キャンプにおすすめのコーヒーミル9選!選び方のポイントも紹介 | ニュース 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    ニュース

    2023.02.07

    キャンプにおすすめのコーヒーミル9選!選び方のポイントも紹介

    キャンプに行くときに『コーヒーミル』を持参して豆を挽くと、淹れたてのコーヒーを楽しめますよね。キャンプに向いているコーヒーミルの選び方や、おすすめの商品を紹介します。お気に入りのコーヒーミルを見つけて、香り高いコーヒーを楽しみましょう。

    キャンプに向いているコーヒーミルの選び方

    キャンプに行ったときに、自分で豆を挽いて淹れるコーヒーは格別です。キャンプに持って行くコーヒーミルを選ぶときは、自宅使いとは違う観点で選ぶ必要があります。

    挽く方式は「手動」「電動」の2タイプ

    コーヒーミルの挽く方式は、大きく分けて『手動』と『電動』の2タイプです。

    手動はハンドルを自分で回し、豆を挽きます。手間と時間はかかるものの、『自分で挽いている』という楽しみがあるでしょう。手動のコーヒーミルは、電動に比べコンパクトで軽量なので、荷物を減らしたいキャンプ愛好家の間で人気です。

    電動は電源が必要な点やモーター音が響く点、手動に比べて重量がある点がデメリットです。しかし、素早く豆を挽けるので、手間がかかりません。コーヒーを飲む人数が多く、電源が確保できる場合は、電動が向いています。

    ブレードの種類とグラインド方式に注目

    コーヒーミルのブレード(刃)は、ステンレスをはじめとした金属製と、セラミック製の2種類があります。

    金属製は切れ味が鋭く、均一な粒に挽くことが可能です。微粉が出にくいため、渋みやえぐみが少ないコーヒーが楽しめます。一方で、ブレードの耐久性が低い点や金属臭が豆に移りやすい点、摩擦熱が発生しやすい点がデメリットです。

    また、セラミック製は金属製に比べてブレードの耐久性が高く、摩擦熱が起きにくい点がメリットです。一方で、すり潰すように挽くので、微粉が出やすい点がデメリットといえます。

    なお、ブレードの素材と同時に、グラインド方式にも注目しましょう。プロペラ状になったブレードを回転させて豆を挽くプロペラ式は、素早く挽けて手入れしやすい点がメリットです。一方で、2枚のブレードですり潰すように挽く臼式は、粒が均等に挽けます。

    豆の挽き具合が選べるかどうか

    コーヒーは豆の挽き具合で、苦みやコクなどの味わいが変化します。粗さごとの味わいの違いは、以下の通りです。

    • 極細挽き:苦みが強い
    • 細挽き:苦みとコクが濃い
    • 中細挽き:バランスがよくベーシックな味わい
    • 中挽き:雑味が出にくい粗さでバランスがよい
    • 粗挽き:苦みがなく、ライトな味わい

    コーヒーミルを選ぶときは、自分好みの挽き具合が選べるかどうかにも、注目しましょう。

    お手入れ方法もチェックポイント

    コーヒーミル自体の構造とブレードの素材により、お手入れ方法が異なります。キャンプで使用する場合、持ち運ぶことになるので、水洗いできるものが衛生的です。

    水洗いしやすい構造は、分解できるかどうかです。全て分解できるものや、部分的に分解できるものがあります。自分がお手入れしやすいと感じるものを選びましょう。

    また、ブレードが金属製のものは、基本的に水洗いができません。毎回水洗いしたい場合、セラミック製ブレードがおすすめです。

    まずはお試し!キャンプ向きのコスパの良いコーヒーミル

    最初に、お試しで使ってみたい人にも購入しやすい5,000円以下のアイテムを紹介します。キャンプ愛好家に人気の手動式で、取り扱いが簡単なセラミックブレードのコーヒーミルをピックアップしました。

    ハイマウント「コーヒーミル ゴールドカラー 3cup」

    高級感のあるゴールドカラーが目をひくコーヒーミルです。細挽きから粗挽きまで、ネジで簡単に調整が可能で、一度に約3カップ分の豆を挽けます。

    ハンドルを本体から簡単に外せるので、コンパクトに収納でき、持ち運びに便利です。取り外し可能なセラミックブレードは水洗いできるので、衛生的に使えます。

    • 商品名:ハイマウント「コーヒーミル ゴールドカラー 3cup」
    • 公式サイト:商品ページ

    ハイマウント
    コーヒーミル ゴールドカラー 3cup

    重量:約270g


    ハリオ「コーヒーミル・セラミックスリム」

    ボトル本体がクリアなメタクリル樹脂素材で、挽いた粉が見えるうえにメモリがついている、手動コーヒーミルです。挽いた量を一目で確認できるため、計量カップが不要です。キャンプに持って行く荷物を減らせるでしょう。

    つまみを回せば簡単に、粉の粗さを調節できます。摩擦熱が発生しにくいセラミックブレードを採用しており、豆を傷めません。

    また、臼部分は分解して水洗いができるので、清潔に使えます。ハンドルも取り外しが可能で、本体上部に引っ掛けられるのでコンパクトに収納できます。

      • 商品名:ハリオ「コーヒーミル・セラミックスリム」
      • 公式サイト:商品ページ

    ハリオ
    コーヒーミル・セラミックスリム

    本体重量:400g サイズ:15×7.2x22cm


    ゼブラン「ハンドコーヒーミル Zebrang」

    本体に設計されたバンド部分で、ハンドルをコンパクトに収納できる、携帯性の高いコーヒーミルです。セラミックブレードを採用した臼式なので、挽いた豆に金属臭が移りません。また、パーツごとに細かく分解して、水洗いが可能です。

    一度に約2杯分の豆を挽けます。ハンドコーヒーミルですが、別売の『モバイルミルスティック』を使えば、電動タイプとしても使用可能です。

    • 商品名:ゼブラン「ハンドコーヒーミル Zebrang」
    • 公式サイト:商品ページ

    ゼブラン
    ハンドコーヒーミル Zebrang

    サイズ:W150×D53×H190mm


    手動で楽しむキャンプ向きコーヒーミル

    手動でコーヒー豆を挽く時間を楽しめるコーヒーミルです。容量が大きく、大勢でコーヒーを飲むときに便利なものから、コンパクトでスマートなデザインのものまでを紹介します。

    ユニフレーム「UFコーヒーミル」

    鋭い切れ味のステンレスブレードで、均一な粒に挽けるコーヒーミルです。ホッパーには挽く前の豆が一度に約50g入り、カップには挽いたコーヒー豆が約150g、およそ10杯分が入ります。大人数でコーヒーを楽しみたいときに向いています。

    また、調節つまみが上部に配置されており、簡単に粗さの調整が可能です。ミル本体は分解できるので、水洗いできます。ハンドルは取り外して本体に引っ掛けられるため、コンパクトに収まるでしょう。

      • 商品名:ユニフレーム「UFコーヒーミル」
      • 公式サイト:商品ページ

    ユニフレーム
    UFコーヒーミル

    【使用時サイズ】約φ84×192mm(ハンドル長さ:120mm)【収納時サイズ】約φ84×90mm


    ポーレックス「コーヒーミル・II」

    ポーレックス社で人気のコーヒーミルのリニューアルモデルです。豆を効率よく挽くために開発されたセラミックブレードで、従来品の約1.3倍の豆を挽けるようになりました。

    豆の粗さを選ぶ調節ネジは、細挽きから粗挽きまで、16段階で調節できます。スリムでコンパクトながら、カップ約3杯分のコーヒー豆を挽くことができ、分解して水洗いも可能です。

    『コーヒーミル・II』よりも小さいサイズの、カップ2杯分の豆(約20g)が挽ける、『コーヒーミル・IIミニ』も販売されています。

      • 商品名:ポーレックス「コーヒーミル・II」
      • 公式サイト:商品ページ

    ポーレックス
    コーヒーミル・II

    サイズ:φ4.9cm×高さ19.2cm、重さ:270g


    ハリオ「V60 メタルコーヒーミル」

    耐熱ガラスメーカーとして創業し、さまざまなキッチンアイテムを手掛けるハリオのアウトドアライン、『HARIO outdoor』のコーヒーミルです。コンパクト設計で持ち運びにちょうどいいサイズで、丈夫なステンレス製です。

    豆の香りを損なわないセラミックブレードで、粒が均等に挽ける臼式なので、簡単に香り高いコーヒーを淹れられます。本体に取っ手を収納するホルダーがついています。

    • 商品名:ハリオ「V60 メタルコーヒーミル」
    • 公式サイト:商品ページ

    ハリオ
    V60 メタルコーヒーミル

    サイズ:‎4.7 x 13 x 16 cm 重量:223 g


    スノーピーク「フィールドバリスタ ミル」

    スリムでコンパクトなコーヒーミルです。ハンドルとフタが一体型なので、ハンドルの置き場所や収納場所に困らず、持ち運べます。ハンドルの持ち手は木製で、スタイリッシュな中にも温かみのあるデザインです。

    セラミックブレードの臼式なので、豆の風味を損ないません。分解して水洗いできるので、清潔に使い続けることができます。

    • スノーピーク「フィールドバリスタ ミル」
    • 公式サイト:商品ページ

    スノーピーク
    フィールドバリスタ ミル

    サイズ:162×47×160(h)mm 収納サイズ:60×47×165(h)mm 重量:240g


    手動・電動のどちらでも可能なコーヒーミル

    電動コーヒーミルをキャンプ場に持って行くと、電源の確保が難しいケースが多いので、充電式のモーターモジュールを搭載したコーヒーミルが便利です。シチュエーションに合わせて、手動でも電動でも使えるコーヒーミルを紹介します。

    ハリオ「スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー」

    リチウムイオン蓄電池式のモーターモジュールがついており、キャンプでも電源の確保に困らない、手動・電動2WAYのコーヒーミルです。少しでも荷物を減らしたいときはハンドルで手動に、荷物にゆとりがあるときは電動でというように、使い分けることができます。

    モーターモジュールはUSBで簡単に充電が可能で、バッテリー残量は3段階のランプ表示がされます。3時間充電するだけで、約20gのコーヒー豆を約25回挽けます。

    • 商品名:ハリオ「スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー」
    • 公式サイト:商品ページ

    ハリオ
    スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー

    サイズ:‎5.9 x 5.3 x 33.2 cm 重量:800 g


    電動で簡単!キャンプ向きコーヒーミル

    電源の確保ができて、大人数のコーヒーを淹れたい場合は、電動のコーヒーミルがおすすめです。コンパクトで持ち運びやすい、キャンプ向きの電動コーヒーミルを紹介します。

    カリタ「CM-50(ブラック)」

    キャンプ場で電源を確保する手間はかかるものの、約50gの豆を、15秒で中挽きにできるパワフルさが頼もしいコーヒーミルです。手動に比べて重量はありますが、シンプルでコンパクトなデザインなので、携帯性に優れています。

    ステンレスブレードのプロペラ式なので、豆を素早く均一な粒に挽けます。渋みやえぐみが少ないコーヒーを、大人数で楽しみたい人におすすめです。

    • 商品名:カリタ「CM-50(ブラック)」
    • 公式サイト:商品ページ

    カリタ
    CM-50(ブラック)

    サイズ : 幅99×奥行82×高さ178mm 質量 : 約0.75kg 容量: 50g


    まとめ

    キャンプに向いているコーヒーミルは、携帯性とお手入れのしやすさを重視すると、手動のセラミックブレードがおすすめです。手動のコーヒーミルはコンパクトに収納できるものが多く、セラミックブレードなら水洗いできる点が、メリットです。

    しかし、大人数でコーヒーを楽しみたい場合は、手動だと時間と労力がかかってしまいます。その場合、電動のコーヒーミルを使用した方が効率的です。

    コーヒーを飲むシチュエーションを考え、自分に合ったコーヒーミルを見つけましょう。

    NEW ARTICLES

    『 ニュース 』新着編集部記事

    アウトドアフィールドを巡る移動本屋さん登場!CAMP with BOOKSプロジェクトがスタートしたぞ

    2024.05.13

    6月に観たい映画2選!『アニマル ぼくたちと動物のこと』『告白 コンフェッション』

    2024.05.13

    今年はBE-PALも登場しますっ!アウトドアの大博覧会 「TOKYO OUTDOOR SHOW 2024」が6月28日(金)から3日間開催

    2024.05.09

    「FUJI&SUN ’24」が今週末の5月11・12日開催! 魅力的な公式コラボグッズをチェック

    2024.05.08

    「チームラボ かみさまがすまう森 – ジーシー」7月より開催! 大庭園とサウナの新しい整い体験

    2024.05.07

    5月18日・19日開催!アジア最大級の遊びと乗り物の総合展示会「FIELDSTYLE JAPAN 2024」の中身

    2024.05.02

    中国、激動の10年を記録した 『劇場版 再会長江』の竹内 亮監督にインタビュー!

    2024.04.28

    先生の生誕90周年!川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムで8つの”好き”が詰まった原画展開催中

    2024.04.17