入手困難だった「ダイソーメスティン」って改めて何がすごい!?おすすめレシピも紹介 | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 調理器具・食器

    2023.12.02

    入手困難だった「ダイソーメスティン」って改めて何がすごい!?おすすめレシピも紹介

    メスティンのアップ画像。

    1合炊きのダイソーメスティン。蓋と折りたたみ式のハンドルが付属しています。

    ダイソーメスティンとは

    自宅でもアウトドアでも使い勝手がよく、キャンパーだけでなく料理好きの人の間でも人気があるメスティン。

    今回はそんなメスティンの中でも、100円ショップ・ダイソーから販売されているダイソーメスティンの魅力と、おすすめのレシピを2つご紹介します。

    そもそもメスティンとは、アルミ製の飯盒のことです。

    昔ながらの飯盒とは異なり、形状は長方形。付属する持ち手は折りたたみ可能でり、取り外すこともできます。

    炊飯はもちろん、煮物、蒸し物など、さまざまな料理に活用できるのも特徴です。

    さまざまなメーカーから販売されていますが、中でもダイソーメスティンは価格の安さと使い勝手のよさから、大ヒットしている商品です!

    サイズ展開とおすすめの用途

    大きなメスティンの中に小さなメスティンがスタッキングされている様子。

    外側から3合炊きのダイソーメスティン、1.5合炊きのダイソーメスティンとほぼ同サイズのトランギア社のメスティン、1合炊きのダイソーメスティンです。

    ダイソーメスティンのサイズは以下の3つになります

    ・1合炊き
    ・1.5合炊き
    ・3合炊き

    1合炊きは小型なので、ソロキャンパーや、荷物を軽量化したい徒歩キャンパーにおすすめ。

    1.5合炊きは、ソロ〜デュオキャンパーに便利なスタンダードサイズです。

    3合炊きはファミリーキャンパーにおすすめ。大型なので、炊飯以外の調理にも使い勝手がよく、汎用性が高いサイズです。

    シーズニングは必要?フッ素加工なの?

    メスティンの内側のアップ画像。

    1合炊きメスティン。内側はアルマイト加工が施されています。

    ダイソーメスティンはフッ素加工が施されていませんが、傷や焦げ付きに強くなるアルマイト加工が施されています。

    そのため、シーズニングをしなくてもすぐに使用ができますが、パッケージには「必須ではありませんが、シーズニングをすることで焦げ付きにくいメスティンになります」と記載があります。

    シーズニングは30分ほどでできる作業です。使用を急いでいなければ、購入してからひと手間かけてやっておくことをおすすめします。

    また、ダイソーからは本体の全体が黒い、黒メスティン(1合と1.5合炊きのみ)も販売されています。

    通常のメスティンとの違いは、内側のコーティング。黒メスティンにはフッ素加工が施されており、一般的なメスティンよりも熱や焦げ付きに強く、より食材が付着しにくのが特徴です。

    他社のメスティン(トランギア社製)との違い

    2つのメスティンが机の上に並んでいる様子。

    左がトランギア社のメスティン、右が1合炊きのダイソーメスティンです。

    メスティンの老舗であるトランギア社のメスティンと、ダイソーメスティンとの違いをお伝えします。

    トランギアからはダイソーメスティンの1.5合炊きとほぼ同サイズの「メスティン」、3合炊きとほぼ同サイズの「ラージメスティン」が販売されています。

    1合炊きと同サイズのものは、トランギアからは販売されていません。

     

    そんなサイズ展開の豊富に加え、最大の魅力がその価格。トランギアのメスティンが税込み2,200円なのに対して、ダイソーメスティン1.5合炊きは税込み880円。

    ラージメスティンが税込み3,190円なのに対して、ダイソーメスティン3合炊きは税込み1,100円。

    見た目にはほぼ違いが見られず、あえて言うならば、ダイソーメスティンのほうが若干丸みをおびた形状です。

    また、トランギアのメスティンのほうが少しだけ素材に厚みがありますが、実際に使っていて、使い勝手の違いは感じられませんでした。

    1合炊きメスティンでごはんを炊く方法

    3合炊きのダイソーメスティンの内側の様子。

    3合炊きのダイソーメスティンの内側。炊飯に便利な目盛りがついている。

    1.5合炊きと3合炊きのメスティンには、炊飯の際に便利な目盛りがついていますが、1合炊きのメスティンには目盛りがありません。

    そのため、炊飯には少々コツがいります。ここでは、1合炊きダイソーメスティンでの炊飯のコツをお伝えいたします。

    洗米と水の量

    メスティンに米と水が入っている様子。

    1合炊きのダイソーメスティンに米1合と水200mlを入れた様子です。持ち手のリベット部分を目安にし、水の量を参考にしてみてください。

    1合炊きのダイソーメスティンに1合の米を入れ、水をたっぷりと入れてよく研ぎます。

    研ぎ終えたら炊飯に使う水200mlを注いで、夏場は30分以上。冬場は1時間以上よく浸水させましょう。

    おすすめの加熱方法

    炊飯におすすめなのは、アウトドア用のバーナーです。なぜなら火力調節が容易にでき、アルコールバーナーや固形燃料と比べて風に強いものが多いためです。

    バーナーで炊飯する場合は、たったの3ステップで炊飯が完了します。

    1. バーナーを強火にし、1合炊きのメスティンを火にかけ、上に重しをのせる。
    2. 沸騰して湯気が立ち上り、水分が噴きこぼれたら弱火にして10分放置する。
    3. 火から下ろし、タオルなどでメスティンを包んで15分以上蒸らす。。

    これだけで、できたてホカホカのご飯が食べられます!

    「半自動炊飯」のやりかた

    1合炊きのダイソーメスティンと、固形燃料を使用した「半自動炊飯」の方法もお伝えしましょう。

    固形燃料はバーナーよりも火力が弱いため、若干炊飯には時間がかかりますが、火をつけてほぼほったらかしで炊飯できるので手軽なのがGOODポイントです。

    固形燃料炊飯のポイント

    固形燃料は様々なサイズのものがありますが、30分ほど燃焼する量を用意すればOK。

    例えば、固形燃料の中でも人気のある、エスビットのミリタリー(14g)を使用する場合は、1個で12分ほど燃焼するため、3個ほど必要になります。

    固形燃料を使用するにはポケットストーブなど、五徳がついた道具が必要になります。また、固形燃料は風に弱いため、風が吹く日には風防の併用がおすすめです。

    1.米を研ぎ浸水させる 

    バーナーを使う際と同様、1合の米を研いでから、水を200ml注ぎ、夏場は30分以上、冬場は1時間以上よく浸水させます。

    2.メスティンを火にかける

    ポケットストーブに固形燃料を設置して、ライターなどで直接火をつけます。

    火がついたらメスティンをのせて30分ほど放置します。

    3.火から下ろして蒸らす

    固形燃料を追加しつつ、火を維持した状態で30分後、メスティンを火から下ろします。

    火から下ろしたら、タオルなどでメスティンを包んで、15分以上蒸らせば完成です!

    3合炊きメスティンならこんな料理も作れます。ラーメンパスタから、本格料理まで!

    メスティンは炊飯だけでなく、様々な調理ができる万能クッカー。そこでほかにの料理・調理法を紹介します。

    蒸すだけかんたんシューマイ

    メスティンの中にホカホカのシューマイが並んでいる。

    メスティンとメスティン用網を使えば、蒸し料理もお手の物。

    蒸し料理には、同じくダイソーから販売されているメスティン用網を使用すると便利です。

    手順はかんたん。

    1. メスティン用網をメスティンの内側に敷き、水をメスティン用網の下側に注ぎます
    2. 網の上にシューマイを並べ、蓋をしてメスティンを強火にかけます
    3. メスティンの蓋の隙間から湯気が出てきたら、弱火にして、パッケージの表記通りの時間温めればできあがり

    まぜるだけパスタ

    時短のために、各社から販売されている、混ぜるだけでできあがるパスタソースと、ゆで時間の短いパスタを使用します。

    1. メスティンに水を注ぎ強火にかけます。水の量はパスタ100gに対して200~250mlが目安。
    2. 水が沸騰したら弱火にして、パスタを入れ、袋に記載されている時間茹でます。
    3. パスタをざるに入れて水をきり、皿に入れて、パスタソースを和えればできあがりです。

    製造中止や売り切れの情報は本当?

    ダイソーメスティンは非常に人気で一時期店頭で在庫がないことがあり、「製造中止なのでは?……」と噂が立ちました。

    現在では供給が落ち着いてきているようで、店頭やオンラインショップでも見かけるようになりました。。

    メスティンはアウトドアだけでなく自宅でも活躍するので、ぜひ使ってみてくださいね!

    私が書きました!
    アウトドアライター
    のまどう
    行く先のあてもないバックパッキング、ソロキャンプ、登山が大好物です。とはいえフラフラは出来ず、最近は子供とのキャンプと自宅に並べたギアを眺めての想像の旅に夢中です。千葉の最南端在住。田舎暮らし満喫中。インスタはこちら

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    キャンプの夜に日本酒を楽しむなら「ちろり」をおすすめしたい!

    2024.02.28

    パワフル・静音・コンパクト!「Ninja Blast コードレスミキサー」はアウトドアにも持ち運びしやすいぞ

    2024.02.19

    火加減自在で失敗しにくい!アウトドアでも家でもキャンプ料理が楽しめる「Toffy ホットメスティン」

    2024.02.18

    樽から注いで、はい乾杯!「ハイネケン5Lケグ」の発売が決定したぞ

    2024.02.04

    本体内に全パーツを収納可能!キャンプで使いやすい持ち運びできるピザ窯が登場

    2024.02.04

    レトロな雰囲気がいいね!ホーローのミルクパンは寒い日のキャンプで大活躍

    2024.02.03

    ロゴスのこれで気軽に薫製おつまみ完成!「LOGOSの森林 ちょっとスモークするリッド」

    2024.01.31

    日本の職人が作る焚き火道具ブランド「TAKIBISM」から、おしゃれな鉄製フライパン登場!

    2024.01.29