保温ジャー、活用してる?忙しいキャンプ当日でも簡単に作れる具だくさんスープ | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 保温ジャー、活用してる?忙しいキャンプ当日でも簡単に作れる具だくさんスープ

    2022.12.25

    筆者手作りのトマトリゾット

    キャンプ当日は、準備や確認でバタバタしていませんか。

    今回は、そんな朝でも5分で作れる、保温ジャーを使った具だくさんスープをご紹介します。

    スープ単体として楽しめる上、ご飯を入れればリゾットに変身。

    パンにもパスタにも合いますので、気分に合わせてアレンジしてみてください。

    保温ジャーとは

    保温ジャーは、一度使い方を覚えれば扱いも簡単です。

    保温ジャーは、スープジャーやフードジャーなどとも呼ばれており、食べ物を保温する機能がある容器です。

    筆者は、380mlのものを使用しています。

    基本のスープの作り方

    材料

    スープ単体の場合は、お米を使用しないで作ります。

    • トマトジュース 130g
    • 玉ねぎ 1/4
    • 季節の野菜(今回はブロッコリー・しめじ・玉ねぎを使用)
    • ベーコン 1枚
    • スライスチーズ 1枚
    • コンソメ 1個
    • 水 90ml
    • オリーブオイル 小さじ1
    • 塩 ひとつまみ
    • ブラックペッパー 適量

    準備

    保温ジャーに熱湯を入れて、温めています。

    はじめに保温ジャーに熱湯を入れて一度捨て、再度保温ジャーに熱湯を入れて蓋を閉め、置いておきます。

    こうすることで、保温ジャー内を高い温度で保てるようになり、中の食べ物が冷めにくくなります。

    1.材料を切ります

    火が通りやすいように細かく薄くカットします。

    火が通りやすいように、具材を薄くカットします。

    野菜は、季節にあったお好みのものを使うのがおすすめです。

    甘味が出る、かぼちゃやさつまいもはおすすめです。

    2.食材を炒めます

    油を入れたフライパンで、さっと炒めている様子です。

    小鍋に、オリーブオイルを小さじ1入れ、野菜とベーコンを軽く炒めます。

    3.水分を加えます

    トマトスープと水、残りの具材を入れます。

    トマトジュースと水を加え、コンソメを入れます。

    塩ひとつまみとブラックペッパーを入れ、沸騰したら3分火にかけて止めます。

    4.保温ジャーに入れます

    熱いので、火傷しないように気をつけながら、スープを入れます。

    保温ジャーに入れてあった熱湯を捨て、作ったスープをゆっくりと注ぎます。

    その後、お好みでスライスチーズをちぎって入れ、すぐに蓋を閉めます。

    3時間保温をすればしっかり具材まで火が通り、完成です。

    アレンジ1 リゾット

    お米に油が行き渡るように炒めます。

    野菜を炒める前に、お米大さじ3を炒めておきます。

    その後は、上記と同様の作り方で作るとリゾットができあがります。

    アレンジ2 パンスープ

    カリッと焼いたパンは、お好みのパンをチョイス!

    パンをオーブンでカリッと焼いておきます。

    保温ジャーにスープを入れる前にパンを入れておけば、スープパンのできあがりです。

    フランスパンが筆者のおすすめです。

    アレンジ3 スープパスタ

    量はお好みで。今回は30g使って作りました。

    基本の作り方で、トマトジュースと水が沸騰したら、短く折ったスパゲッティーを投入します。

    スパゲッティーをさっとスープと絡めた後、保温ジャーにスープとともに入れ、3時間置けばできあがりです。

    スパゲッティーの代わりにマカロニやペンネもおすすめです。

    スープと合わせる炭水化物を変えることで雰囲気が変わり、その日の気分で楽しめます。

    おうちの冷蔵庫にある材料だけで、簡単に楽しめるところが魅力的です。

    美味しく作るポイント

    体の芯から温まります。

    スープを入れる前に保温ジャーをしっかりと温めておくことが、美味しく作るポイントです。

    保温機能をちゃんと使えると、野菜の中までしっかり火が通りますよ。ジャガイモも、1cmくらいの角切りなら入れておくだけでホクホクにできあがり、感動の時短クッキングです。

    材料を全て入れて後に茹でる3分間は、ボコボコするくらいしっかり沸騰させておきましょう。

    体に優しいほっこりスープで、設営の疲れを吹き飛ばそう!

    簡単にできて、キャンプのお昼に最適。

    保温ジャーを活用すれば、自分好みの具材をたっぷり使って簡単に栄養満点のスープが食べられます。

    手軽にできるので、ぜひ一度お試しください。

    私が書きました!
    アウトドアライター
    ムスカリ
    経験ゼロスタートの2児の母キャンパー。アウトドアブログ“ブッシュクラフトLIFEWORK”を運営する傍ら、アウトドアインストラクターのアシスタントとしても活動中。アウトドアで人生が変わる!をモットーに子どもと一緒にファミリーキャンプ&ブッシュクラフトキャンプを満喫。焚き火とキャンプ飯、そしてモノづくりが好きで、アウトドアグッズを商品化するのが夢。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    たこ焼き…じゃなくてシュウマイ!? 大人も子供も楽しめるキャンプ飯の作り方

    2023.01.27

    アルペンとCoCo壱番屋のコラボ「スパイシーキーマカレー」と餃子の皮で簡単カレーラザニア!

    2023.01.26

    二郎系?…じゃなくて“キャンプ系”ラーメン!エスビー「やみつきにんにく背脂」で野菜も脂もマシマシ

    2023.01.22

    無印良品のサムゲタンがキャンプ飯に便利だった。韓国風薬膳スープを作ろう

    2023.01.20

    びわの葉で風邪に負けない!免疫力アップが期待できるコーディアルを作ってみよう

    2023.01.18

    日本のスパイスミックス「七味唐辛子」を自分好みに調合してみよう

    2023.01.17

    z