人気ブランドの優秀カラビナ9選!登山からストリートまでマルチに活躍 | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    アウトドア雑貨・小物

    2023.05.22

    人気ブランドの優秀カラビナ9選!登山からストリートまでマルチに活躍

    さまざまなシーンで大活躍のカラビナを、人気アウトドアブランドを中心に9個厳選して紹介します。比較しやすいようにジャンル別に分類しているので、使用例や選び方を参考に、必要な機能を持ったカラビナを探してみましょう。

    カラビナが活躍するシーン

    カラビナはアウトドアシーンだけではなく、日常生活でも使っている人を多く見かけます。まずは、カラビナがどのようなシーンで活躍するのか見ていきましょう。

    登山以外のアウトドアでも活躍する

    カラビナとは金属製のリングで、もともとは登山用の道具です。一部が開閉できるようになっており、ハーネスやロープを通して安全確保する際に使われるのが一般的です。

    キャンプシーンでは、デイジーチェーンやロープと組み合わせ、吊り下げ収納として活躍します。ランタンやタオルなどの小物の整理のほか、カトラリー類を乾燥させるときにも重宝するでしょう。

    また、タープやハンモックを張るときに「毎回ロープを結ぶのが面倒だ」と思っている人も少なくありません。そのような場合も、ロープの先にカラビナを付けておくと設営がスムーズになります。

    カラビナをケーブルクリップ代わりにし、ロープをくるくるとまとめてしまえば、コンパクトになり撤収も迅速です。

    ファッションにも取り入れられるカラビナ

    アウトドアシーンで活躍するカラビナですが、近年では普段使いしたくなるようなおしゃれなデザインが増えています。

    カラビナはデザインやカラーにこだわった製品も多くあり、キーホルダー代わりとしてベルトループに通している人も珍しくありません。

    手ぶらで楽しみたい野外フェスでは、スマホや水筒を吊り下げたり、お気に入りのチャームを付けてバッグに付けたり、ファッションアイテムとしても便利に使用できます。

    犬の散歩ついでにコンビニエンスストアやスーパーに寄る際には、リードを一時的に固定するのにも役立ちます。通す部分があれば、何でもどこにでも引っかけられるのがカラビナの魅力です。

    カラビナを選ぶポイント

    「カラビナを買ったから、これで何でも吊り下げられるぞ」というわけではありません。カラビナのスペックは製品ごとに異なるため、使用シーンや引っかけるものに合わせた選び方を知っておく必要があります。

    使う用途・デザイン・シーンで選ぶ

    カラビナは、まず「どこで、何のために使うのか」という点からスペックをチェックします。

    登山やクライミングに使うのであれば、最も大切なのは強度です。一般的に、全体重を支えるために、24kNの強度が必要だとされています。スチール・ジュラルミン・アルミニウム合金といった高強度な素材であることも重要です。

    ファッションアイテムとして使い、キーホルダーとしての用途やシェラカップなどそれほど負荷のかかるものを吊り下げない想定であれば、デザイン重視で選んで構いません。アルミニウム製のものだと軽く、邪魔になりにくいでしょう。

    何を引っかけるのかで大きさ・形を考える

    見落としがちなのが「ゲート」と呼ばれる開閉部の大きさです。ゲートの開きが足りないと完全に閉じられず、カラビナとしては満足に使用できません。

    例えば、ハンモックを吊り下げるときに使うなら、登山用と同じくらいの強度と大きさのカラビナを使用したほうが安心です。

    逆に大きく頑丈すぎると、開閉する際に力が必要です。キャンプ中にちょっとした小物を吊すなら、片手で簡単に扱えるくらい製品だと便利に扱えます。

    まずは何を引っかけるのかを考えて、操作性と安全性を兼ね備えたカラビナを選びましょう。

    人気ブランドのアウトドア向けカラビナ

    多くの人から支持を得るブランドには、それなりの理由があります。「信頼の置けるカラビナが欲しい」という人向けに、人気のアウトドアブランドからおすすめのカラビナ3点を紹介します。

    マムート「Cassic HMS Screwgate Carabiner」

    登山からキャンプまで幅広く活用したいのであれば、マムートのカラビナがおすすめです。マムートはスイス発のアウトドアブランドで、安全性の高さに定評があるギアを製造しています。

    カラビナの大きさは約10.7×6.8cm・約63gと、本格的なアウトドアに使いやすい大きさです。縦方向の破断荷重が24kNとなっているので、万が一のときにもしっかり体を支えてくれるでしょう。

    スクリューロック部分には凹凸があり、雨や泥などで汚れていても指を引っかけやすくなっています。

    ゲートには目立つオレンジ色のマーキングがあるので、ロックが完全にかかっているかどうかも、ひと目で判断できるでしょう。

      • 商品名:マムート「Cassic HMS Screwgate Carabiner」
      • マムート公式オンラインストア:商品はこちら

    マムート
    Cassic HMS Screwgate Carabiner

    ゲート開口部:24mm


    ロックテリクス「ザイオンストレート」

    ロックテリクスのカラビナは、全ての製品について10kNの引張強度検査と、傷やひび割れの検査が行われているので、製品のクオリティーに定評があります。

    縦サイズは約10cm、開口幅は約2cmです。大きく開くのでハンモックのような太めのロープも通しやすいでしょう。

    また、こちらのカラビナはゲートスプリングの直径を小さくすることで、疲労により弱った握力でもゲートが開けやすくなっています。

    登山中に疲れがたまったときにもカラビナを操作しやすく、スムーズな移動をサポートしてくれるでしょう。

      • 商品名:ロックテリクス「ザイオンストレート」
      • Amazon:商品はこちら

    ロックテリクス
    ザイオンストレート

    サイズ:タテ長97mm 重さ:41g


    マムート「Element Steel Key Lock」

    スチールに亜鉛メッキが施されたカラビナです。素材の強度は折り紙付きで、耐久性に優れています。

    ただし、スチールはさびやすいという特性もあるため、長く使うには適切なメンテナンスが欠かせません。雨天で使用したときは、しっかりと水分を拭き取って乾かす必要があります。

    ゲート部分はカーブ状になっており、開口部はストレートタイプに比べて広めです。素早くクリッピングできるので、クライミングにも使いやすいでしょう。

    カラー塗装のない素材のままのシルバーは、ストイックなデザインが好きな人に向いています。

      • 商品名:マムート「Element Steel Key Lock」
      • マムート公式オンラインストア:商品はこちら

    マムート
    Element Steel Key Lock

    サイズ:12.7 x 12.7 x 5.08 cm 重量:28.35 g


    ペツル「アンジュ」

    ペツルはフランスに拠点を置く、登山用ギアをはじめとした保護具を扱うブランドです。高所作業をする人たちにも愛用されており、信頼度の高さには申し分ないでしょう。

    キーロックゲートには、ノーマルタイプ・ワイヤータイプの両方のメリットを取り入れた、モノフィルと呼ばれる独自のゲートシステムが採用されています。

    ワイヤー状になっている分だけ軽く、ノーマルゲートのように開閉しやすいのでストレスを感じません。

    アルミニウム製であることに加えて、断面構造をH型にすることでさらに軽量化されています。重量は約28gです。

    ペツル
    アンジュ

    重量:28g ゲート開口幅:23mm


    人気ブランドのストリート向けカラビナ

    「アウトドアで使いたいけど、普段も活用できるものがいい」という人もいるでしょう。日常使いもできる、おしゃれ度の高いカラビナは次の3点です。

    モンベル「キーカラビナ フラットDカン 7」

    約7.2×4.5cm・約16gの、アルミニウム合金でできたオーソドックスなカラビナです。ワイヤーゲートなので軽く、開閉もスムーズに行えます。

    登山用ではないため、全体重を支えることはできませんが、ちょっとした小物を吊り下げておくには十分です。リュックの中で迷子になりがちなツールを吊り下げておけば、使いたいときにあちこち探し回る必要もありません。

    全5色とカラーバリエーションも豊富です。カラフルなキャンプサイトなら、ラックやロープに色違いで並べて吊しても楽しいでしょう。

    • 商品名:モンベル「キーカラビナ フラットDカン 7」
    • モンベル公式オンラインストア:商品はこちら

    チャムス「ブービーカラビナ」

    「個性的でおしゃれなカラビナが欲しい」という人におすすめなのが、ポップなデザインが魅力のブランド、チャムスのカラビナです。

    マスコットキャラクターでもあるブービーバードをかたどったデザインは、鮮やかなメタリックカラーが採用されており、山でも街でも人目を引くことでしょう。

    バッグやベルトループに引っかけると、おしゃれ度を格上げするアクセントになります。

    もちろんアクセサリーとしてだけではなく、キーホルダーや吊り下げ収納アイテムとしても役立ちます。

    • 商品名:チャムス「ブービーカラビナ」
    • チャムス公式オンラインストア:商品はこちら

    チャムス
    ブービーカラビナ

    サイズ: 6.5cm


    コロンビア「ナイオストリームショートキーリング」

    主にキーホルダーとして使いたいと考えているなら、コロンビアのカラビナ付きキーホルダーがおすすめです。

    小ぶりなカラビナとリングを、テープタイプのストラップで連結したデザインです。ストラップ部分のコロンビアのロゴがアクセントになっています。

    キャンプやハイキングのときには、シェラカップやカトラリーなど、軽量ツールであれば吊り下げられるでしょう。

    パイピングの入った無地2色のほか、柄物が2種類あります。価格もリーズナブルなので、カラビナのキーホルダーとしての使い心地を試すのにもぴったりです。

      • 商品名:コロンビア「ナイオストリームショートキーリング」
      • コロンビア公式オンラインストア:商品はこちら

    コロンビア
    ナイオストリームショートキーリング

    ワンサイズ


    人気ブランドの機能的なカラビナ

    アウトドアではできるだけ荷物を少なくしたい人におすすめなのが、プラスアルファの機能を持たせた、幅広い用途に使える次の2点のようなカラビナです。

    アウトドアエレメント「ファイヤービナー カモ ベージュ」

    マルチツールとカラビナを融合させた、機能的なアイテムです。キーホルダーのほか、栓抜き・ドライバー・カッターなど、さまざまな用途に使えます。

    「すぐに火を使いたい」というときも、このカラビナの出番です。フリント式ライターと同じ要領で火花を起こし、コンロやストーブなどに素早く着火できます。

    あらゆるシーンを想定した豊富な機能は、本格アウトドア派の心を引きつけてやみません。耐荷重は約45kgとなっているため、カラビナとしての機能にも十分満足できるでしょう。

    • 商品名:アウトドアエレメント「ファイヤービナー カモ ベージュ」
    • アウトドアエレメント公式オンラインストア:商品はこちら

    アウトドアエレメント
    ファイヤービナー カモ ベージュ

    サイズ:80×35mm 重量:28g


    ナイトアイズ「エスビナー ボトルオープナー」

    エスビナーとはS字フックとカラビナを組み合わせた形をした、両方向にゲートがあるツールのことで、ナイトアイズの代表的なアイテムです。

    通常のカラビナはゲートが1カ所なので、開閉の際はやや気を遣うこともあるでしょう。しかしエスビナーであれば、取り付け・取り外しを別々に行えるため、吊しているものが落ちない点が特徴です。

    ホールの中心に突起を加えることで、ボトルの栓に引っかけやすくなっています。このエスビナーがあれば、栓抜きを別に持っていく必要はありません。

    • 商品名:ナイトアイズ「エスビナー ボトルオープナー」
    • ナイトアイズ公式オンラインストア:商品はこちら

    ナイトアイズ
    エスビナー ボトルオープナー

    サイズ:縦80mmX幅44mmX奥行9mm 重量:30g


    まとめ

    カラビナはキャンプをはじめとする、さまざまなアウトドアシーンに欠かせないアイテムの一つです。

    ギアの持ち運びや小物の整理はもちろん、テントやタープの設営など幅広い用途に使用できます。キーホルダーの代わりとして、またファッションアイテムとしても使用できます。

    その分、さまざまな種類のカラビナがあるため、適当に購入してしまうと肝心な場面で役に立たないかもしれません。購入前にスペックをよく確認し、用途に耐えられるカラビナを見極めましょう。

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    最大2mの水中で2時間使える!水辺アクティビティにもおすすめの骨伝導イヤホン発見

    2024.05.22

    トレッキング中ちょっとした雨をしのぐ、晴雨兼用の傘&レインハット16選!

    2024.05.20

    キャンプに必携!マダニに噛まれたら…電気ショックで気絶させる「エレクティック」

    2024.05.19

    約175gと軽量かつ丈夫!晴雨兼用の折りたたみ傘はトレッキング仕様がおすすめ

    2024.05.18

    「SNS映えする」と人気上昇中!キャンプに連れていきたくなる萬古焼の「蚊やり豚」

    2024.05.17

    100均のセリアで発見した「香りで虫除けシリーズ」を屋外で試してみた

    2024.05.16

    ダイソーの「圧縮バッグ」にどれくらい入るのか検証してみた!

    2024.05.13

    浮く、大容量、暗闇で光る…!? 使い方に合わせて選べるおすすめ防水スマホケース6選

    2024.05.12