    テンマクデザイン「ムササビウイング」の魅力を解説!あわせて使いたいテントも紹介

    2024.05.04

    モンベルのタープおすすめ5選|ソロ向けからファミリー、グループ向けまで

    2024.05.02

    タープテントのおすすめ6選|選び方やアウトドアでの使い方もレクチャー

    2024.05.02

    ゼインアーツ「ギギ2」が人気!ハイクオリティ&コスパ最高モデルの魅力を解説

    2024.05.02