コーヒーの味を決める「煎り」と「挽き」を正しく理解していますか? | ナチュラルライフ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2

コーヒーの味を決める「煎り」と「挽き」を正しく理解していますか?

2017.05.29

挽き目が粗いあっさり味、細かいと苦味が増す

コーヒー豆の挽き目は「粗挽き」が美味しいように思われがちだが、「それぞれに合った豆や飲み方があるので一概にはいえない」と森嵜さん。

「挽きが粗いと湯に接する面積が少ないので、あっさりとした味になる。反対に細かいものは、苦みなどが強く出ます」

●粗挽き(画像左)パーコレーターやプレス向き
●中挽き(画像中央)ドリッパーでの抽出向き
●極細挽き(画像右)エスプレッソメーカー向き

 

「ザ・ファイブ・ビーンズ」店主
森嵜健さん
生産~輸送まで品質管理を徹底した「スペシャルティ・コーヒー」の自家焙煎専門店を営む。サーフィンやキャンプなど、自身もアウトドアを楽しんでいる。
http://www.five-beans.com/

◎構成/藤原祥弘 ◎撮影/矢島慎一

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。