アウトドア箸のおすすめ9選。ずっと使えるお気に入りを探してみよう | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドア箸のおすすめ9選。ずっと使えるお気に入りを探してみよう

    2022.12.25

    アウトドアには専用の箸があると便利です。長く使えて持ち運びしやすいだけでなく、自然保護にもつながります。アウトドアレジャーのお供になってくれる、お気に入りの箸を見つけるポイントやおすすめ商品を紹介します。

    アウトドア用の箸は用意すべき?

    アウトドアレジャーに出かけるときのために、繰り返し使える専用の箸を用意しましょう。持って行くのが面倒と思うかもしれませんが、アウトドアを楽しみながら自然を守るために、一人一人が考えるべきことでもあります。

    荷物を減らせて環境にも優しい

    割り箸は手軽に使えて便利ですが、ゴミが出るというデメリットがあります。アウトドア用の箸があれば、洗って何回も使えます。環境に優しいだけでなく、使い続けるうちに愛着も湧いてくるはずです。

    また、アウトドア用の箸には折りたためるものも多くあります。割り箸を何膳も持って行くよりかさばらず、軽くて便利です。割り箸を購入するコストもかからないので、節約にもなります。

    アウトドア用の箸を選ぶポイント

    アウトドア用の箸といっても、素材や形状はさまざまです。たくさんの商品の中からどうやって選べばよいか分からない人もいるかもしれません。長く愛用できるアウトドア用の箸を選ぶポイントを紹介します。

    素材で選ぶ

    アウトドア用の箸には、木製や樹脂製、チタン・ステンレスなどの金属製があります。それぞれのメリットとデメリットを知った上で、自分が重視するポイントを基に選ぶとよいでしょう。

    木製や樹脂製の箸は軽くて温かみがあるのが特徴です。普段使っている箸と同じ感覚で使えるので、扱いやすいというメリットもあります。ただし、持ち運びの際に破損してしまう恐れがあるため、収納ケースが必要です。

    一方で、チタン・ステンレス製の箸は丈夫で軽いので、アウトドアに適しています。サビや劣化の心配もほとんどありません。汚れを落とすのも簡単です。

    しかし、滑りやすいため、慣れていないと食べ物がつかみにくいことがあります。また、ステンレス製は熱が伝わりやすいので、火のそばで使うときや、熱いものを食べるときは注意が必要です。

    持ち運びのしやすさで選ぶ

    先端部と手元部分を分割できる箸は、かさばらないので持ち運びに便利です。荷物をできるだけ少なくしたいときに適しています。

    先端部を手元部分に収納できるタイプならより衛生的です。使用時の連結方法が簡単なものであれば、食事時に慌てずに済みます。

    また、収納時にコンパクトにまとめられるかもチェックしましょう。収納ケースが付属しているものや、箸同士をリングでつなげられるものなら、持ち運びの際に破損したり、片付けの際に紛失したりするリスクを軽減できます。

    箸の長さや形状もチェック

    アウトドアでは荷物をいつも水平な場所に置けるとは限りません。不安定な体勢で食事をすることもあります。スクエア型や六角型の箸は転がりにくく、持ちやすいのでアウトドア用にピッタリです。

    先端部が細くなっていれば、細かいものもつかみやすいでしょう。滑り止めの溝があるとより安定します。

    また、コンパクトさは大切ですが、自分の手に合ったサイズを選ぶことも重要です。使いやすさにもつながるので、必ず確認しましょう。

    木・樹脂製でおすすめのアウトドア箸

    参考記事「メスティン炊飯の方法。初心者でも失敗ナシ、自動で美味しいご飯が炊ける!」

    温かみのある木製や、軽い樹脂製の端はアウトドアにピッタリです。普段使いの箸と同じ感覚で使えるので、アウトドアでもゆっくり食事を楽しめるでしょう。ケース入りのものなら、破損のリスクも軽減できます。

    ユニフレーム「カラ箸」

    約21gの軽い樹脂製の箸です。先端にはトルネード加工を施しており、食べ物がつかみやすくなっています。

    カラビナ仕様の手元側には、紛失防止のリング付きです。ケースは付属していませんが、リングの働きで左右がバラバラになることがなく、ザックの金具にとめられるので持ち運びにも困りません。

    グレーのほか、オレンジやイエローなどカラフルな色がそろっています。荷物の中に紛れ込んでも見つけやすいのがメリットです。用途に合わせて複数の色の箸を使い分けてもよいでしょう。

      • 商品名:ユニフレーム「カラ箸」
      • 公式サイト:商品ページ

    ユニフレーム
    カラ箸

    【サイズ】約234mm【重量】約121g


    ダグ「ウッドスティック」

    持ち運びの際に分割できる、木製の箸です。ねじ込み式なので使うときも簡単に連結できて、快適に使えます。ぐらつきの心配もありません。連結部分の金色がアクセントになった、高級感のあるデザインです。

    素材のマホガニーは使えば使うほど色味が深くなり、艶が出てきます。経年変化を楽しめるだけでなく、手にしっくりなじんで滑りにくく、食べ物をつかみやすいのがメリットです。自然素材ならではの口当たりのよさで、快適に食事ができるでしょう。

    • 商品名:ダグ「ウッドスティック」
    • 公式サイト:商品ページ

    ダグ
    ウッドスティック

    本体サイズ(約):[収納時]11cm [使用時]21.5cm重量(約):20g


    チタン製でおすすめのアウトドア箸

    チタン製の箸は丈夫で軽く、劣化もしにくいので長く使えます。また、熱が伝わりにくいため、食事だけでなく調理にも使えるのが特徴です。アウトドア用として活用したいチタン製の箸を紹介します。

    スノーピーク「チタン先細箸」

    金属に圧力を加えて成形していく冷間鍛造の技術を用いた、チタン製のアウトドア用箸です。折れたり曲がったりしにくい、頑丈なチタン合金を使用しています。専用ケースが付属しているので、荷物の中でバラバラになる心配もありません。

    アウトドア用品メーカーと、眼鏡フレームの産地である福井県鯖江市の金属加工職人が協力して作り上げたチタン製箸は、劣化しにくいので長く愛用できる商品です。先が細いので細かな操作もしやすくなっています。

    丈夫なだけでなく、軽さや使いやすさにもこだわった箸は、アウトドアに欠かせない愛用品になってくれるでしょう。

    • 商品名:スノーピーク「チタン先細箸」
    • 公式サイト:商品ページ

    スノーピーク
    チタン先細箸

    サイズ:本体/200×5×12mm重量:本体/22g


    キャプテンスタッグ「チタン製 箸-HASHI-」

    紛失や破損を防ぐループ付きのアルミケースに入った、チタン製のアウトドア用の箸です。シンプルなデザインでかつ、長さが約23cmと長めなので、男女を問わず使えます。また、調理の際に菜箸として使うのもおすすめです。

    キャップと底部分を外して丸洗いができます。箸本体も耐食性があるので、清潔さを保ちつつ長く使えるでしょう。また、チタンはアレルギーを引き起こしにくいのもメリットです。金属アレルギーのある人でも安心して使えます。

    • 商品名:キャプテンスタッグ「チタン製 箸-HASHI-」
    • 公式サイト:商品ページ

    キャプテンスタッグ
    チタン製 箸-HASHI-

    長さ23cm 重量47g


    TITECOUGO「純チタン角箸」

    純度99.8%のチタンを使用したアウトドア用の角箸です。耐熱・耐寒性に優れ、空気中では金やプラチナと同程度の耐食性があります。中空構造なので、金属製でも軽くて扱いやすいのが特徴です。食べ物の風味を損なうような金属製の臭いもありません。

    先端には滑り止めの溝が刻まれており、豆や麺などの小さいものや滑りやすいものもつかみやすくなっています。また、チタンは熱伝導率が低いため、熱いものを食べるときにも、箸自体が熱くなりません。

    • 商品名:TITECOUGO「純チタン角箸」
    • 公式サイト:商品ページ

    TITECOUGO
    純チタン角箸

    長さ:約23cm。重量:約19.2g


    コンビ素材でおすすめのアウトドア箸

    木・樹脂・金属を組み合わせたアウトドア用の箸は、それぞれの素材の『いいとこ取り』をしているといえるほど、多くのメリットがあります。アウトドアで活躍すること間違いなしの、コンビ素材の箸を見ていきましょう。

    モンベル「スタックイン 野箸」

    軽量ながら十分な強度を持つアルミニウム合金と、高密度で硬さのある縞黒檀を使用したアウトドア用の箸です。それぞれの素材の特徴を活かしており、軽くて丈夫です。

    収納時は先端部を本体に差しておけるので、破損の心配もありません。専用の収納ケース付きで携帯するにも便利です。

    縞黒檀製の先端部は滑りにくく、食べ物をしっかりとキャッチします。アウトドアでもスムーズに食事ができるでしょう。また、手元のアルミニウム合金に熱が伝わりにくいので、熱いものを食べるときにも「箸が熱くて持てない」という心配がありません。

    • 商品名:モンベル「スタックイン 野箸」
    • 公式サイト:商品ページ

    スノーピーク「和武器 L」

    先端部に竹、手元部分にはステンレスを使用したアウトドア用の箸です。接続部分がネジ式になっています。簡単に使えるだけでなく、携帯時には手元部分に先端部を収納して固定することでコンパクトにまとめられます。また、先端部を浮かせて保管できるので衛生的です。

    手元部分は四角に近い形状で転がりにくくなっています。機能的でシンプルなデザインは、アウトドア用にはもちろん、普段使いにもよいでしょう。紛失防止にもなる収納ケース付きなので、持ち歩くのにも便利です。

    • 商品名:スノーピーク「和武器 L」
    • 公式サイト:商品ページ

    カトラリーとセットで使いたいアウトドア箸

    アウトドアの食事には、箸に加えてスプーンやフォークなどのカトラリーがあると便利です。コンパクトにまとまって持ち運びしやすい、箸とカトラリーのセットを紹介します。

    チャムス「キャンパーカトラリーセット」

    カラフルな色合いが楽しい雰囲気のアウトドア用カトラリーセットです。箸・スプーン・フォークは、別売りのマグカップと同デザインなので、おそろいにしてもよいでしょう。

    大人の手で持ちやすいサイズで、キャンプやピクニックなどのアウトドアレジャーにはもちろん、普段使いにもおすすめです。携帯時には持ち手部分の二つ穴にカラビナやリングを通せば、紛失の心配もありません。

    ポリプロピレン製の箸やカトラリー類は、耐熱・耐寒性に優れています。アウトドアでも食べ物の温度や気温に左右されずに食事ができて便利です。

      • 商品名:チャムス「キャンパーカトラリーセット」
      • 公式サイト:商品ページ

    チャムス
    キャンパーカトラリーセット

    サイズ : スプーン : 長さ20cm・フォーク : 長さ20cm・お箸 : 長さ22cm


    ロゴス「メタルカトラリー箸セット」

    アルミとステンレスを使用した、シンプルなカトラリーセットです。スプーン・フォークは折り畳み式、箸は分割式なので、付属の袋に収納すればポケットにしまえるほどコンパクトに収まります。アウトドア用の荷物はできるだけ減らしたい人におすすめです。

    シンプルで現代的なデザインに、木製箸の先端部が温かみをプラスしています。普段のお弁当用にもピッタリのカトラリーセットです。

    • 商品名:ロゴス「メタルカトラリー箸セット」
    • 公式サイト:商品ページ

    ロゴス
    メタルカトラリー箸セット

    総重量:70g


    まとめ

    アウトドア用の箸があれば、楽しみながら地球環境の保護にも貢献できます。小さなことかもしれませんが、一人一人の『自然を守る』意識が環境保護につながるでしょう。

    また、使いやすい箸はアウトドアレジャーをより快適にしてくれます。美しい自然の中で、自分に合った専用の箸で食事をするのは、楽しいだけでなく思い出に残るはずです。ぜひ、長く使えるお気に入りの箸を見つけましょう。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    子どもだけでなく大人も楽しい!アウトドアフィールドで遊べるおもちゃ「アウトドアトイシリーズ」

    2023.01.29

    飾りじゃないのよこのツノは!卓上ギアハンガー「ツノクランプ」はシルエットも美しい

    2023.01.28

    キャンプの名脇役にも影の主役にもなる!便利な”高機能系”キッチンバサミを使ってみよう

    2023.01.26

    夢の「Myサウナテント」が買える!? 渋谷ロフトのサウナイベントでチェック

    2023.01.21

    【売り切れ続出】キャンパーに大人気!あれこれ使えるダイソー「シリコーン保存袋」

    2023.01.16

    傘をさしたまま写真が撮れる「GLIDER ハンズフリー傘ホルダー」をレビュー!

    2023.01.12

    z