新たな展開を始めたブランドに注目!「Off the Grid 2017」レポート Part4 | ニュース 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2

  • ホーム
  • ニュース
  • 新たな展開を始めたブランドに注目!「Off the Grid 2017」レポート Part4

新たな展開を始めたブランドに注目!「Off the Grid 2017」レポート Part4

2017.05.25

軽さと暖かさを追求した世界最軽量級シュラフ

nap

今までにないコンパクト性を実現したナンガの新作シュラフ「MINIMARHYTHM 180」。サイズは最大長210×最大肩幅80cm(標準値)。収納サイズは直径13×20cm。重量は約325g 。4万6500円(税別)。

「nap(ナップ)」は、ダウン・ギア・ブランドの「NANGA(ナンガ)」が、東京・吉祥寺に2016年9月にオープンしたコンセプトショップ。シュラフを中心として衣料も扱う同店がお披露目したのは、ナンガの新作シュラフ「MINIMARHYTHM(ミニマリスム)」。「MINIMARHYTHM 180」と「MINIMARHYTHM 250」があり、それぞれダウンの重量を示している。極薄ながら高い強度を持つ7×5デニールのナイロンリップ(裏地は10×7デニール・ナイロンリップ)に高品質なハンガリー産シルバーグースのダウンを詰め込んだこのシュラフは、圧倒的なコンパクトさと軽さを併せ持ちつつ、想定温度0℃での使用を前提にテストを重ね、開発されたという。
問い合せ:ナンガ公式ウェブサイト http://nanga-schlaf.com/

 

ナンガは良質のダウンを用い国内生産を貫くダウン・ギアのブランド。東京・吉祥寺の「nap(ナップ)」は、その二軒目のコンセプト・ショップ。

「nap」のスタッフ加藤一治さん(右)と手伝いに駆けつけた常連さん。同店ではナンガのシュラフを中心にダウン・ウェアも扱う。

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • ニュース
  • 新たな展開を始めたブランドに注目!「Off the Grid 2017」レポート Part4

関連記事

『 ニュース 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。