最新キャンプギアを試して徹底批評!最新ファミリー用テント4選 | キャンプのコツ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 最新キャンプギアを試して徹底批評!最新ファミリー用テント4選

    2020.10.25

    アウトドアで過ごすときの要となるのが、寝室や居間の役目を果たすテントだ。家族やグループで使うタイプは、快適な居住スペースを追求したモデルや、張り方のバリエーションが楽しめるモデルが増えたことが、今年の顕著な傾向といえる。

    ファミリーやグループでゆったりくつろげる大型モデル、インナーのないシェルター(フロアレス)タイプが充実!アウトドアギア開発に携わる、現役スペシャリストによる、シビアでリアルな解説、コメントもお見逃しなく!

    2人用と5人用インナー標準装備でお買い得感満点!

    サバティカル/ギリア ¥39,800

    image

    このふたりがテストしました!アウトドア用品デザイナー佐藤裕一郎さん(左)大手テントメーカーで23年のキャリアを積んで独立。現在は準フリーランスとして、テントをはじめとしたギアの開発に携わるツワモノ。アウトドア用品プロデューサー影山盛太さん(右)国内のみならず、海外ブランドのテントや、ギア、パーツ類のデザインを手がける専門家。豊富な知識と分析力は日本一といっても過言ではない。

    image

    アーチフレームに独自のブリッジフレームをプラスした変形トンネル型。「通気性が良く、自由度の高い使い勝手がいいですね。開放感があり、風、日射し、雨など、自然からの〝贈り物〟を素直に喜べて、まるで伝統的な日本家屋のよう」(佐藤)

    2人用インナー使用時のリビングスペースは、(横から見て)幅が約370㎝! テーブルやチェアをセットしてもゆったり過ごせる。

    サイズ(約)=520×300×H170㎝
    (2人用/280×150㎝、5人用/280×250㎝)
    収納サイズ(約)=67×35×H30㎝ 
    総重量(約)=13.8㎏
    問い合わせ先 エイ アンド エフ 03(3209)7575

    image

    ブリッジフレームで3本のアーチポールを固定。アーチポール間にテンションがかかり、テントとしての剛性がアップ。

    image

    インナーをはずせば広〜いシェルターに。「もう少し高さが欲しい気もするけど、このコスパ、最強ですね!」(影山)

    圧倒的に広い室内空間が魅力!

    MSR/ハビチュード6 ¥82,000

    image

    パッと見、複雑そうに見えるフレームワークだが、じつは、3つのクロスポールを組み合わせたシンプルな構造。6人用のビッグなサイズなのにとても立てやすいのが印象的。

    image

    サイズ(約)=254×427×H195㎝
    (254×305㎝)
    収納サイズ(約)=58×25㎝ 
    総重量(約)=6.35㎏
    問い合わせ先 モチヅキ 0256(32)0860

    image

    身長186㎝あるオレでも立てるよ!クロスフレームで押し広げられた室内は、「高さも広さも文句なし。出入り口が1か所なのが玉に瑕」(影山)

     

    image

    緊急時にテントから脱出するときも安心な、閉めたときにスライダーが1か所に集約されるタイプのドアジッパー。

    image

    「荷重点が上に集中しないように設計されてるから、高さがあるのにかなり風に強いですよ、コレ」(佐藤)

    付属の伸縮ポール1本で
    6、7、8角形にセットできちゃう!

    ogawa/タッソ ¥39,800

    195、220、250㎝にセットできる伸縮式継ぎポールと、ジッパー開閉可能な幕体を組み合わせたモノポールテント。ユーザーの工夫で、さまざまな張り方が楽しめるモデルだ。

    サイズ(約)=6角形/370×H250㎝、
    7角形/430×220㎝、8角形/480×195㎝
    収納サイズ(約)=74×22×22㎝ 
    総重量(約)=6.8㎏
    問い合わせ先 キャンパルジャパン 0800-800-7120

    6角形

    image

    最大高250㎝。高くても出入り口の開閉が楽にできるよう、長いジッパータブが付けられている。

    6角形張り方バリエーション

    image

    ポール(別売り/130㎝¥1,900、190㎝¥2,500)を追加すれば、さまざまな張り方ができる。

    8角形

    image

    高さがグンと低く(とはいっても195㎝)なるが、より風に強くなり要塞のような感じだ。

    image

    付属ポールには、設営形状に合う位置にストッパーが付き、角形表示されているので扱いやすい。

    image

    ガイドシートがめっちゃ便利!

    image

    ペグダウンの位置決めをするためのガイドシートとロープが付いている。角形に応じて、素早く設営できる親切装備だ。

     

    両サイドも広々使える
    2ポールフロアレスタイプ

    ゼインアーツ/ギギ2 ¥59,800

    image

    ワンポールの「ギギ-1」をスケールアップ。左右に別売りの「ギギインナー」(1張¥13,800)をセットしても、中央部には幅400㎝超のリビングスペースが確保できる。

    image

    サイズ(約)=750×400×H220㎝
    収納サイズ(約)=72×20×H25㎝ 
    重量(約)=7.5㎏
    問い合わせ先 ゼインアーツ info@zanearts.com

    image

    両サイドを補助ポールで立ち上げるので、サイドの空間はかなり広い。メッシュ窓も付き、通気性も考慮。

    image

    「補助ポールで立ち上げたサイドの壁際で椅子に座っても、このとおり。頭が幕体につかないのはスゴイ!」(影山)

     

    (BE-PAL 2020年10月号より)

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 キャンプのコツ 』新着編集部記事

    「テントの入り口は風上にする」は正しい?間違い?風が吹く日の対策を徹底解説

    2022.11.24

    寝袋を上手にしまうコツと収納に便利なコールマンのアイデア商品を紹介

    2022.11.18

    「2ルームテントは初心者向け」というのは本当か?真偽を調べてみた

    2022.11.13

    ソロキャンプ初日の簡単ランチは、インスタントラーメン級の手軽さでレストランの味を楽しもう!

    2022.11.03

    キャンプデビューは3歳がいい!初心者が知りたい子連れキャンプの疑問3選

    2022.10.23

    テントの干し方はどうすればいい?黒カビや臭いを防ぐ方法を解説

    2022.10.16