「第1回BE-PALアウトドアアワード」大賞発表! ファミリーテント部門に輝いた5つのテントとは…? | テント 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 「第1回BE-PALアウトドアアワード」大賞発表! ファミリーテント部門に輝いた5つのテントとは…? 

    2022.01.16 BE-PALアウトドアアワード

    テント

    日本初のアウトドアアワード開催!

    1981年創刊、アウトドアとナチュラルライフをテーマに40年にわたってアウトドア、キャンプ、自然派生活に関するさまざまな情報を発信してきた雑誌『BE-PAL』が、読者の皆様からの投票をもとに、日本初のアウトドアアワードを始めました。

    記念すべき第1回目のアワードは、2020年秋から2021年にかけて話題となったモノ、人、新しい取り組みなどの中から候補を選定。「アウトドアギア」「モビリティ」「人物」「サービス」「地球環境」「地方創生」などの部門ごとに候補を選び、部門賞と大賞を表彰いたします。

    それでは、さっそく発表にまいりましょう。まずは記念すべき「第1回 BE-PALアウトドアアワード 大賞」、そして「ファミリーテント」部門のノミネート商品を発表します!

    第1回 BE-PALアウトドアアワード 大賞

    ゼインアーツ/ギギ2 
    ¥65,780

    テント

    見た目も良し、機能も良しの才色兼備なテント「ギギ2」が、堂々の「BE-PALアウトドアアワード大賞」と「ファミリーテントオブザイヤー」に輝きました!

    このテントは、シェルターにもテントにもなる変幻自在のアレンジ力と、ゆったり使える広々空間が魅力の2本ポール仕様テントです。家族4人でも 余裕の広さが魅力です。

    国産ブランドの「ゼインアーツ」は、クオリティーの高さとコストパフォーマンスの良さで人気を博し、今回大賞を受賞した「ギギ2」は発売後即完売というまさに売れっ子モデル。

    「空間効率を考えた構造から素材、耐久性まで、コツコツとモノ作りしてきた甲斐があります」と、ゼインアーツ代表兼デザイナーの小杉敬さんも、感慨深げに喜びの声を届けてくれました。

    問い合わせ先:ゼインアーツ info@zanearts.com

    https://zanearts.com/

    amazonはコチラ

     

    ノミネートに輝いた家族向け大型テント

    キャンプをするなら、まずはなんといっても絶対不可欠なのはテントです。立てやすさと居住性の高さを両立したモデルが豊富で、ノミネートを選定するのが本当に大変だったのがファミリーテント部門。

    王道のファミリーテント部門でノミネートに選出されたのはこちら。いずれもすばらしいテントです!

    サバティカル/アルニカ
    ¥88,000

    image

    アウトドアの名店「エイアンドエフ」が立ち上げた新鋭キャンプ・ブランド

    2019年に誕生。第1弾がTC素材(コットンとポリエステルの混紡素材)を採用したこのモデル。設営が簡単でアーチの美しいトンネル型の構造にブリッジフレームで剛性を高めた。タープに、シェルターにとアレンジ可能で、瞬く間に人気モデルに。

    問い合わせ先:エイ アンド エフ 03(3209)7575

    https://sabbatical.jp/

    amazonはコチラ

    コールマン/120thコールマン アニバーサリー テントセット
    ¥120,000

    image

    業界に花を添えた老舗ブランド「コールマン」の記念モデル

    1901年創業のコールマンは、今年で120周年を迎えた。記念モデルは温故知新を感じさせるロッジ型テントとスクエアタープのセット。オールドファンには堪らないレッドカラーが、記念の年を盛り上げた。

    問い合わせ先:コールマンジャパン カスタマーサービス 0120-111-957

    https://www.coleman.co.jp/

    amazonはコチラ

    楽天はコチラ

    スノーピーク/グランベルクM 
    ¥206,800

    image

    日本が世界に誇るアウトドアブランド「スノーピーク」のロッジ型テント

    日本のオートキャンプ業界を牽引してきたスノーピークは、今まさに飛ぶ鳥を落とす勢い。新作シェルターは、様々な張り方ができる大型ロッジ型。今までにないワイルドな雰囲気は、ファンならずとも手に入れたい逸品だ。

    問い合わせ先:スノーピーク 0120-010-660

    https://www.snowpeak.co.jp/

    amazonはコチラ

    ogawa/オーナーロッジ ヒュッテレーベン
    ¥107,800

    image

    流れるようなフォルムでキャンパーを魅了

    1961年に日本初のロッジ型テント『オーナーロッジ1号』を発表。2021年に登場したのは新時代のオーナーロッジ。フロアレスで多彩な使い方ができ、デザインの美しさからショップ店員の推しも多かった。

    問い合わせ先:キャンパルジャパン 0800-800-7120

    https://www.campal.co.jp/

    amazonはコチラ

    楽天はコチラ

    ※構成/大石裕美 撮影(アワード)/小倉雄一郎 撮影協力/PICAさがみ湖

    (BE-PAL 2022年1月号より)

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 テント 』新着編集部記事

    テントはワンポールかドームか!? 両方愛用中だからこそわかるメリットと注意点

    2022.12.06

    グランパー垂涎の美しすぎるモスのコットンテント『OPTIMUM 200』が新設キャンプ場に!

    2022.12.05

    見た目クラシカルなのに機能は最新!? ロゴスの新作テントが気になるっ

    2022.11.23

    ミリタリーデザインが魅力!ソロ用パップテント「FOX-BASE」は大人のひみつ基地

    2022.11.15

    ogawa(オガワ)/ ティエラリンド

    2022.10.26

    MSR (エムエスアール) / エリクサー4

    2022.10.25