ホンダ「N-BOX」に試乗したら…ソロキャンプに行きたくなるクルマだった! | 試乗記 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 試乗記

    2024.02.06

    ホンダ「N-BOX」に試乗したら…ソロキャンプに行きたくなるクルマだった!

    天井が高い軽スーパーハイトワゴンでダントツ人気を誇るN-BOXがモデルチェンジ!2タイプを乗り比べ、その違いをチェックしてみたぞ!

    熟成極まるスーパーハイトワゴン

    ホンダ/N-BOX カスタム ターボ

    ¥2,049,300~
    問い合わせ先:ホンダ TEL:0120-112010
    https://www.honda.co.jp/

    編集部員と記者

    テスターの編集・大下(右)、記者・櫻井(左)

    オトナの雰囲気が増して中身はさらに快適!

    標準モデル

    こちらは標準モデル。人の瞳のようなLEDヘッドライトと小さな丸穴でデザインされたグリルで個性を主張。自然吸気エンジン車のみ。

    大:新型N-BOXは標準モデルの丸目が印象的ですね。優しいデザインはフィールドにも溶け込みます。
    櫻:一方カスタムモデルは、かつてのようなメッキ加飾でギラギラした印象を抑えたオトナの仕上がり。個人的にはこっちがおすすめ。

    シンプルな箱型ボディーはアウトドアでも便利!

    正面

    スタイリングは従来型をブラッシュアップ。

    真横

    死角の少ない設計で取り回ししやすい。

    後ろ

    タイヤのサイズは15インチで、14インチの標準モデルを含めて従来型と同一。つまり買い替えても冬タイヤを継続使用できる。

    大:パワートレーンが違うことも推す理由ですか?
    櫻:そう。新型ではターボエンジン搭載車はカスタムモデルだけだからね。キャンプ道具を満載して高速道路を往復するアウトドアズパーソンなら、パワフルに越したことはないでしょ。
    大:そのぶん値段が上がるので悩ましいですけどね。
    櫻:走りはさすがの出来栄え。カーブでの車体の傾きが自然で、足回りが踏ん張ってくれる感じがあり、それはカスタムモデルでより明確になっていたよ。
    大:ターボ付きで加速のときにアクセルペダルを深く踏み込まなくてもいいカスタムモデルは、エンジン音も静か。とはいえ、内装も柔らかい印象の標準モデルには惹かれるな~。
    櫻:その気持ちは大事! カスタムモデルがおすすめといったけど、機能だけがクルマの魅力ではないから、直感的に気に入ったほうを選べば後悔しないと思う。
    大:そうですね。そして気になるラゲッジは、いまやホンダのお家芸といえる低床フロアで積みやすく、後席の座面を持ち上げて収納するチップアップ機能も付いていて、いうことなし!
    櫻:そうだね。1~2名使いがメインなら、積載に悩むことはないと思うよ。

    低床フロアのラゲッジにお気に入りの道具を満載して

    荷物を満載したようす

    後席下に燃料タンクがない独自設計による低床フロア、そして高い天井による抜群の積載性能を誇る。

    後席アレンジ

    後席の背もたれをたたんだ状態。ラゲッジとの段差ができるが、形状は水平に近いので積みやすい。また、自転車を積んだときに車輪を乗せやすい利点も。

    ラゲッジポケット

    ラゲッジの両壁に収納も付く。

    大:従来型の長所を磨き上げた新型N-BOXの人気はさらに高まりそうですが、本誌が注目したいのは、ホンダの純正用品を展開する「ホンダアクセス」のアクセサリー。なかでも天井部分に取り付ける大型収納には、フロントガラスのサンシェードも内蔵されているんです。これは便利!
    櫻:高い天井を生かしたアイデア商品だね~。ほかにも取りはずして洗えるラゲッジトレーや水遊びしたあとでも床が濡れないオールシーズンマットなど、機能的なアクセサリーが豊富。ドレスアップも含めたカスタマイズが楽しめる。
    大:基本設計の良さだけでなく、さまざまなアイデアでソト遊びを盛り上げるN-BOXは、ソロキャングルマの有力候補ですね!

    前席は直感操作と居心地の良さを追求

    インパネ

    室内もメッキパーツなどの派手な加飾は抑えられ、シンプルで収納の多い設計。各部が直感的に操作できる。

    フロントシート

    大きめに設計されたシートのおかげで疲労は感じにくい。標準モデルのシートは柔らかな印象のグレージュカラー。

    アレンジ多彩な後席空間はさらに広くなった!

    後席の広さ

    大人4人が快適に座れる設計で、後席もご覧のとおりの広さ。肩やひじ周りの空間も広がった。

    後席跳ね上げ

    チップアップ機能付き。中型犬のケージを床に置いたり、車中で取り出せるように大型クーラーを積み込んだりと、使い方は自在!

    後席スライド

    左右別々に最大19㎝スライド可能。3人乗車でも積みやすい!

    アウトドアで活躍する純正アクセサリーも!

    ホンダアクセス用品

    天井左右の大型収納にはタオルなどを入れておける。助手席側にはティッシュボックスをさかさまに収納。下からティッシュを取り出せて便利!

    フロントサンシェード

    さらに、上から引き下ろすタイプのサンシェードも装備。車中での休憩に便利。「サンシェード内蔵 大型ルーフコンソール」3万4,650円(税込み)。

    SPECIFICATIONS

    【駆動方式】 2WD

    【ボディー寸法】
    全長 3,395㎜
    全幅 1,475㎜
    全高 1,790㎜
    最低地上高 145㎜
    最小回転半径 4.7m
    ホイールベース 2,520㎜
    タイヤサイズ 165/55R15
    車両重量 940kg
    乗車定員 4名

    【エンジン】
    排気量・種類 658cc直列3気筒ターボ
    最高出力 47kW(64PS)/6,000rpm
    最大トルク 104N・m/2,600rpm
    燃料種類 無鉛レギュラーガソリン
    燃費(WLTCモード) 20.3km/ℓ

    【トランスミッション】 CVT

     

    ※構成/櫻井 香 撮影/早坂英之 

    (BE-PAL 2024年2月号より)

    NEW ARTICLES

    『 試乗記 』新着編集部記事

    スバル「レヴォーグ レイバック」試乗レビュー!"地面から200㎜"の余裕が行動範囲を広げるぞ

    2024.06.02

    オフロードで実感!ヨコハマタイヤ「ジオランダーA/T4」は週末のソト遊びにフィット

    2024.05.22

    北京のSUVがヤバいです! 仰望(ヤンワン)の「U8」は1200馬力でドローンまで搭載

    2024.05.20

    フォルクスワーゲンで一番人気の「T-ROC」、アウトドアフィールドでの使い勝手&走りはどう?

    2024.05.12

    ランドクルーザー250にランクル300のオーナー(ピストン西沢)が乗ってみた!

    2024.04.27

    夢はでっかくポルシェでキャンプ!「カイエン」ってこんなに楽しいぞ~

    2024.04.23

    キャンプにもレクサスがGOOD!コンパクトSUV「LBX」なら、どんなときもノンストレスだ~

    2024.04.19

    このクルマ知ってる?軽EV「ASF2.0」はたっぷり積めてよく走るぞ!

    2024.04.16