耐熱ガラスの「ハリオ」からアウトドア向けの「黒ハリオ」が登場 | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 耐熱ガラスの「ハリオ」からアウトドア向けの「黒ハリオ」が登場

    2022.08.25 BE-PAL公式通販

    コーヒー器具4点セット。

    手前から時計まわりに、「ドリッパー」の本体とホルダー、「マグコーヒーメーカー」のメッシュ袋、「マグコーヒーメーカー」、同ストレーナー、「ミル」、「V60ペーパーフィルター」。

    ハリオといえば、耐熱ガラスの喫茶器具で有名だが、このたび壊れにくくて軽量なアウトドア向け商品が発売された。それがこの「Zebrang(ゼブラン)」シリーズ。2022年8月現在で9商品がラインアップされているが、

    そのなかでも3商品を『BE-PAL』がセレクトし、特別セットとして販売する。その3つとは以下のとおり。

    「V60フラットドリッパー」

    「真空二重マグコーヒーメーカー」

    「ハンドコーヒーミル」

    また、今回は『BE-PAL』だけの特典として

    「V60ペーパーフィルター」

    もついてくる!

    湯を沸かす道具はないので、それはご自身で用意していただくとして、この4つがあれば、挽きたての豆でおいしいコーヒーを淹れることができる。とくに注目は「V60フラットドリッパー」だ。ハリオ自慢のドリッパー「V60」(60度の円錐型)と同じ形をしているが、シリコーンゴムでできているため、ペタッとコンパクトにたたむことができる。「V60」型は、縦にコーヒー粉の層が厚くなるとともに、お湯が中心に向かって流れることで、お湯がコーヒー粉に長く触れて、コーヒーの味と香りがしっかり抽出される。また、内側のスパイラルリブによってドリッパーとペーパーの間が過度に密着せずに空気が抜けることで、コーヒー粉がしっかり膨らむ。家で飲むのと同じクオリティを野外でも楽しめるのだ。

    「真空二重マグコーヒーメーカー」は、マグとコーヒーメーカーの合体型。前記のドリッパーで抽出したコーヒーをマグとして受けることができるほか、付属のストレーナーを使ってコーヒーやお茶を抽出することができる。「ハンドコーヒーミル」は、ハンドルをはずしてサイドに固定できるコンパクトモデル。「V60ペーパーフィルター」は、適切な森林管理によって作られるFSC認証紙を用いた日本製。

    「黒ハリオ」と名付けたくなるような黒で統一されたカラーリングもかっこいい。

    マグの上にドリッパーを置いている。

    シリコーンゴム製だが、ちゃんと「V60」型の特徴であるスパイラルリブが施されている。土台となるホルダーはポリプロピレン製。

    ドリッパーをつまんでいる。

    ご覧のとおりたためる。

    ミルの内部。

    三又型のネジは豆を挽くときの粗さ調節用。反時計回りにまわすと粗くなり、時計回りにまわすと細かくなる。

    マグの蓋にストレーナーを置いている。

    真空二重マグコーヒーメーカーの蓋は、ストレーナーの受け皿にもなる。

    マグのメッシュ袋。

    真空二重マグコーヒーメーカーはメッシュ袋付き。

    コーヒーをドリップしている。

    ドリッパーとペーパーフィルターは1~4杯用。

    ストレーナーを使用。

    ストレーナーで抽出。一杯分をすばやく淹れたいときはストレーナーが便利。

    ストレーナーの湯切り。

    ストレーナーの底にはくぼみがあるので、斜めに立てかけて湯切りができる。

    ※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

    Zebrang コーヒーセット 8,250円

    https://www.pal-shop.jp/item/A55209003.html

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    早くて軽い、しかもおいしくできる!調理がすすむ「鋳アルミ」多機能鍋

    2023.01.24

    肉料理に!150年以上続く鍛冶屋が鉄板を木槌で叩いて製作したフライパン皿

    2023.01.23

    ケトルから「鉄瓶」へスイッチ。ソロキャンで次にこだわるべきはお湯だった!

    2023.01.22

    朝食はミニマムに美味しく!ホットサンドクッカーの「あの棒」が取り外しできる

    2023.01.20

    おいしい料理はまず器選びから!「モクシェラ」の拭き漆バージョンは口当たりも滑らか

    2023.01.18

    レーザー加工で名入れも可能!オロルのシェラカップは美しい発色で愛着マシマシ

    2023.01.16

    z