新たに3種登場!手を汚さずに済む人気の釣り餌「ポケベイト」で釣果アップは確実だ | 海・川・カヌー・釣り 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 海・川・カヌー・釣り

    2023.03.21

    新たに3種登場!手を汚さずに済む人気の釣り餌「ポケベイト」で釣果アップは確実だ

    「ポケベイト」4種

    最近、釣り界隈で“万能エサ”として話題になっている「ポケベイト」を存じだろうか? 海、川、湖などどこでも釣りエサとして使うことができ、魚種も選ばない。常温保存が可能で、その名の通りポケットに収納することもできる。主原料はオキアミで、使う際も手が汚れずニオイもつかない優れものなのだ。

    そんなポケベイトが20234月6日より大幅リニューアル。釣りシーンと魚種に合わせ、イソメ・オキアミ・ミミズと主成分を分けた、3種のポケベイトも加わることになった。

    より扱いやすく、針から外れにくく改良

    リニューアルに際して費やした期間は約3年。もともとグミのような弾力性があり、好きなサイズにカットして針に刺す仕様だったが、弾力性はそのままにより柔らかく扱いやすくなっている。ソフトタイプで魚が食べやすく、繊維質で切れにくいので魚を誘うアクションがつけやすいのも特徴だ。さらにハリ付けがしやすく外れにくいよう改良されており、エサ持ちの良さにもこだわった。

    魚が食べやすく扱いやすいソフトタイプに改良。

    魚が食べやすく扱いやすいソフトタイプに改良。

    今回リニューアルするにあたり、釣りシーンや魚種に合わせた3種の釣りエサも新たに開発。生オキアミと生イソメ、生ミミズ配合の3種をラインナップに追加することで、「釣りエサに何を選んだらよいかわからない」といった初心者が抱える悩みも解消できるようになった。こちらの3種は「太」「細」と2タイプ用意。釣りたい魚種や大きさによって使い分けることで、より釣りやすさにこだわっている。

    3種類のポケベイトの選び方は?

     

    「ポケイソメ」

    「ポケイソメ」

    「ポケイソメ」は生オキアミと生イソメを配合。生きたイソメを扱うのが苦手な人におすすめだ。こちらも堤防や磯、船釣りなど使うシーンを選ばないが、特にちょい投げ釣りに最適。カレイやキス、ハゼなどに使いたい。

    「ポケオキアミ」

    「ポケオキアミ」

    こちらも生オキアミが主成分となる「ポケオキアミ」は、ジグヘッドにエサをつけて狙う釣りで「アジング」と同様の釣りを楽しむことが可能に。ほかカサゴ、ソイなどの根魚を狙うサグリ釣りや穴釣りにもおすすめだ。

    「ポケミミズ」

    「ポケミミズ」

    生ミミズ配合の「ポケミミズ」はコイ、フナ、オイカワなど川、湖、渓流などで釣れる淡水魚に最適。

    「ポケベイト」

    「ポケベイト」

    もちろんリニューアルされた従来の「ポケベイト」なら魚種も場所も選ばないので、まず困ったらこちらを使えば問題ない。新たなポケベイトシリーズは4月6日より全国の釣り具販売店で取り扱い開始。釣りのお共にぜひ!

    ヒロキュー ポケベイト
    https://hirokyu.jp/collections/pokebait

    NEW ARTICLES

    『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

    この時期は金色のマトウダイも出現!? 海藻の中で暮らす生き物たちを水中写真でご紹介

    2024.02.10

    正月前に挑戦!ゼロ円で”世界一贅沢なお雑煮”を作ってみた<ヒラツメガニ釣り編>

    2023.12.23

    本田 亮「野田兄貴よ、永遠に!」【野田知佑追悼リレーエッセイ 第2回】

    2023.12.22

    水中写真で求愛行動を紹介!お腹の大きなカサゴのメスを釣り上げたらリリースしてあげてね

    2023.12.08

    埼玉・秩父「あしがくぼ渓谷国際釣場」の渓流で、はじめてのファミリーフィッシングに挑戦

    2023.11.23

    水中写真でご覧あれ! 落ち葉と同化する海の生き物たちの姿

    2023.11.20

    シェルパ斉藤「僕らがたったひとりで旅に出る理由」【野田知佑追悼リレーエッセイ 第1回】

    2023.11.19

    モンベル代表・辰野勇さんが日本人初の「国際ホワイトウォーター殿堂」入り! カヌー・カヤック普及の功績で 

    2023.11.12