防水性と軽量性がグッとアップ!サバティカルの高機能シェルター「Syntheticモデル」誕生 | テント 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • テント

    2023.03.22

    防水性と軽量性がグッとアップ!サバティカルの高機能シェルター「Syntheticモデル」誕生

    雨に弱く、重量がかさんだ「Sabbatical(サバティカル)」のシェルターが「防水性」「軽量性」を備えてパワーアップ!

    2019年のテント発売開始以来、大好評のテントブランド「Sabbatical(サバティカル)」(株式会社エイアンドエフのオリジナルブランド)から、2023年4月中旬に高機能シェルター「Synthetic(シンセティック)モデル」が誕生。従来のTCモデルより、防水性と軽量性を追求し、雨に強くて設置しやすい仕様に。インナーテントやコットを入れると、2ルーム使用することもでき、アレンジの幅が広がるはず。

    シェルターのタイプは、6〜8人のグループまで対応できる大型シェルター「SKYPILOT Synthetic」(スカイパイロット シンセティック)と、2〜4人用のシェルター「MORNING GLORY Synthetic」(モーニンググローリー シンセティック)の2モデルから選べる。以下で詳しくその特徴をチェックしてみよう。

    写真左「Synthetic」(スカイパイロット シンセティック)、写真右「MORNING GLORY Synthetic」(モーニンググローリー シンセティック)

    軽量、高強度を実現し、設営しやすい

    ポールは、従来のTCモデルと互換性があるので双方利用が可能。

    両モデルともポールには、軽量で腐食にも強い「A6061アルミ」を採用。ファブリックには軽量のポリエステル素材を使用し、設営もかなりラクになった。ちなみに従来のTCモデル(スチール製ポール採用)に比べ、総重量はスカイパイロットで6.6kg、モーニンググローリーで4.95kgの軽量化を実現している。

    防水仕様で突然の雨でも安心

    素材は、150Dポリエステルオックス 遮光PU加工(耐水圧3,000mm)・撥水加工・UV加工。

    ポリエステル素材(150D)の表面は、撥水性を持たせるフッ素加工を採用。裏面はポリウレタン(PU)加工に。縫い目にはシームテープが施され、防水力を高めている。

    空間を最大限利用した省スペース大型シェルター
    「SKYPILOT Synthetic」(スカイパイロット シンセティック)

    総重量13.9kg(ポール3.3㎏、ペグ360g)、収納サイズ:L82cm×W39cm×H29cm、価格¥106,700(税込)

    フラッグシップモデルのSKYPILOT TCのポリエステル版で、防水力、軽量性を実現。4本のサブポールによって、省スペースながらも大人数を収容できる空間を確保している。

    ランタンのハンギングに便利なオリジナル「ハンガーテープ」が付属。モーニンググローリー シンセティックにも採用。

    パネルを大きく跳ね上げられる機能も完備。余計なメッシュパネルやボトムのスカートを美しく巻き上げられる。

    オプションのインナーテントを吊るせば、4人仕様のツールーム空間にも。

    大胆に開口した大型フロントパネルが特徴
    「MORNING GLORY Synthetic」(モーニンググローリー シンセティック)

    総重量9.4kg(ポール2.1㎏、ペグ260g)、収納サイズ:77cm×W36cm×H23cm、価格¥66,660-(税込)

    ファニチャーだけなら最大で4人を収容できるコンパクトシェルター。フロントに3本のサブポールを入れることにより、前方の空間を大きく確保し、圧迫感のないリビングスペースを実現している。

    フロントパネルは前面メッシュ。パネルは垂直にデザインされ、開放感のあるデザインに。

    左右2か所、内側にスライスされた下部ベンチレーターは雨の侵入も防ぐ。

    バックパネルの開口は、フルとハーフの状態を選択可能。バックパネルを閉じれば、サイドパネルを開口できる。

    両モデルとも、2023年4月中旬より全国のエイアンドエフカントリー各店エイアンドエフオンラインストアにて発売予定。抽選での販売を予定している。販売方法などの詳細は、HPで更新されるので随時チェックをお忘れなく! 

    NEW ARTICLES

    『 テント 』新着編集部記事

    テントの種類はどのくらい?それぞれの特徴から選び方まで解説

    2024.05.21

    テントファクトリーは初心者に最適!注目のギアを厳選紹介

    2024.05.21

    風に強いテントの特徴は?おすすめの形状から風対策まで解説!

    2024.05.20

    テンマクデザイン「サーカス」テントが人気!おすすめモデルや使用例を紹介

    2024.05.13

    テンティピの魅力とは?おすすめテントほかブランドヒストリーも紹介

    2024.05.12

    【2024年】キャンプで人気のおすすめテント51選!アウトドアプロがレビュー

    2024.05.11

    ホールアースのテントおすすめ3選|ソロ用から大型2ルームまで人気モデルを紹介

    2024.05.11

    アルペン アウトドアーズのキャンプギアにポップアップシェードとインフレータブルマットが追加!

    2024.05.10