ワークマンのアウターおすすめ8選!アウトドアにもタウンユースにもピッタリ | アウトドアウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    アウトドアウェア

    2024.02.06

    ワークマンのアウターおすすめ8選!アウトドアにもタウンユースにもピッタリ

    ワークマンが手がけるアウターは、高機能かつ低価格なものばかり。そんなワークマンのラインナップから、おすすめのアウターを厳選して紹介。機能性やデザインをチェックして、お気に入りの一着を見つけよう。

    ますます人気のワークマン!

    飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進するワークマン

    「ワークマン」「WORKMAN Pro」「WORKMAN Plus」「#ワークマン女子」と、ターゲットに合わせて品ぞろえを変えた斬新な店舗展開を行なう株式会社ワークマン。

    かつては作業服のプロショップのイメージが強かったが、最近では高機能かつ低価格でカジュアルに着られる製品を数多く手掛けている。

    2023年9月1日には「Workman Colors イグジットメルサ銀座店」をオープンしたことで話題を集めている。こちらは、よりファッション性を意識した店舗で、今後は新宿・渋谷・梅田など日本を代表する繁華街に10店程度の出店を計画しているのだとか。またWEB限定商品も増えており、オンラインで注文し、店頭で受け取るサービスもある。

    ▼参考記事
    2023秋冬に買いたいワークマンのアウトドアアイテムをチェック!着る炬燵やポンチョがヒットの予感

    ワークマンで見つけたら購入しておきたい防寒メリノウール製品

    着るこたつで暖かい!「Wind Core」シリーズ

    ワークマンの夏のヒット商品といえば、冷却ファン付きのウェア。猛暑を乗り切るアイテムとして外での作業時だけでなく、ゴルフなどのレジャーシーンでも利用されていた。

    冬は「着る炬燵(こたつ)」としてヒーターベストが登場。「着る炬燵」は、背面の首下と腰回りの部分に「ヒーターシート」を内蔵し、高温・中温・低温の3段階で調整可能だ。(※いずれもバッテリー別売り)


    ワークマン
    ウィンドコアヒーターベスト

    ワークマンの「着るコタツ」といえば、これ。背中と腰に電熱線が内蔵された保温ベスト。撥水性があるので、日常使いだけでなく、アウトドアでの使用にも最適だ。

    ●サイズ:S、M、L、LL、3L 

     

    ▼参考記事
    【新商品】ワークマン「着るこたつ」に6変化する商品が登場!2021年のヒーターウエア5選


    ワークマン
    ウィンドコアヒーターボアフリースベスト

    表地はボリューム感のあるパイルフリース、裏地は熱伝導性に配慮された薄手素材。アタッチメントシステム対応商品で、ファスナーで綿リップ防風防寒2WAYジャケットなどに取り付けて着用も可能。応用範囲が広がるベストだ。

     

    ▼参考記事
    【新商品】ワークマン「着るこたつ」に6変化する商品が登場!2021年のヒーターウエア5選


    ワークマン
    ウィンドコアヒーターミドルインナー

    長袖の「着るこたつ」も登場。アウターとしても、ミドルインナーとしても着回せるヒーターミドルインナーだ。裏地は保温性の高いアルミプリントを使用。中綿が入っているがモコモコせず、また脇下にはニット素材が使われているため、動きやすくアウトドアにはピッタリ。秋口から真冬まで大活躍間違いなしのヒーターウエアだ。

     

    ▼参考記事
    【新商品】ワークマン「着るこたつ」に6変化する商品が登場!2021年のヒーターウエア5選

    防融加工で火の粉に強い「FLAME TECH」シリーズ

    キャンプやバーベキューで火花が飛んでも燃え広がりにくいワークマンの火花対策製品は、もともと「溶接工」用の綿パーカーからスタートしているプロ仕様。そのため、キャンプで使用しても火花に強く、たちまち大人気商品となった。


    ワークマン
    フュージョンダウンFLAME TECHモンスターパーカー

    バーベキューやキャンプでのニオイの悩みを解決するための、洗えるダウンウエア。日本で初めて高レベルでの撥水加工と火花対策である防融加工との共存に成功した技術が使われている。中わたにはダウンと吸湿発熱わたのFUSION DOWN(フュージョンダウン)を使用。

     

    ファスナーポケット、収納できるフード

    フードは丸めて面ファスナーで収納できる

    FLAME TECHモンスターパーカーにはポケットが4つ。両サイドのポケットと、ファスナー付き胸ポケット1つ。そして内側にもポケットが1つある。フードは二重になっている襟裏の内側に、面ファスナーがついており、丸めて収納可能。

    ダウン×ブラックアルミプリントで保温力UP

    裏地はシルバープリントの約1.5倍の保温性がある、ブラックアルミプリント

    中わたにはダウンと吸湿発熱わたのFUSION DOWN(フュージョンダウン)が使われている。また裏地はシルバープリントの約1.5倍の保温性がある、ブラックアルミプリント。保温機能はバッチリだ。また袖口は、冷気の侵入を防ぐ二重袖口。

    袖口は、冷気の侵入を防ぐ二重袖口になっている(写真左袖口)

    ▼参考記事
    ワークマンのヒット商品がバージョンアップ!新商品は焚き火のニオイもへっちゃらの究極の防寒ウエア


    ワークマン
    レディースフレイムテックキルトウォームマルチポンチョ

    針穴程度の穴ならば勝手に塞いでくれるREPAIR-TECH生地を採用したポンチョ。背中部分にはDIATECHS(R)fibersheetを使用。生地に練り込まれたナノ微粒子が赤外線を吸収・共鳴振動することで自ら発熱、保温効果を高める機能が付加されている。さらに防融加工を施し、火の粉の飛散による穴があきにくくなっており、冬の焚き火シーンにも最適。

     

    メンズもレディース着られる“あったかポンチョ”

    胸ポケット部分をひっくり返して織り込むと、ハンドウォーム付きクッションになる。

    メンズ向けのイメージが強かったワークマンだが、「#ワークマン女子」の流行からもわかるように、レディース向け商品は年々拡充されている。実は、レディース向けに作られたものでも、細身の男性などはねらい目だ。

    「レディースフレイムテックキルトウォームマルチポンチョ」のバックスタイル。男性でも欲しくなる便利アイテムだ。

    ▼参考記事
    2023秋冬に買いたいワークマンのアウトドアアイテムをチェック!着る炬燵やポンチョがヒットの予感

    綿100%で火に強く洗いやすい「綿アノラックパーカー」

    ワークマン
    綿アノラックパーカー

    火に強く洗いやすい綿100%の焚火用ウェア。袖には面ファスナーが付いており調節が可能。裾とフードにはドローコードが付く。ポケットは大容量で、2Lのペットボトルも入る。街にもフィールドにも馴染む、ファッション性にも優れたウェア。

    ●サイズ:S、M、L、LL、3L

     

    ワークマン「綿アノラックパーカー」の魅力

     
    教えてくれたのは…
    フリーライター
    marbo.jpさん

    妻・息子と楽しく“キャンプ”や“登山”をして遊ぶことが生きがいのアラフォー。欲しいものは自分で作るをモットーに“築100年以上”の古民家をDIYしながら生活しています。

     

    綿100%で火に強い


    これまで5回ほど焚火で使用したが、穴は全く空いていない。火の粉が当たることもたびたびあったが、焦げる気配すらない。とにかく丈夫に作られているので、雑に扱っても問題なかった。

    さらに、防汚加工もされており、汚れを気にせずにキャンプを楽しむことができる。もし汚れてしまっても、おうちの洗濯機で丸洗い可能。

    胸元のジップが大きく開く

    みぞおち辺りまで、大きく開く。

    キャンプ中に、着たり脱いだりを繰り返すため、着脱のしやすさは重要。綿アノラックパーカーのジップは、約40cmも開く。前面が大きく開き、頭が入れやすいため、ストレスなく着脱ができる。

    フード部分にも“ドローコード”が付いている。

    ジップを完全に閉めると口元まで隠れるため、風が強い日などには、口元を火の粉から守ってくれる。また、フードは大きめにできており、帽子をかぶったままでも使用することができる。

    さまざまな調節が可能

    取り付け、取り外しはとても簡単。

    袖には面ファスナーが付いており、大きさの調節が可能。シーンによって、さまざまな使い分けができる。水を扱う際には、ひじの位置で固定させることも。

    タグの長さは約3cm。

    裾を絞るためのドローコードも付いている。シンプルな紐タイプで、1度結んだら緩まることはなく、風の侵入をしっかりと防げる。

    また、ファッション性にも優れていて、街にもフィールドにも馴染む。ロゴも控えめで気にならず、春や秋のアウターとしても大活躍だ。

    大容量のフロントポケット

    ポケットはかなり大きいので、2Lのペットボトルも入る。

    フロントのポケットは中で繋がっており、かなりの大容量。携帯や財布はもちろん、タオルや懐中電灯など、何でも入れておける。ポケットの入口にはボタンが付いているため、中に入れたものが落ちにくくなっている。

    ボールペンや、ハサミを入れておいても便利。

    さらに、左腕には小物用の細長いポケットもついている。カッターや、小型のナイフが入る大きさだ。木を削ったり、食材の袋を開ける際に役立つ。

    値段が安い

    ワークマンの商品は、全てリーブナブル。

    アウトドアブランドの焚火用ウェアは、1万円以上するものばかり。しかし、綿アノラックパーカーは、1着1,900円(※執筆時点)とかなりリーズナブルになっている。

    低価格のため、複数購入して着まわすことも可能。さらに、使いこんだ後の買い替えも容易にできる。気になったらすぐ手に取れる価格は、魅力的だ。

    サイズ感と実際の寸法

    大き目のサイズが好みなら、2サイズ上でも大丈夫。

    綿アノラックパーカーのサイズは、S、M、L、LL、3Lの5種類。一番上に羽織るものなので、いつもより1サイズ大き目を選んだ方がいいだろう。

    ちなみに自分は、170cmでLサイズを着用している。着丈が77cmあり、お尻が隠れるぐらいの長さ。キャンプ中に屈んだ時に、背中が見えてしまうことがなく、安心して使えている。

    袖の幅は約28cm。

    袖の幅が広く、ゆったりとしている。冬場に、分厚いアウターやダウンを着こんでも動きやすい。

    ▼参考記事
    火の粉なんて怖くない!ワークマン「綿アノラックパーカー」

    北風が吹く日の防寒着「ウォームシールドジャケット」

    ワークマン
    ウォームシールドジャケット(旧商品名:ストームシールドウォームジャケット)

    防風シート加工と、ボリュームある120gの中綿から実現する暖かさが特長。北風が吹く日の防寒着として適しているジャケットだ。風でフードの紐が揺れて邪魔にならないよう、紐は筒状の布で固定されている。

     

    アウトドアにもディリーユースにも!


    フードがついているため、寒くてもしっかり防寒対策ができる。


    ストレッチ性もあり、アウトドアにはもちろんのこと、ディリーユースにも、オススメのジャケット。

    ▼参考記事
    完売前に買いたい!ワークマン11月発売のあったか限定商品

    アウターはもちろんインナーにも使える「マイクロフリースカーデガン」

    ワークマン
    レディースマイクロフリースカーデガン

    スナップボタン仕様で着脱がしやすい、着ぶくれしない薄さのカーデガン。たたんでバッグに入れて持ち運ぶことも可能。フリース素材のポケットが、左右の外側ポケットの他に、内側ポケットにも付く。アウターとしてもインナー着用可能。

    ●サイズ:M、L、LL
    ●素材:ポリエステル100%(本体)、ナイロン90%、ポリウレタン10%(パイピング部分)

     

    マイクロフリースカーデガンの特徴

    教えてくれたのは…
    アウトドアライター
    ゆるりえさん

    毎月の夫婦キャンプが楽しみな転勤妻。かっこよくてお得なものが大好きで、頑張りすぎないキャンプがモットー!コスパ重視のキャンプギアレビューなど多数のアウトドア関連の記事を執筆。現在は九州でフリーライターとして活動中。

     

    薄くて暖かい

    マイクロフリースカーデガンは、着ぶくれしない薄さ。

    「カーデガン」というだけあって生地が薄く、ゴワゴワしない。手触りも柔らかく、着てみるとフワフワのバスタオルに包み込まれるような着心地がある。薄いのでたたんでバッグに入れて持ち運ぶことも可能。

    もちろん、フリース素材の魅力である暖かさも抜群だ。

    インナーやアウターとしても

    寒さが厳しくなったら、インナーとしても大活躍。

    マイクロフリースカーデガンは、その薄さを活かしてインナーとしても着用できる。

    少し寒いな、というときにはアウターとして。すごく寒いな、というときにはダウンやコートの下に着るインナーとして。アウターとしてもインナーとしても着られるので、1着あれば冬に大活躍する。

    収納ポケットが充実

    内側ポケットもあるので、貴重品も持ち歩ける。

    マイクロフリースカーデガンには左右の外側ポケットの他に、内側ポケットも付いている。スマホやお財布、キーケースなど貴重品を肌身離さず持っておけるため、ソロキャンプや利用者が多いキャンプ場でも安心だ。

    ポケット内もフリース素材なので、手を入れると冷えた指先もすぐに温まる。

    スナップボタンで着脱が楽

    ボタンもサッと着脱可能なスナップボタンでノンストレス。

    マイクロフリースカーデガンはスナップボタン仕様(公式サイトではボタン止め仕様と記載)のため、着脱が楽にできる。寒さで手がかじかんでボタンが付けにくい、ということもなく、脱いだり着たりがサッとできるのは嬉しいポイント。

    マイクロフリースカーデガンのお手入れの注意点

    マイクロフリースカーデガンのタグの表記。

    マイクロフリースカーデガンのお手入れで注意することは、以下のとおり。(タグ表記参照)

    • 塩素系・酸素系漂白剤は使用不可
    • タンブル乾燥はできない
    • 日陰につり干しする
    • アイロンは使用不可
    • ドライクリーニング禁止
    • 非常に弱いウエットクリーニングは可能
    • 洗濯機で30度C以下の水温で非常に弱い洗濯が可能

    マイクロフリースカーデガンは漂白剤の使用ができない。そのため、コーヒーやケチャップなどの汚れは、シミになると取れなくなる可能性があるので注意が必要だ。

    タグに付いている表示を見ると、常温の水道水を使って洗濯機で洗う分には問題ない。実際に筆者も10回程度洗濯機で洗っているが、ほつれや毛玉もないのでまだまだ着られそうだ。

    タンブル乾燥とはコインランドリーや家庭用乾燥機でよくある、回転式の乾燥機のこと。マイクロフリースカーデガンは衣類用乾燥機にはかけずに、日陰干しをしよう。

    ▼参考記事
    1,280円で買える冬の救世主!ワークマン「マイクロフリースカーデガン」激推し5つの理由

    あわせて読みたい

    【人気商品!】ワークマン「耐熱アルミテーブル」が使い勝手抜群だった

    【新商品】ワークマン「アーバンハイク」は即売り切れの大人気シューズ!5つの魅力を紹介

    【新商品】ワークマン「着るこたつ」に6変化する商品が登場!2021年のヒーターウエア5選

    「え?それもタダなの?」キャンプ費用を極限まで減らす秘策5選

    5人用テントが39,000円!「ワークマン」春夏注目のアウトドアギア&ウェア新商品一気見せ

    え、うそ、全部で6300円!? ワークマンで夏のキャンプウェアを一式そろえてみた

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアウェア 』新着編集部記事

    マイナス10度の服装が知りたい!北海道の「北見厳寒の焼き肉祭り」で実感した必要装備と知識

    2024.02.28

    今シーズンのHELLY HANSENは水遊びに注目!防水ジャケット&パンツ、ウインドシェルなど続々登場

    2024.02.26

    コロンビアのフィッシングライン×HOUYHNHNM FISHING CLUBコラボ 第二弾!撥水機能や冷感テクノロジーが搭載だ

    2024.02.25

    パタゴニアの最強ダウン10選!人気の理由や選び方も解説

    2024.02.23

    NANGAの癒されスウェットシャツは春のマストバイアイテムだ!ほっこりイラストでキャンプマナーを表現

    2024.02.22

    極寒の環境で働く酪農家・農家と共同開発した「凍れる足を救う靴下」とは?

    2024.02.21

    レインウェアの撥水やシュラフのふかふかを復活させるには…「洗う」が新常識だった!

    2024.02.20

    ミラノ流アメカジ・スタイルがキュート!日本限定「ティンバーランド +81 3」が2024春夏コレクションを発表

    2024.02.19