え、うそ、全部で6300円!? ワークマンで夏のキャンプウェアを一式そろえてみた | アウトドアウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアウェア

    2023.08.31

    え、うそ、全部で6300円!? ワークマンで夏のキャンプウェアを一式そろえてみた

    暑さを乗り切る!夏のキャンプ・ウェアをワークマンで揃えてみた!

    Tシャツ、パンツ、靴をワークマンでそろえてみたら…。

    夏といえばアウトドアのメインシーズン。キャンプをはじめとする野外のアクティビティに出かける方も、多いのではないでしょうか。

    そんな時に迷うのが、服装。アウトドアでは激しい活動を伴うこともあるため、普段着で出かけるのはおすすめできません。機能性がありながら、暑い日でも快適に過ごせる格好を追求したいですよね。

    しかし、アウトドア用のウェアは高機能ゆえに、普段着よりも少し高価なものが多い傾向にあります。そのため、「頻繁にアウトドアに出かけるわけではない」という初心者にとっては、なかなか手を出しづらいかもしれません。

    そこで今回紹介するのが、ワークマンのウェア。作業着メーカーであることを強みに、機能性に優れながらもリーズナブルな価格のウェアを次々にリリースしています。

    暑い季節のキャンプに挑戦したいけれど、なかなか一歩が踏み出せていなかったという方はぜひ参考にしてみてください。

    夏のキャンプウェア選びのポイントは?

    キャンプ場

    夏のキャンプは過酷な一面も。

    アウトドアをするのにピッタリな夏ですが、キャンプをする上で過酷な一面もあります。

    強い紫外線に、厳しい暑さ、人を刺す虫も多く存在しています。

    よって、夏のキャンプウェアを購入する上では、「これらの環境でも快適に過ごせるか?」ということを考慮して選ぶようにしましょう。

    ワークマンで夏のキャンプウェアをコーディネートしてみた

    それでは、実際のアイテムをそれぞれ紹介していきます。

    長袖Tシャツ

    暑さを乗り切る!夏のキャンプ・ウェアをワークマンで揃えてみた!

    ワークマンの「エアロガードコットン長袖Tシャツ」

    トップスに選んだのは「エアロガードコットン長袖Tシャツ」。虫が寄りつきにくい防虫加工が施されており、夏のキャンプに嬉しい一着です。

    暑さを乗り切る!夏のキャンプ・ウェアをワークマンで揃えてみた!

    両サイドにはドットボタン付きBIGポケットが。

    両サイドには、手袋や工具がすっぽり入るBIGポケットもついています。

    コートやジャケットを着ない季節に意外と困るのが、収納。大抵のTシャツには大きなポケットがついていないため、別途バッグや小物入れなどを携帯する人も多いでしょう。

    「エアロガードコットン長袖Tシャツ」なら、このBIGポケットが利用できるので、それらを持ち歩く必要がありません。

    暑さを乗り切る!夏のキャンプ・ウェアをワークマンで揃えてみた!

    夏でも長袖をチョイスするのには理由があります。

    ちなみに、暑い季節は半袖を選びたくなるかもしれません。

    とはいえ長時間日差しを浴び、また虫や植物との接触が多い夏のキャンプでは、長袖を着る方が安全です。日の当たらないエリアでは、袖をまくって温度調節しましょう。

    実際に「エアロガードコットン長袖Tシャツ」も、ワークマンでは春夏向け商品として販売されています。

    エアロガードコットン長袖Tシャツ
    価格:1500円(税込)
    URL:https://workman.jp/shop/g/g2300021541161/

    パンツ

    暑さを乗り切る!夏のキャンプ・ウェアをワークマンで揃えてみた!

    ワークマンの「4D冷感アイスパンツ」

    続いて、ボトムスは「4D冷感アイスパンツ」。夏のキャンプでは暑さ対策も欠かせません。

    そこで、冷感機能つきのパンツがピッタリです。特殊な接触冷感素材を生地に折り込んでいるため体感的な涼しさがあり、遮熱機能も備えています。

    また4Dカット立体裁断により少し丸みを帯びたデザインに。日本人に多いO脚にぴったりフィットする設計になっているそうです。

    伸縮性のあるストレッチ素材も使用されており、実際に着てみると細身シルエットなのに非常に動きやすく、激しいアクティビティを行う際にも安心して穿くことができます。

    安全のことを考慮すると、やはり夏キャンプでは半ズボンよりも長ズボンの方がおすすめです。よほど整備されたキャンプ場であればともかく、ありのままの自然が残っているキャンプ場では長ズボンの方が安心して活動できるでしょう。

    4D冷感アイスパンツ
    価格:2,900円
    URL:https://workman.jp/shop/g/g2300035630233/

    シューズ

    暑さを乗り切る!夏のキャンプ・ウェアをワークマンで揃えてみた!

    ワークマンのロングセラー「アクティブハイク」

    足元は、ワークマンのロングセラー「アクティブハイク」を選びました。

    まず目につくのは、アウトドアにぴったりの迷彩風ルックス。デザインだけではなく、もちろん機能性も充実しています。

    暑さを乗り切る!夏のキャンプ・ウェアをワークマンで揃えてみた!

    アッパーとソールのつくりにこだわりがある。

    ワークマンではおなじみの耐久撥水加工「SplaTECH(スプラテック)」をアッパーに使用。汚れがつきにくい&落ちやすいシューズです。こだわりのソールも、特長の1つ。泥がつまりにくく、グリップしやすいソールパターンです。

    夏に渓流のそばでアクティビティをする場合も、十分活躍してくれるでしょう。

    また、クッション性を高めるため厚底になっています。実際に履いてみると「アクティブハイク」という名のとおり、ハイキングでもタフに使えるような頑丈さとグリップの強さがあります。とはいえ、タウンユースもOKなシューズ。さまざまな環境が予測されるキャンプ場では、とても重宝するでしょう。

    オールシーズン使える万能シューズです。

    高耐久シューズ アクティブハイク
    価格:1,900円
    URL:https://workman.jp/shop/g/g2300053567054/

    「何を買えばいいかわからない!」と迷ったらワークマンへ

    ワークマンでそろえる夏のキャンプウェアはいかがでしたか?

    暑い季節のキャンプは快適性も大事ですが、安全面を重視することも忘れてはいけません。

    肌は基本露出しないことをベースとし、紫外線、虫、植物など環境の要素をしっかり考慮した上でコーディネートを組んでみてください。

    前述のとおり、ウェアをそろえることにハードルの高さを感じていた人は、機能性がしっかり考えられたワークマンのウェアがおすすめ。

    コスパの良いアイテムを取り入れながら、徐々にアイテムを集めていきましょう!

    ワタナベ
    私が書きました!
    ライター・日本キャンプ協会認定インストラクター
    渡邉彰大
    元製薬企業研究職・農家生まれの自然を愛するロジカル・キャンパー。多くの人が気軽にキャンプを始めて欲しい想いから、わかりやすい初心者向け記事執筆に情熱を注ぐ。完全初心者が手軽にキャンプを始めるためのキャンプコンサル、ソロに挑戦したい人向けのソロキャンプコンサルも行い、キャンプの敷居を下げるために活動中。自分だけの世界に1つだけのオーダーメイドキャンプを作りあげたい人に向けたキャンプ・ブログも執筆中。キャンプにも役立つ?料理のYouTubeチャンネルも運営中。

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアウェア 』新着編集部記事

    ROOTから吸汗速乾&UVカットのメンズ用ショートパンツが出た!アウトドアで快適に過ごせるぞ

    2024.06.21

    常に携帯したい超軽量レインウェア&日常使いしやすいレインコート・レインポンチョ11選

    2024.06.21

    SALOMON (サロモン) / アウターパス ウォータープルーフ プロ 2.5L ジャケット

    2024.06.20

    Black Diamond (ブラックダイヤモンド) / ハイライン ストレッチシェル

    2024.06.20

    登山やロングトレイルでの悪天候にも対応するタフな一着!レインウェアのハイエンドモデル7選

    2024.06.20

    雨の日も楽しくなる!最新レインウェアのおすすめエントリーモデル&アウトドア傘14選

    2024.06.19

    コロンビアのおすすめレインウェア10選!独自の防水透湿技術も紹介

    2024.06.17

    バーベキューに行く際の服装は?注意したいポイントからおすすめのコーデ例まで解説

    2024.06.15