キャンプ用品のレンタルサービスはどこがおすすめ?選び方も解説 | キャンプのコツ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンプのコツ

    2023.07.21

    キャンプ用品のレンタルサービスはどこがおすすめ?選び方も解説

    キャンプ初心者の中には、道具をレンタルしたいと思っている人も多いでしょう。キャンプ用品がレンタルできるおすすめのサービスを紹介します。レンタルサービスの選び方や、道具のレンタルができるキャンプ場も紹介するので、ぜひチェックしてください!

    キャンプ用品レンタルサービスの選び方

    キャンプギアを選ぶ様子

    「初心者女性限定のキャンプ場が伊豆にあった!編集・梶原が早速チャレンジ」https://www.bepal.net/archives/324934

    キャンプ用品のレンタルサービスは数多くありますが、特徴やサービス内容は千差万別です。自分に合ったサービスを見つけるための選び方を三つ紹介します。

    レンタルプランが目的に合っているか

    キャンプ用品のレンタルプランは、セットと単品の二つに分けられます。セットは人数や内容に合わせて必要な道具が一式そろっているプランで、単品は文字通り必要な道具を1個単位で借りられるプランです。

    初心者の場合、どのような道具が必要か分からないケースが多いかもしれません。そのため初心者の人は、セットで借りるのがおすすめです。キャンプ道具一式だけでなく、防寒器具やクッキングセットなど特定の用途向けのセットも用意されています。

    ある程度道具を持っており、一部足りないものをレンタルしたいときや、特定のメーカーのギアを試してみたいときには単品が向いています。

    キャンプ場へ直接配送できるか

    ギアを直接配送ができるかどうかもチェックしましょう。キャンプ場へギアを直接配送できれば、当日は手ぶらでキャンプができるので、移動が格段に楽になります。サービスによっては、キャンプ場からの返却に対応しているところもあります。

    ただし業者側が直接配送に対応していても、事前にキャンプ場へ許可を取る必要があることがほとんどです。キャンプ場への許可は自分で取る必要があります。また、指定のキャンプ場のみにしか配送できないこともあるので注意しましょう。

    料金体系もチェック

    レンタルサービスの料金体系は『レンタル料・配送料・補償料』が基本です。このうち、レンタル料はプランや利用期間によって変動します。2泊3日・3泊4日などサービスによって最低利用期間も異なるので、料金を見るときは期間も併せて確認しましょう。配送にかかる日数を利用期間に含めるかどうかも、サービスによって異なります。

    また、配送料は必ずチェックしておきたいポイントです。サービスによっては配送料が無料、一定金額以上の利用で無料のところがあります。できるだけコストを抑えたい人は、配送料が無料にできるところを選ぶのがおすすめです。

    補償料とはギアを破損してしまったときの保険のことです。加入は任意または必須の場合に分かれています。補償料は1,000~2,000円の場合が多いので、万が一のときの負担を軽くしたいなら加入した方が安心でしょう。

    おすすめのキャンプ用品レンタルサービス

    ソロキャンプをする様子

    「初心者女性限定のキャンプ場が伊豆にあった!編集・梶原が早速チャレンジ」https://www.bepal.net/archives/324934

    料金とサービスのバランスがよい、おすすめのキャンプ用品レンタルサービスを紹介します。業界大手も多くあり、大手ならではのきめ細かいサービスを展開しているところもあります。

    そらのした

    自社がクリーニング工場を兼ねており、いつでもきれいなキャンプギアをレンタルできるサービスです。テントのクリーニングは1~2万円するのが相場ですが、クリーニングと変わらない値段でレンタルができる点が大きな魅力です。

    また使用後は汚れた状態でも返却を受け付けています。また配送日と返却日がレンタル期間に含まれないので、土日の1泊2日で借りたとしても、金曜日に受け取り、月曜日に返却ができます。

    キャンプ場への直接配送には対応していますが、自分で事前に許可を取る必要があります。価格よりも品質を重視する人におすすめです。

    そらのした

    Tental

    初心者向けのセットから、グランピングセット、大型幕まで幅広いプランを用意しているレンタルサービスです。本州を中心に直接配送が可能なキャンプ場が多数あり、まだキャンプ場が決まっていない人は一緒に予約をするのもよいでしょう。ただし直接配送の許可は自分で取る必要があります。

    5,000円以上の利用で、往復送料が無料になる点には注目です。キャンプセットはすべて1万円を超えるので、キャンプセットなら送料は無料で利用できます。

    ノルディスクやスノーピーク、DODなど人気ブランドも取り扱っており、品質面でも安心して利用できるでしょう。

    Tental

    レンタルショップ Just Time

    キャンプ用品だけでなく、イベント設備やハロウィン用の仮装道具など幅広いアイテムを取りそろえているレンタルサービスです。通常のファミリーキャンプセットに加え、少人数用やおうちキャンプセットなどもあり、ニーズに合わせてぴったりのプランを選べるでしょう。

    キャンプ場への配送は、住所があり管理人が常駐する場合に可能です。許可は事前に自分で取得しておく必要があります。また、複数のアイテムを個別でレンタルした場合も、返却時には同梱が可能です。送料は、荷物の大きさに応じて最安値のサイズで設定してくれるため、送料の節約につながるでしょう。

    レンタルショップ Just Time

    キャンプデイズ

    森や海、フェスなど、自分らしいアウトドアライフをサポートしてくれるレンタルサービスです。スノーピークやコールマン、ヘリノックスなど有名ブランドのギアを中心に取りそろえています。

    5,000円以上の利用で送料が無料になるので、セットをレンタルすれば送料を節約できるでしょう。事前の許可取りをすれば、キャンプ場への直接配送も可能です。補償料が料金に含まれているサービスが多い中、キャンプデイズでは保険加入は任意となっています。少しでも料金を節約したい人は、加入しないことも可能です。

    キャンプデイズ

    GOGO CAMP

    ギアはすべてコールマン製品で統一しており、コールマンファンにはうってつけのレンタルサービスです。同じブランドでそろえることで、統一感が出ておしゃれになるほか、ギア同士の互換性も高まるので初心者にも適しています。

    商品の入れ替えやメンテナンスを徹底しており、いつでも新品同様のギアをレンタルできるのが売りです。1万円以上の利用で送料が無料になるので、送料を節約したい人はセットを申し込むとよいでしょう。

    また、LINEの公式アカウントを追加すれば、テント・タープの設置方法を動画で見られるのも初心者に優しいポイントです。

    GOGO CAMP

    アートレンタル

    約30年にわたりイベント用品のレンタルを行っている、老舗のレンタルサービスです。原則単品でのレンタルのため、足りないギアをピンポイントで借りたい人におすすめです。ギアはテントから寝袋・クーラージャグ・カセットコンロまで幅広く取りそろえています。

    主にイベント向けの発電機・電気ポット・かき氷機などもレンタルできます。他のレンタルサービスでは借りられない便利アイテムを借りたい人は、ぜひ探してみましょう。

    アートレンタル

    ソトリスト

    店舗受け取りなら、前日の昼12時まで※ 予約ができるレンタルサービスです。1,400点以上のアイテムをそろえており、初心者から上級者まで快適なキャンプをサポートしてくれるでしょう。清掃不要で返却OKなので、気軽に利用できます。

    事前の許可取りをすればキャンプ場への直接配送も可能です。送料はレンタル料金に含まれるため、別途かかる心配はありません。1,000円の補償サービスには加入が必須ですが、最大1万円まで補償されるため安心して利用が可能です。困ったことがあれば、平日10:00~18:00の間でチャットサポートを受けられます。

    ※配送の場合、3日前の昼12時まで

    ソトリスト

    リーズナブルなキャンプ用品レンタルサービス

    キャンプを楽しむ女性

    「外で飲むクラフトビールがとにかくおいしい!お酒好き垂涎のキャンプ場に行ってみた」https://www.bepal.net/archives/297649

    リーズナブルな価格設定が魅力のレンタルサービスを紹介します。価格だけでなく周辺サービスの充実度もチェックし、総合的に判断しましょう。

    ニューリーブス

    8,800円以上の利用で送料が無料になるレンタルサービスです。セットでレンタルすれば、単品でレンタルするよりも最大30%ほど料金がお得です。

    利用期間には受け取り日・返却日が含まれますが、3泊4日までなら追加料金なしで利用できます。受け取りや返却期限に注意すれば、最大3泊のキャンプが可能です。

    事前に許可を得ていれば、キャンプ場への直接配送も対応しています。保険プランは1,000~3,000円までのプランが用意されており、加入は任意です。3,000円のプランなら最大5万円まで補償されますが、少しでも節約したい人は加入しないという選択肢も取れます。

    ニューリーブス

    タナベスポーツ

    業界最速・最安値に挑戦しているレンタルサービスです。補償料は料金に含まれており、別途計算する必要がありません。また送料は3,980円以上の利用で無料になるため、ほとんどの場合で無料になるでしょう。

    さらに利用料金に応じて、10~15%のポイントが付与されます。1ポイント1円で利用でき、2,501ポイント以上から利用できます。新規会員登録をすると、1,000ポイントが付与されるので、初回利用者はお得に利用できます。

    事前に許可を取ればキャンプ場への配送も対応しているなど、サービス面も充実している点も魅力です。

    タナベスポーツ

    Lente

    上限5,000円までの補償が料金に含まれており、リーズナブルに利用できるレンタルサービスです。ファミリーキャンプはもちろん、車中泊セットやシーズンもののセットなど幅広いメニューが特徴的です。基本3泊4日の余裕のあるプランで借りられます。

    8,000円以上の利用で送料が無料になるため、節約したい人はファミリーセットを利用するとよいでしょう。自分で許可を取れば、キャンプ場への直接配送も可能です。通常発生しうる汚れであれば、返却時に清掃が不要な点も便利です。

    Lente

    スーパーレンタルショップ ダーリング

    キャンプ用品をはじめ、イベントや生活家電など幅広いジャンルの用品のレンタルを行っているサービスです。コールマン・ロゴス・モンベルといった人気ブランドのキャンプセットが、2日間1万円以下で借りられるリーズナブルさが魅力です。

    単品アイテムの単価も抑えめなので、とにかく価格を重視する人にはおすすめです。承諾が取れていれば、キャンプ場への直接配送にも対応しています。ポイントが貯まる会員サービスもあるため、リピートを検討している人は登録してみてはいかがでしょうか。

    スーパーレンタルショップ ダーリング

    ユニークなサービスがあるレンタルサービス

    「「まずは買う前に借りてみる」キャンピングカーライフの第1歩」https://www.bepal.net/archives/55962

    キャンピングカーのレンタルや送迎サービスなど、他とは一風変わったサービスを提供しているレンタル業者もあります。ユニークなサービスが特徴のレンタル業者を二つ紹介します。

    ミッションレンタルギア

    キャンプ用品だけでなく、キャンピングカーのレンタルも行っているサービスです。キャンパーなら一度は、キャンピングカーでの旅にあこがれたことがあるのではないでしょうか。

    キャンプ用品のセット内容は主に、テーブル・チェアとテント・タープ、調理セットで分かれています。ギアはコールマンやスノーピークを中心にそろえており、品質面も安心です。

    ただしキャンピングカーの発着が、宮城県にある店舗になる点には注意が必要です。店舗以外での返却も可能ですが、距離に応じて追加料金が発生します。東北方面へ旅行する際に利用すると便利でしょう。

    ミッションレンタルギア

    Ren Camp

    当日来店でのレンタル・返却が可能な、便利なレンタルサービスです。急な雨でタープを借りたいときや、直前で人数が増えた分の寝袋を借りたいときでも、ギアを貸し出してくれるのは便利でしょう。

    店舗は東京都板橋区にあり、来店でのレンタル・返却ができれば送料はかかりません。事前確認をすれば、キャンプ場への直接配送も可能です。

    また送迎サービス付きの『手ぶらキャンプ』も実施しています。スタッフがキャンプ当日に送迎をしてくれ、テント設営などもサポートしてくれます。文字通りの『手ぶらキャンプ』を楽しみたい人は、ぜひ利用してみましょう。

    Ren Camp

    ギアのレンタルができるおすすめキャンプ場

    キャンプを楽しむ人物

    「シェルター 、タープ、 ハンモック……快適に過ごすためのリビング幕6選!」https://www.bepal.net/archives/314928

    ギアのレンタルができるおすすめのキャンプ場を利用すれば、ギアとキャンプ場を別で予約する手間を省けるでしょう。現地でギアの貸し出しを行っている、おすすめのキャンプ場を三つ紹介します。

    無印良品キャンプ場

    津南・南乗鞍・カンパーニャ嬬恋の3カ所にキャンプ場を展開しており、いずれもギアのレンタルができます。津南のキャンプ場は標高約903mの山伏山に隣接しています。ブナ・ミズナラなどの広葉樹林と、信濃川を望める場所で、非日常感あふれるひとときを過ごせるでしょう。

    南乗鞍は標高約1,600mのところにあり、カヤック・MTB・露天風呂など自然を生かしたアクティビティを思う存分楽しめます。カンパーニャ嬬恋は浅間山・四阿山・草津白根山の日本三名山を一望できる立地にあり、湖での釣りやトレッキングができます。アウトドア教室も展開されており、子どもたちや家族との思い出を作るのにおすすめです。

    無印良品キャンプ場

    PICA Fujiyama

    富士山麓にある人気のキャンプ場です。ギアのレンタルはもちろん、コテージ泊もできるため手ぶらキャンプの選択肢は広いでしょう。ギアのレンタルだけでなく、食料・カトラリー・燃料類なども現地で販売されています。

    本格的なピザ窯を完備したレストランやシャワールームも設置されており、キャンプ初心者でもストレスなく楽しめます。テントやハンモックに囲まれたワーキングスペースもあり、急な仕事が入ってもリラックスした空間で作業が可能です。

    PICA Fujiyama

    手ぶらキャンプ by Snow Peak

    スノーピークが提供する、1泊2日の手ぶらキャンプサービスです。ギアはスノーピークが用意してくれるので、利用者側で用意するのは食料や着替えなどのみです。初めてのキャンプでも、スタッフがテントの設営方法からキャンプでのマナー、近隣施設の情報などを手取り足取りサポートしてくれます。

    直営キャンプ場は北海道から大分まで幅広く展開しており、いずれもシャワールーム完備なのでキャンプ中のお風呂事情も心配いりません。提携キャンプ場もあり、その数は今後も増加する予定です。

    手ぶらキャンプ by Snow Peak

    まとめ

    3つのハンモック

    「「ヘネシーハンモック」で冬のハンモックキャンプ、-2度Cの夜に耐えられる? ベテランキャンパーに防寒対策を聞いてみた!」https://www.bepal.net/archives/219649

    キャンプ初心者や、お試しでキャンプをしてみたい人にとっては、いきなりすべてのギアをそろえるのは気が引けるでしょう。そんなときはレンタルサービスがおすすめです。キャンプ場に直接配送できるサービスも多くあり、手ぶらキャンプを楽しめるはずです。

    レンタルサービスを利用する際は、プランや料金体系を事前にしっかりチェックします。利用期間に配送日や返却日は含まれるのか、保険には加入が必須かによって料金やコストパフォーマンスが変わります。自分に合ったレンタルサービスを見つけ、手軽にキャンプを楽しみましょう。

    NEW ARTICLES

    『 キャンプのコツ 』新着編集部記事

    スクエアタープの張り方をシーン別に最適なものを解説!おすすめの商品まで紹介

    2024.04.22

    ロープで輪っかを作る結び方!キャンプで活躍する結び方をこれでマスター

    2024.04.20

    自在金具の使い方を種類別に解説!キャンプでの必需品を使いこなすには?

    2024.04.06

    キャンプのレイアウトを考えよう!参考になるものを状況やグッズなどとあわせて紹介

    2024.03.27

    雪中キャンプ、北欧ではどう楽しんでいる?テントの選び方ほかスウェーデンのアウトドアガールが解説

    2024.02.29

    柱へのロープの結び方8選!キャンプで活躍するスキルを身に付けよう

    2024.02.20

    南京結びって知ってる?トラック荷台の結び方だけどキャンプでも便利だぞ!

    2024.02.06

    冬キャンプで失敗しないために必携の持ち物とは?経験者が明かす三大失敗談も

    2024.01.30