コーヒーの味を決める「煎り」と「挽き」を正しく理解していますか? | ナチュラルライフ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ナチュラルライフ

    2017.05.29

    コーヒーの味を決める「煎り」と「挽き」を正しく理解していますか?

    2つの基本「煎り」と「挽き」を理解して自分好みのコーヒーを!

    アウトドアでも美味しいコーヒーを淹れようと試行錯誤しているみなさんに質問です。

    コーヒーの味を決める「煎り」と「挽き」について正しく理解していますか?

    この2つの基本を理解していなければ、どんなにいいマシンを使おうとも、どんなにドリップを頑張っても自分好みのコーヒーは淹れられません。

    スペシャリティコーヒーショップ「ザ・ファイブ・ビーンズ」店主の森嵜健さんに解説してもらいました。

    苦味を楽しむなら深煎り、豆の成分を楽しむなら浅煎り

    「深煎りのほうが苦みは強くなるのですが、コーヒー豆が本来持っているカフェインなどの成分は、浅煎りのほうが多く残っています」と森嵜さん。

    ●深煎り(画像左)ハイローストとも。苦みが出せるので、カフェオレなどに。胃にもやさしい。
    ●中煎り(画像左)ミディアムローストとも。苦み、酸味、香りのバランスを楽しむ。ドリップで。
    ●浅煎り(画像右)ライトローストとも。成分が強い。飲みなれない人は夜はさける。休憩時などに。

    NEW ARTICLES

    『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

    禁じられた熊狩りに挑む『プロミスト・ランド』ほか6月に観たい映画2選

    2024.06.15

    グルテンフリー&おいしい「ZENB(ゼンブ)」キッチンカーが東京、神奈川、千葉を巡回中

    2024.06.01

    富士山を望む絶景を独り占めできる穴場サイトをBE-PAL編集部員が発見!

    2024.05.07

    焚き火の「灰」を使って洗剤作りに挑戦!今日からできるSDGs的社会貢献とは?

    2024.04.28

    パスタの茹で汁、捨てないで!アウトドアでの驚くべき活用法があった

    2024.04.16

    GWにおすすめの映画2選!美しい自然と人との関わり方について考えさせられる

    2024.04.12

    えっ!? あの「ほりにし」からスパイス…じゃなくて“クリーナー”が爆誕したって知ってた?

    2024.04.05

    レジャーだけじゃない!「大学×アウトドア企業」で切り開かれる新たな可能性

    2024.03.23