野外活動の達人が伝授!「足縄登り」「愛犬の係留」ほか、知ってると役立つロープワーク術 | アウトドアの知識 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアの知識

    2023.03.05

    野外活動の達人が伝授!「足縄登り」「愛犬の係留」ほか、知ってると役立つロープワーク術

    いざというとき、ササッとロープが結べるとアウトドアズマンとしてカッコイイ!
    とはいえ、なかなか覚えられず、苦手意識を持っている人も多いはず。

    今回は「引き解けふた結び、ダブルフィッシャーマンズノットほか、達人が教えるロープワーク応用編」に続き、さまざまな野外活動を通じてベストな結び方を経験してきた達人によるロープワークをご紹介。

    ガースヒッチ×小石でループのない場所に支点を作る

    小石とガースヒッチを使うとタープをテントのような形で張れる。幕の内側から小石を入れてガースヒッチで縛れば、ループのない場所に支点を作れる。

    image

    上から、

    1 ダブルエイトノット(左で紹介)の輪を開く。

    2 指先を輪の外に出してからくるりと輪を反転させる。

    3 できた2つの輪を幕で包んだ石にかけ、輪を絞る。

    image

    image

    入り口の開閉はロープの末端に作ったダブルエイトノットの輪と小枝を使う。輪をハトメに通して小枝を挟めばトグルに!

    支点がない!…ときは、
    インラインフィギュアエイトノットで方向を変える

    通常、タープの梁は2本の木に渡すが、いい場所に木がないことも。そのときは「インラインフイギュアエイトノット」を使ってロープをY字に分岐させると望む方向に梁を伸ばせる。

    image

    上から、

    1 ロープの途中を折り返して図のような位置関係に。

    2 長い方の輪を小さい輪に矢印の流れで通す。

    3 輪の形を整えるとロープの途中にループができる。

     

    枝のない木は「足縄」で登る!

    ヤップ島で覚えた!

    image

    この方法で登れるのは直径25〜35㎝程度の木。木の裏側で両手の指を組み合わせ、前腕で幹を締めて摩擦力を生み出す。

    image

    甲にかける足縄の直径は木の太さに合わせて微調整する。両足で木を挟んだときに無理なく幹をつかめる大きさが理想。

    image

    枝のない細い木に登りたい! そんなときは丈夫な平紐をリング状にして両足の甲にかけると、足裏が幹をがっちりキャッチ。シャクトリムシの要領で木に登ることができる。

    大活躍! ダブルエイトノット

    image

    ロープの末端にループを作る方法はいくつかあるが、おすすめはダブルエイトノット。結び目がゆるみづらいうえ、結び目に強い力がかかったあとでもほどきやすい。

    上から、

    1 ロープの末端を折り返して図の順番で本線にからめる。

    2 一重の輪を矢印の流れで、二重の輪の中へ通す。

    3 結び目を絞って、ロープ同士の重なりかたを整える。

    ダブルエイトノット×小枝で薪運び

    image

    小枝でロック!

    image

    薪を運ぶときはロープの両端にダブルエイトノットでループを作る。そのループと小枝をトグルのように使うと簡単に薪をまとめられる。

    image

    1 両端にループを作ったロープをU字に置き薪を積む。

    image

    2 薪をロープで絞り、本線を折ってループの中へ。

    image

    3 ループの外に出た折り返し部分に小枝を挟み輪を固定。

    沖縄のヤギに習った愛犬のびのび係留術

    高い場所にかけるときははね上げて引っ張る

    背伸びしても届かない高さにロープを張りたいときは、木に回したロープでループを作り、そのループをロープの本線ではね上げて少しずつ高い位置へとずらす。

    image

    木にロープを回しもやい結びで大きいループを作る。

    image

    木から数m離れ、たるませた本線をはね上げる。

    引き解け結び×枝でつっかえ棒

    image

    2本の木に渡したロープに犬のリードをかけると犬の自由度が高まる。支点の木の手前に引き解け結び(P.
    115参照)で棒を入れると、支点をとった木にリードが絡まない。
    上から、

    1 ロープ上に引き解け結びをつくり輪に棒を通す。

    2 ロープを引いて輪を絞り、棒を固定する。

    高く張ったロープは巻き下げて固定

    image

    2本目の木への固定は、高い位置でロープを引いてテンションをかけ、そのまま木をぐるぐる周りながら巻き下げてくる。終端はノーノットで処理する。

    ※係留の際、犬が拘束されたり宙吊りにならないよう注意して設営してください。

    ※構成/藤原祥弘 撮影/矢島慎一 イラスト/うぬまいちろう

    (BE-PAL 2023年2月号より)

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアの知識 』新着編集部記事

    安全&快適に過ごすために…登山で気をつけるべき5つの心得

    2024.05.26

    初心者向け!日帰り低山ハイクでこれだけははずせない登山の持ち物8つ

    2024.05.25

    失敗しない「ファミリーキャンプの楽しみ方」って?

    2024.05.05

    ハッカ油を使って虫除け対策!簡単な虫除けスプレーの作り方から注意したい点まで紹介

    2024.05.02

    ハッカ油を活用した4つの虫除けレシピ!使用の注意点も

    2024.04.30

    ポーラテックはキャンプなどアウトドアに必須?おすすめの素材と商品を解説!

    2024.04.12

    ソト遊びへは車か電車か…どっちが早い?どっちが楽?移動手段の最適解を徹底検証

    2024.03.30

    キャンプには?登山には?アルファ米・パックご飯・生米のアウトドアでの使い分け方

    2024.03.28