カインズ「あったかブランケット」の魅力爆発!焚き火OKの難燃加工がキャンプに最適だった | 防寒ギア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 防寒ギア

    2023.04.08

    カインズ「あったかブランケット」の魅力爆発!焚き火OKの難燃加工がキャンプに最適だった

    肌寒い夜に焚き火で暖を取るというのがキャンプの醍醐味ですが、焚き火だけでは十分に体が温まらないことがあります。

    特に、山間部のキャンプ場では、夜は予想以上に冷え込むことが多いので、体調を崩さないよう体温調節には気を配らないといけません。

    焚き火で温められない部分をカバーしようと、防寒具を着込む人も多いでしょう。しかし、素材に注意をしないと、火の粉によって防寒具に穴が空いてしまうリスクがあります。

    カインズの難燃ブランケット

    カインズの難燃ブランケット

    今回は、そんなときにおすすめのキャンプギア、難燃加工が施されたカインズの「あったかブランケット」を紹介します。

    こちらは、肌寒い夜の焚き火に最適なスペックを備えたブランケット。

    具体的には以下のようなスペックです。

    • 燃え広がらない難燃加工
    • 外使いでも安心な防汚加工
    • 肩掛けに便利なボタン付き
    • アルミシート入りで保温効果あり

    服を火の粉から守りたいときの防具としてや、寝るときの防寒にも使えます。

    キャンプに最適!あったかブランケットの魅力

    さっそくカインズの「あったかブランケット」の魅力を詳しく見ていきましょう。

    (1)燃え広がらない難燃加工

    焚き火

    焚き火の火の粉が飛んでも安心!

    焚き火をするにあたって一番やっかいなのが火の粉ですよね。

    火の粉によってお気に入りのキャンプウェアに穴が空いてしまっては、せっかくのキャンプが最悪な体験へと変わってしまいます。

    その点、このブランケットは表面に難燃加工が施されており、燃え広がりにくい仕様となっています。

    つまり、焚き火の際にこのブランケットを羽織れば、お気に入りのキャンプウェアを火の粉から守りながら、防寒することができるというわけです。

    (2)外使いでも安心な防汚加工

    カインズの難燃ブランケット

    外使いでも安心な防汚加工も嬉しい。

    さらに、このブランケットの表面には防汚加工も施されています。

    キャンプで使用する際、地面の上に落としてしまうことは日常茶飯事。したがって、これは嬉しい仕様です。

    気付かない間にブランケットが地面につき、そのまま引きずってしまっていることはよくありますよね。そんなときでも、土汚れはつきにくく、すぐに払い落とせるようになっています。特に、地面が湿っている状態のときや、雨の日にキャンプをするとき、防汚加工のブランケットは重宝します。

    ブラウンを基調としたカラーで、汚れが目立ちにくいのもありがたいポイントです。

    (3)肩掛けに便利なボタン付き

    肩掛けのためのボタン付き。

    肩掛けのためのボタン付き。ディテールにも工夫が!

    このブランケットは本当に至れり尽くせりで、肩に羽織った際にずれ落ちないよう、ボタンまで付いています。

    ただのブランケットとしてでなく、羽織り物感覚で体を温めることができるというわけです。火の粉からウェアを守りたいとき、ボタンを使って上から“着る”のもいいでしょう。

    本体サイズは 140cm×100cmで、羽織った際には上半身を覆うことができます。ちなみに、ひざ掛けとして使う際にもよほど大柄でなければ下半身全体を覆うことができる大きさ。横にすれば2人分のひざ掛けとして使うこともできました。

    (4)アルミシート入りで保温効果が高い

    アルミシートを内在。

    アルミシートを内在。

    さらにこちらのブランケット、中にアルミシートが入っており、より保温性が高められています。

    構成素材は、以下のとおりです。

    • 表地/ポリエスル:100%
    • 裏地/ポリエステル:70%・レーヨン:30%
    • 中材/アルミ膜

    アルミシートが中に入っているとはいえ、裏地は毛布のような感触で肌触りがいいのも特徴。

    とことんアウトドア目線で作られたブランケットで、かゆいところに手が届く仕様となっています。

    (5)ザックに外付けするとキャンプ感がアップ!

    カインズブランケット

    ザックに外付けすることでアウトドア感がアップ!

    個人的に気にっているのが、ザックに外付けすることでキャンプ感・アウトドア感をアップさせる使い方。

    ザックに外付けされているクローズドセルマット(よく見かけますよね)もキャンプ感を演出できますが、こうしてブランケットを取り付けるのもあり!落ち着いたカラーも相まってか、あったかブランケットを外付けすることで持ち物が自然派な印象になります。

    多くのキャンパーと、ファッション的に差別化したいときにも、こちらのブランケットは非常におすすめです。もちろん、先述したように実用性を大いに兼ね備えているので、一石二鳥です。

    肌寒い夜の焚き火のお供にあったかブランケットを使おう

    以上、カインズのあったかブランケットの魅力について詳しく解説しました。

    その長所を改めてまとめると、以下のとおり。

    • 燃え広がらない難燃加工
    • 外使いでも安心な防汚加工
    • 肩掛けに便利なボタン付き
    • アルミシート入りで保温効果あり
    • キャンプファッションのアレンジになる

    ちなみに、難燃・防汚は、使用頻度や洗濯により効果が失われていくので、その点は注意しましょう。洗濯機ではなく、手洗いする必要があります。

    肌寒い夜の焚き火のお供として、キャンパーたちに人気のあったかブランケットをぜひチェックしてみてください。

    カインズ あったかブランケット
    https://www.cainz.com/g/4549509704768.html

    ワタナベ
    私が書きました!
    ライター・編集者
    渡邉彰大
    元製薬企業研究職・農家生まれの自然を愛するサイエンスライター。独立後、自然豊かな千葉県外房・海岸エリアに移住し、週1回ソロキャンプにでかける日々。多くの人が気軽にキャンプを始めて欲しい想いから、わかりやすい初心者向け記事執筆に情熱を注ぐ。完全初心者が手軽にキャンプを始めるためのキャンプコンサル、ソロに挑戦したい人向けのソロキャンプコンサルも行い、キャンプのハードルを下げるために活動中。キャンプにも役立つ?料理のYouTubeチャンネルも運営中。これまでの執筆記事一覧はこちらから。

    NEW ARTICLES

    『 防寒ギア 』新着編集部記事

    冬キャンプよりお手軽なのだ!「雪中ピクニック」の楽しみ方をご紹介

    2024.01.20

    冬はほっこり雪さんぽ! 大人の外遊びウェアはこれが正解だ

    2024.01.19

    寒さ対策を万全にしておうちキャンプ&お外ご飯を楽しんでみませんか?

    2024.01.17

    ワークマン「洗えるフュージョンダウン」があれば冬キャンプもぬくぬくだ!

    2024.01.10

    ダイソー湯たんぽのアウトドアでの実力は?セリアと3COINSの湯たんぽとの比較も

    2024.01.07

    欲しい!高品質&エコフレンドリーなMOSS TENTSのデザイナー生誕100周年記念限定ブランケット

    2023.12.11

    「ドライレイヤー」のfinetrackがロングゲイターを発売!今年の雪山はずっと快適になるぞ

    2023.11.19

    冬バーベキューの魅力は?おすすめ料理や寒さ対策・注意点を解説

    2023.11.17